投稿

1月, 2022の投稿を表示しています

NO. 320 ロシアのウクライナ侵攻。・・・ウクライナにミサイル基地が建設されたら、モスクワの防衛は不可能。ロシアは、NATOとの戦争を覚悟してウクライナを奪還を決断した。この情勢を前提として、解決策を提案する。

2022.01.02 アメリカとロシアの戦争になったら、アメリカの同盟国である日本も無関係ではいられない。 バイデン・プーチン電話会談・・・プーチンは、最終的にはアメリカとの戦争を選択する宣言をしたと思う。私は誰も戦争の犠牲にさせたくない。 ウクライナにNATOのミサイル基地が建設されたら、モスクワの防衛は不可能。アメリカにとってのキューバ危機に等しい。 ウクライナはロシアから分離独立し、NATO加盟を要求する。NATO加盟が実現したら、ロシアは戦争を選択する。 NATOはウクライナの加盟を拒否し、ウクライナへの軍事支援わおこなう。NATOは代理戦争を選択した。 プーチンは、経済制裁は、修復不可能な事態を招くと宣言した。最終的にはアメリカとの戦争を選択する意志の宣言。 この状況におけるバイデン・プーチンの電話会談。バイデンは、NATOとウクライナの主権国家としての選択を尊重すると宣言した。 バイデンはウクライナにNATOのミサイル基地を建設しロシアを滅ぼす選択を支持した。 これは、戦争を前提とした交渉決裂の宣言に等しい。NATOがロシアと開戦したらアメリカは参戦する。 ロシアの目的はモスクワの防衛。その為の広大な国土の維持。経済的には極度の負担。これ以上の領土拡大は、ロシア経済の崩壊を招く。 僕は以下の条件でのウクライナのロシア復帰を提案します。 ◯ウクライナは、 NATOのロシア侵攻を許さない。 ○ウクライナは実質的な主権国家に等しい自治権と主権を所有する。 NATO軍もロシア軍もウクライナに入らないから、ロシアもヨーロッパも安全になる。ヨーロッパはロシアからの天然ガスの供給を受ける。 ウクライナはロシアとヨーロッパの交易の要衝として繁栄する。 ロシアと中国は利害が一致する。 中国は侵略を望まない。征服はコストが膨大で利益がない。中国は必要な全てを本土に建設できる。本土を拠点に全世界と交流して繁栄できる。 近接する日本は戦争中毒達の巣窟。台湾政府は、北京政府と権力闘争を続けている蒋介石の後継者達の政権。台湾か日本にミサイル基地が建設されたら、アメリカにおけるキューバ危機と同じ。だから中国は対抗する。 2021.12.08 ロシアのウクライナ侵攻。プーチン大統領は、ウクライナがNATOに加盟する事をロシアは許容できないと発言した。ウクライナにミサイル基地が建設されれ