投稿

12月, 2021の投稿を表示しています

NO. 319 中国は植民地を必要としない。・・・中国は、必要な全てを中国本土に建設できる。彼らは、中国本土を拠点として全世界と貿易し、そして繁栄する。植民地支配はコストが膨大で利益は無い。中国にとって日本列島と台湾島は呪いである。これら島々は、存在するが故に中国にとっての敵の拠点となる。

中国は、第二次世界大戦時の大日本帝国を忘れていない。大戦後の日本が人権尊重の平和国家になったとは、中国は信じていない。 現実に今の日本は、再び侵略国家になろうとしている。 台湾政府は、中国共産党との権力闘争に敗れた亡命政権である。 2021.11.08 中国は日本侵略など望まない。海洋で隔てられた植民地の支配管理にはコストがかかりすぎる。それに見合うメリットは全くない。 中国は必要な全てを中国本土に建設できる。中国は日本列島を必要としない。中国にとっての日本列島の意味は、中国侵略の拠点となる可能性だけ。 日本列島が存在しなければ、アメリカ海軍は東太平洋に展開できない。中国はアメリカ海軍の脅威から自由だった。 中国本土の港を拠点に全世界の国々と自由貿易をして中国製品を販売する。世界各国の特産の高級品を購入する。贅沢な暮らしを事が中国の目的。 中国は大日本帝国を忘れない。戦争の後、日本が平和国家になったとは信じない。日本を正体を隠している侵略者と判断する。 大日本帝国の本性を理解しているアメリカが、戦争が終わった後、日本と同盟した。中国は、アメリカによる中国侵略の可能性を想定した。 アメリカは、日本に拘束衣を着せて、療養施設で隔離監視する必要性があると結論した。これは国連と日米同盟の主要な目的の一つ。在日米軍が日本を監視する。 日本は、日本国憲法を遵守し続ける限り人権を尊重する民主主義国家と認定される。 2021.11.16 日本では中国の愛国教育は洗脳教育であると主張する人が多い。 洗脳教育の影響は、その人の表情に現れる。日本のテレビマスコミによる北京などの街頭などでは、北京の人々の表情には、洗脳教育による異常さは感じられない。 洗脳教育を受けている人々は国際進出できないでしょう。他国の人々が、その人に異常を認識し受け入れを拒否する。 アメリカの大学は、多くの中国人留学生を受け入れている。 中国の愛国教育は洗脳教育ではない。更なる根拠。 中国映画は北京政府が脚本を審査します。中国はハリウッド映画にとって最大の市場。中国の人々は、中国映画とハリウッド映画を比較する。思想統制の効果はなくなる。 中国の人々が中国映画を好まなければハリウッド映画に勝てない。 北京政府による脚本審査は、「我々は、皆さんの民意を尊重する。」と言うメッセージでしょう。 愛国教育は、中国の伝統と文化