NO.315 アメリカに独裁者が誕生するかも知れない。移民達が、アメリカを奪うのではない。アメリカが、自ら民主主義を破壊しようとしている。・・・ 白人のプロテスタントと、インド系移民が鍵です。 聖書とヒンズー教、どちらも天才を生み出します。

1. 聖書とヒンズー教、どちらも歴史上最高の天才的知性が生み出した思想でしょう。


白人のプロテスタント達は、2億人。ヒンズー教徒は10億人以上。天才が生み出される確率は、ヒンズー教徒が高いかもしれませんね?


漢民族も10億人以上。優れた知性が生み出される確率は、高いでしょう。漢民族の知性のポテンシャルは、僕には、現時点ではわかりません。

ただ、巨大なポテンシャルの可能性は、歴史が証明しています。


ただ、天才を生み出す力は、ヒンズー教よりも聖書が強いと思う。ヒンズー教徒は他宗教に改宗することによりカーストから解放されますが、プロテスタントは、予定説の恐怖から逃れる術はありません。予定説の底知れぬ恐怖は、プロテスタントの精神をどこまでも追い詰める。「予定説の恐怖から解放されたい。」この途轍もない圧倒的な衝動に支配されて、プロテスタントは希望を求めて聖書を解釈します。


2億人の白人のプロテスタントが生み出す最高の天才は、10億人のヒンズー教徒が生み出す最高の天才を上回るかも知れません。


ただし、プロテスタントは、予定説を直視する事を拒絶する事を、衝動的に欲します。平穏な時代には、プロテスタントは、予定説を直視しないでしょう。彼らの知性は、鍛えられません。

ただし、彼らが世界の終焉を予感した時、つまり最後の審判が近いと予感した時、彼らは予定説を直視するでしょう。天才が生み出されます。


ただし、今の視点では、白人のプロテスタント達は予定説を直視できない。現時点では、ヒンズー教徒と過酷な境遇に知性を鍛えられたインド系移民の知性が、白人のプロテスタント達の知性を凌駕しているかも知れません。


過去、白人のプロテスタント達の知性は、移民達の知性を凌駕していたと思います。白人達は、アメリカの支配権を確保し続けてきた。

しかし今、インド系移民達などの知性が、白人のプロテスタント達の知性を凌駕しているかも知れない。

アメリカの支配権を、移民達が獲得しようとしているのかも知れない。



2. 移民が、元の祖国で差別や迫害を受けてきたならば、復讐の衝動を抑えられないかも知れない。・・・しかし、カーストは、高潔な使命感を育むかも知れない。


差別や迫害が、悲劇を生み出す。


郵便投票による不正を防げないのならば、郵便投票は民主主義を破壊します。民主主義は脆い。人々の熱狂が、共和国を独裁者に与えます。

今のアメリカには、民主主義の脆さを理解する人達がいなくなってしまった。今のアメリカの人々は熱狂に支配され、アメリカを独裁者に与えてしまうかも知れない。

プロテスタントは、伝統的に、優れた知性を持ちます。聖書の思想が、プロテスタントの知性を鍛えます。しかし今は、インド系移民の知性が、白人のプロテスタントの知性を凌駕しているかも知れない。インド系移民は、ヒンズー教の思想に知性を鍛えられている。移民達は、元の祖国を捨ててきた人達です。過酷な境遇に、知性を鍛えられているでしょう。

天才であるインド系移民が、復讐の衝動に支配されるならば、アメリカの独裁者になるかも知れない。


今後の情勢により、白人のプロテスタントは、世界の終焉を予感するかも知れない。彼らは、最後の審判を予感する。その時、彼らは聖書に回帰する。彼らの知性は、とことん鍛え抜かれる。白人のプロテスタントから、天才が誕生する。



カーストは、差別や迫害の原因になり得る。

しかし、カーストは、使命感で行動する、選ばれし使徒をも生み出し得ます。

ヒンズー教徒にとって、カーストは、生まれながらの運命です。ヒンズー教徒は、カーストを呪いと認識するかも知れない。彼らは、定められた運命の意味を考え抜くでしょう。その結果、強靭な使命感が育まれる事が起こり得ます。彼らの知性は、鍛え抜かれている。

彼らは、神に選ばれし使徒のような存在になり得ます。


神が特別な使命を授ける為にヒンズー教徒を選んだ。神は、使徒を鍛える為に、カーストの試練を準備した。このような状況が、生起し得ると思います。



3. アメリカに独裁者が誕生するかも知れない。・・・古代ローマでは、人々の熱狂が、共和国をカエサルに与えた。今のアメリカで、同じ事が起こっているのかも知れない。


アメリカ人自らが、アメリカの民主主義を破壊したかも知れない。

民主主義は脆い。最も民主的な国民投票が、独裁者を生み出す。アメリカ建国の父達はこの事を理解し、その理解は、後継者達に受け継がれた。彼らは、アメリカの民主主義を守る為の努力を築き上げ続けてきた。

アメリカ大統領選挙制度は、そうした先人達の知恵の遺産です。彼らは、民主主義の脆さを理解するから、選挙人制度を維持し続けてきた。

手続きこそが重要です。全てが知恵の遺産です。

選挙の手続きに不正の余地があったら、大統領選挙制度の原則を破壊します。


今回の大統領選挙では、バイデン候補の勝利が決定した要因は、郵便投票による得票だった。仮に、郵便投票で不正が行われていたとしても、見つける事はできなかった。

選挙の結果を決める激戦州で、郵便投票が採用された。州知事は、民主党だった。民主党は、計画的な戦略で不正を行い、勝利を勝ち取る事が可能だった。

郵便投票を利用する事により、アメリカに独裁者が誕生する事が可能となる。


今、築き上げられてきた先人達の知恵を、理解する者がいなくなってしまったようです。

だから、アメリカの民主主義は滅びようとしている。


不正が行われたら阻止できない郵便投票は、採用されてはならなかったのである。不正の余地が無い事が証明されない限り、郵便投票は無効である。


大統領選挙制度の原則を理解したアメリカの先人達は、この事を理解したはずである。しかし今、このことを理解する者が、一人もいなくなってしまったのである。

トランプを嫌う人々が、熱狂に支配されて、大統領選挙の原則を無視し続けているのである。


今のアメリカでは、独裁者の誕生を止める事はできない。



4. 大統領選挙は、両候補の一方が、相手が次期アメリカ大統領である事を宣言する事により終了する。・・・これは慣行ですが、絶対のルールです。


これは慣行であり、法整備されていないでしょう。しかし、確立された絶対のルールでしょう。

国家が進むべき道は、主権者が責任ある自由意思による決断により決めなければならない。

選挙は、定められた手続きにより進行する。しかし最後は、代表権を託された両候補による責任ある自由意志により決断されなければならない。

この宣言を行う候補者は、この宣言により生起した結果の全責任を負わなければならない。


例えば、トランプが今この宣言を行ったら、不正を防げない郵便投票に対する連邦最高裁判所での審判は、行われなくなる。アメリカは、この郵便投票を許す事になる。独裁者が、郵便投票により、アメリカの支配権を奪い取る可能性が生起する。

その責任は、トランプが負わなければならない。


大統領候補者がこの宣言を行う事は、全ての責任を負って、相手への政権の移行を選択する事である。だから、その者が所属する政党が、この宣言に従うのである。


2020年11月3日、有権者による投票。

2020年12月14日、選挙人による投票。

2021年1月6日、議会での承認。

このステップは、行われた大統領選挙の正当性を検証する為の物でしょう。誤りが行われていた場合には、検証の機会を提供する為です。

トランプは、郵便投票による不正を主張して、法廷闘争を選択している。今までの法廷闘争では、トランプに挙証責任が課せられていた。トランプが不正を立証できなかったから、今までの法廷闘争は、全てトランプが敗北した。

トランプには、あと一つ、実行しなければならない法廷闘争があるはずである。

仮に郵便投票で、第三者による監視がなされなかったら、どうなるか?

仮に、不正が行われた場合には立証は事実上不可能となる。不正が行われていても、これをトランプが立証する事は事実上、不可能となる。

確立されている投票方法では、第三者による監視が保障されているはずである。

第三者による監視が保障されていない投票方法は、無効とされるべきでは無いのか?仮に、その投票方法が有効とさるのならば、その方法を利用して、政治権力を、不正に獲得する事が可能となる。民主主義は、死ぬ。

これは、多くの国々で、現実に問題とされている事である。

第三者による監視が保障されていない郵便投票は、有効とされるのか?アメリカの民主主義の生死に関わる問題である。・・・この事は、原理的に、連邦最高裁判所で、争われるべき事であろうと、僕は思う。

そして、これは、次期大統領候補者としてのトランプの義務だろうと僕は思う。


仮に、郵便投票で不正が行われていたとしても、トランプが、バイデンの勝利を宣言する事は、可能性としては存在する。これは、不正が為された大統領選挙を、有効であるとトランプが宣言する事である。そして、この事により生起した結果における全責任を、トランプが負う事を宣言する事である。


今、この事を理解するアメリカ人が居なくなってしまっているのならば、アメリカの民主主義を守る者は、居なくなってしまった事になる。


アメリカ人自らが、アメリカの民主主義を破壊し、アメリカを独裁者に与えようとしている事になる。



5. 聖書の思想が、天才を生み出す原理。


キリスト教信仰のキーポイントは、最後の審判です。白人のプロテスタント達は、天地の滅びが近いと予感すると、聖書に回帰する。

これは、革命を引き起こします。白人のプロテスタント達は、聖書に回帰する事により、知性が鍛え抜かれます。白人のプロテスタント達から、インド系移民の知性と対等の知性を持つ者達が生み出されるでしょう。


ヒンズー教徒にとって、カーストは、生まれながらに定められた運命です。ある人々は、カーストを呪いと認識するかも知れない。

プロテスタントにとっては、予定説が生まれながらに定められた運命です。ある人々は、予定説を呪いと認識するかも知れない。プロテスタントとヒンズー教徒は、相互に相手を理解するでしょう。


予定説。聖書のローマ人への手紙のテーマです。最後の審判の時に、神は全人類の殆どを、永遠の死に定める。ごく少数の者達だけが救済される。

ここで、誰が救われて、誰が滅びるかは、神は、天地創造の以前に既に決定している。神の決定は、人間には変更不可能。そして、神の決定を、人間は決して知る事ができない。

プロテスタントにとって、予定説は底無しの恐怖です。プロテスタントにとって、予定説の恐怖から解放される事だけが、人生の目的となる。


キリスト教の信仰の基本は、神を恐怖する事です。人間は、心が清らかになる事はできないが、神を恐怖する事はできる。キリスト教の信仰は、神を恐怖することから全てが始まる。

プロテスタントは、予定説の恐怖から解放される為に、聖書を理解しようとします。聖書の記述に希望を見つけ出そうとして、聖書を論理的に解釈しようとします。この事により、彼らの知性は鍛え抜かれる。


奇跡について。奇跡とは、絶対に起こり得ない事が生起する事。神は、宇宙を創造した。宇宙の法則を創造した。被造物は、宇宙の法則を変更する事は決してできない。神のみが、宇宙の法則を変更する。奇跡とは、宇宙の法則が変更された事により生起する現象であり、神のみが、奇跡を起こし得る。奇跡とは、神の力が働いた証である。

で、福音書には、「神は人間に、奇跡を絶対に与えない。」と書かれている。即ち、宇宙のすべての現象は、神が最初に創造した宇宙の法則に従って進行する。聖書は人間に、科学的合理主義精神を要求する。

神の目的は、宇宙の法則に従った現象の進行により実現される。神は、一番最初に、目的が実現されるように全てを計画して、宇宙を創造した。宇宙は、見えざる神の手により動かされて、神の目的を実現させる。

プロテスタントが予定説の恐怖に支配され、希望を求めて死に物狂いで聖書を解釈する事は、全て、神が最初に計画されていたのです。プロテスタントは、自分が神の見えざる手に動かされている事を悟り、神を信じるに至る事になる。


平穏な時代には、プロテスタントは予定説を直視しない。予定説による恐怖に支配されない為です。平穏な時代のプロテスタントは、知性を鍛えられない。しかし、世界の滅亡の時、即ち最後の審判の時が近い事を悟ると、プロテスタントは聖書に回帰する。プロテスタントの知性は、鍛え抜かれる事になる。


即ち、アメリカが滅亡の危機に直面した時に、白人のプロテスタント達は聖書に回帰し、知性が鍛え抜かれます。天才的な知性が生み出される事になる。


ヒンズー教徒は、生まれながらにカーストの運命に定められている。ある人々は、これを呪いと認識するでしょう。

ヒンズー教徒は、カーストの運命を避けがたく考え抜くでしょう。ヒンズー教の思想を、考え抜くでしょう。これにより、ヒンズー教徒の知性は鍛え抜かれるでしょう。

ヒンズー教は、革命思想です。仏教は、ヒンズー教が生み出したイノベーションです。釈迦は、ヒンズー教の原理に従って、「悟り。」と言う新しい現象を発見しました。


聖書もヒンズー教も、人類の歴史上最高の天才が生み出した思想です。宇宙の本質を、深く洞察します。

プロテスタントもヒンズー教徒も、自分達の宗教を信じる事を拒否する衝動に支配されるでしょう。彼らは、衝動的に、思想の誤りを見つけ出そうとするでしょう。しかし、現在に至るまで、最高の知性を持つ者達が、これに成功しなかったのです。

宇宙の本質を洞察する聖書やヒンズー教の思想は、プロテスタントやヒンズー教徒の知性を鍛え抜くでしょう。

量子力学は、プロテスタントの発想でしょう。同じ発想を、ヒンズー教徒も為し得るでしょう。


輪廻転生の因果律のダイナミズム。原因が生起し、因果律のダイナミズムにより結果が生起する。ダイナミズムが本質であると理解します。ダイナミズムにより現象が進行する場が必要となる。その為に、空間と物質と時間が生み出される。水面に気泡が生じるように。現象が終了すると、場は必要なくなる。気泡のように消滅する。

この発想は、近代物理学と同じだと思います。



ヒンズー教徒は、カーストの運命に支配されます。この事は、彼らの心に憎しみを生み出す事もあるでしょう。しかし、高潔な使命感をも育まれ得ます。

まるで、ヒンズー教徒は、特別な使命を授ける為に、神から選ばれているようにです。そして、神は、ヒンズー教徒を鍛える為に、カーストを準備したかのようにです。



6.  ヒンズー教は、革命思想です。・・・輪廻転生の因果律についての考察。


ヒンズー教が革命思想である事を、ヒンズー教を聖書と対比させて考える事により、僕は結論します。

ヒンズー教では、宇宙は、輪廻転生の因果律に支配されている。では、ヒンズー教は、この真理をどんな方法を用いて知る事ができたのか?聖書ならば、神が真理を人間に伝える。

ヒンズー教では、聖書におけるような創造神を想定していない。ヒンズー教の神々は、輪廻転生の因果律に支配される。ヒンズー教の神々は、輪廻転生の因果律を創造しない。聖書の創造神は、宇宙の法則の創造者である。人間は、輪廻転生の因果律により生起した現象により、生み出された。ヒンズー教の神々もまた、輪廻転生の因果律による現象により、生み出された。ヒンズー教の神々は万能ではない。


ヒンズー教では、輪廻転生の因果律を、人間が探索して発見した。探索の方法が、瞑想でしょう。人間は、未だ、輪廻転生の因果律による現象の全てを発見するに至っていない。

ヒンズー教の聖典の数が膨大である理由は、大勢の人々が輪廻転生の因果律の法則と現象を探索し、探索の結果を記録として残した為でしょう。


ヒンズー教から、仏教やジャイナ教など複数の宗教が生まれた。これら宗教は、ヒンズー教の教義を前提としています。

これら宗教は、ヒンズー教が生み出したイノベーションでしょう。釈迦は、「悟り。」という新しい現象を発見した。


ヒンズー社会が新しい部族と出会った時、その部族に、新しいカーストが設定されるとマックスウェーバーは指摘した。輪廻転生の因果律では、原因により結果が生起する。カーストは、結果です。ヒンズー社会は、輪廻転生の因果律による新しい結果としての新しいカーストを発見し続けてきた。

ヒンズー教では、常に、新しい法則、新しい現象が発見される可能性がある。ヒンズー教では、常に、新しい解決策が発見される可能性がある。新たしい解決策の発見は、変革を生み出し得る。ヒンズー教は、革命思想です。


釈迦は、「全てが苦しみである。」と述べた。釈迦にとっては、カーストは苦しみである。苦しみから解放される為に、解決策を探し求める。

仮に、この事が、ヒンズー教徒にとって普遍的に共通するのならば、ヒンズー教徒は、輪廻転生の因果律の原理を考え抜く事になる。苦しみが大きいほど、輪廻転生の因果律の原理を考え抜こうとする衝動の力は巨大なものとなるでしょう。

ヒンズー教徒の知性は、とてつもなく鍛えられるでしょうね?

一つ一つのカーストは、固有の因果律に支配されており、カーストが多種多様であればある程、因果律は多種多様となる。多種多様な因果律を考え抜く事は、知性が鍛え抜かれる事を意味する。

ヒンズー教徒は、所属するカーストによる、独自の視点を持つでしょう。多種多様なカーストの存在は、多種多様な視点の存在を意味し、多種多様な因果律を考え抜く事により、多種多様な個性の知性が育まれる事になる。


ヒンズー教徒にとって、この世界は苦しみであり、この世界の苦しみから解放されるために、ヒンズー教徒は輪廻転生に希望を持つのだと、僕は思っています。

来世において苦しみから解放されるために、この世界における苦しい戒律を厭わない。そのような事も起こるようです。


ジャイナ教では、厳しい修行を終了した者に、餓死により、この世界から解放される資格が与えられると聞きました。

来世への良い生まれ変わりの為に、生命を奪う事を一切拒否する。あるジャイナ教徒の人達に対し、イエズス会の宣教師が飲料水を顕微鏡で見せたところ、多くの微生物が生きている事を彼らが知った。彼らは、微生物を殺さない為に、水を飲む事を拒否して、自らの死を選んだ。


ヒンズー教徒は、この事の意味を理解するでしょう。ヒンズー教徒は、一つ一つのカーストを見て、そのカーストの因果律の意味を考え抜く事になるでしょう。ある人々は、問題解決の為の強い使命感を育まれるだろうと思います。

強い使命感や、途轍もない知性が育まれるでしょう。

インド社会は、途轍もない潜在的な可能性を秘めている事になります。

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。