No.312 NASAのプロジェクトへの、資金供給方法の提案。・・・全世界に、革命的な変革を実現させるでしょう。

NASAのプロジェクトへの資金供給方法の提案。資金源による制約が、NASAにとっての最大のネックでしょう。

マクロ経済学的には、異端のアイデアです。しかし、複数のエコノミストから支持を得られています。複数の人々から、明確に反対されています。




僕がNASAを支持する理由。


NASAが生み出すイノベーションは、全世界に革命的な成長を実現させるでしょう。


“広大な宇宙のどこかで、人類の子孫が生存を継続する。”

これは、NASAの最終目的でしょう。


NASAは、天体衝突など、宇宙からの要因で地球が破局する可能性に強い危機意識を持っていると思います。

必然的に、上記の最終目的を、NASAは設定するでしょう。NASAは、アメリカの国家目的の為に設立されたはずです。アメリカ市民とアメリカの協力者の生存の継続が、アメリカの国家目的のはずです。

人類の生存の為には、太陽系外の宇宙での人類の生存を実現する必要がある。この目的実現の為に、全ての意思と力を投入する。

ワープ航法、ブラックホールエンジン。物理学等で、可能性が指摘されているから研究する。この事が重要です。量子コンピューターを、最初は誰もが幻想だと思ったでしょう。現実の科学技術者だけは、幻想と考えなかった。

NASAは、その時において、実現可能なプロジェクトを、一つ一つ実現させてゆくでしょう。


最大のネック。


資金の規模による制約でしょう。NASAのプロジェクトは、資金の規模に制約されている。資金規模の制約により実現できないプロジェクトは、構想すらなされない。NASAは、大胆なプロジェクトを構想する勇気を持てなくなっていると思う。

だから、この提案します。


「償還期限なし、利率ゼロの国債。中央銀行だけが購入を許される。政府は調達した資金で、新規国家プロジェクトを遂行する。

・・・インフレ率が設定上限を超えた場合にのみ、この国債を償還する。」


例えば、ブラックホールエンジンの開発。実現すれば、コストが殆どゼロの強力なエネルギー源を人類は獲得する。

産業の生産におけるコストは、人件費を除けばゼロになる。プロテスタンティズムの教義故に、企業は人々を雇用する義務を負う。ただし、利潤追求の制約からは解放される。産業革命が生起するでしょう。


NASAが、ブラックホールエンジンの開発プロジェクトを設計し、必要な資金を計算する。FRBがドルを新たに発行して供給する。この事が、可能になります。




償還期限なし、利率ゼロの国債。中央銀行だけが購入を許される。政府は調達した資金で、新規国家プロジェクトを遂行する。

・・・インフレ率が設定上限を超えた場合にのみ、この国債を償還する。

問題解決。判断してください。


産業、そして経済の拡大。その為に、民間産業が行わないプロジェクトを国家が行う。その規模だけ、経済は拡大する。経済の規模に相応した通貨を社会に流通させる。

この国家プロジェクトに税金を使う事は不適切。プロジェクトの規模だけ、民間事業は収縮する。マクロ経済学の基本だと思う。資産家達が国債を購入することも同じ。


資金調達が適切なら、例えばNASAのプロジェクトは、全世界の全てを革命的に変革させる。

政府がプロジェクトを構想する。そのプロジェクトに必要な規模の資金を、中央銀行が新たに通貨を発行して供給する。政府は、プロジェクトに必要な規模だけ、利息ゼロの国債を発行し、中央銀行に購入させる。


説明しましょう。

産業における生産は付加価値生産。付加価値は、商品の生産の際の、貨幣的価値のゼロからの創造。為された付加価値に対して、通貨が供給されなければならない。

商品が購入される事だけが、付加価値を決定する。

従って、国家プロジェクトが遂行される時点で、付加価値生産は決定する。商品が使われなかったら、単なる消費。例えばピラミッド建設は、巨大消費。古代エジプト経済を支えた。


宇宙都市とする為に、デススターのような巨大宇宙ステーションを建設しましょう。


古代ローマでは、強力な金鉱がローマ経済を支えていたと聞きます。ローマ政府が、採掘した金で商品を購入し続けたのでしょう。産業が生産能力を備えていても、商品が購入されなければ産業は衰退する。政府が商品を購入すれば、産業は成長する。ケインズ政策のように、

新しい国家プロジェクトは、新しい産業。金鉱がないなら、中央銀行が通貨を発行して、プロジェクトに資金供給する。


NASAは、資金規模の制約の為に、プロジェクトの構想すら行わなかったのでしょう。資金制約から解放されたら、NASAの本当の実力が発揮される。


ただし、付加価値生産が行われなくなった時、その規模の通貨を回収する。インフレ率が設定された上限を超えた時だけ、その国債を償還する。




僕の意図について。



僕は、物理学の学士であり、マクロ経済学のエッセンスを、インターネットで学びました。僕は、僕なりに、そのエッセンスを徹底的に考察しました。僕のアイデアは、素人の思いつきです。

しかし、Linkedinの複数のエコノミストからの支持を得られています。複数の人々から、明確に反対されています。

僕の素人の思いつきは、適切だったのかも知れない。異端のアイデアだと思います。エコノミストの人達は、僕が提案したアイデアを、なかなか気がつかないようです。

しかし、プロのエコノミストは、一度認識したら、速やかに理解するようです。彼らの知識が再構築されて、プロフェッショナルのヴィジョンが構築される。そうでなければ、彼らは、異端のアイデアに賛成しないでしょう。


僕は、思いつき以上のことをできない。しかし、彼らは、現実の問題を解決するでしょう。

我々の共通の問題が解決される事が、僕の願いです。


ですから、僕がinMailを送った事を覚えておいてください。仮に今は関心を持たれなくても、未来において、あなたが関心を持つに至る事が生起するかも知れません。仮に僕のアイデアが、適切ならばです。

深刻な景気後退が予想されています。大量の失業者の出現と、企業業績の更なる悪化のスパイラル。これは、大恐慌でしょうか?


エコノミスト達は、真に有能です。彼らが問題を解決すると、僕は確信しています。見届けることを希望します。

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。