投稿

8月, 2020の投稿を表示しています

No.310 償還期限なし、利率ゼロの国債の、中央銀行による直接引き受け。政府は調達した資金で、国家プロジェクトを遂行する。 ・・・インフレ率が設定上限を超えた場合にのみ、この国債を償還する。

償還期限なし、利率ゼロの国債の、中央銀行による直接引き受け。政府は調達した資金で、国家プロジェクトを遂行する。・・・インフレ率が設定上限を超えた場合にのみ、この国債を償還する。

産業、そして経済の拡大。その為に、民間産業が行わないプロジェクトを国家が行う。その規模だけ、経済は拡大する。経済の規模に相応した通貨を社会に流通させる。資金調達が適切なら、例えばNASAのプロジェクトは、全世界の全てを革命的に変革させる。
説明しましょう。産業における生産は付加価値生産。付加価値は、商品の生産の際の、貨幣的価値のゼロからの創造。為された付加価値に対して、通貨が供給されなければならない。商品が購入される事だけが、付加価値を決定する。従って、国家プロジェクトが遂行される時点で、付加価値生産は決定する。商品が使われなかったら、単なる消費。例えばピラミッド建設は、巨大消費。古代エジプト経済を支えた。ただし、付加価値生産が行われなくなった時、その規模の通貨を回収する。インフレ率が設定された上限を超えた時だけ、その国債を償還する。
この国家プロジェクトに税金を使う事は不適切。プロジェクトの規模だけ、民間事業は収縮する。マクロ経済学の基本だと思う。資産家達が国債を購入することも同じ。


コロナ不況克服の視点からの、人類の宇宙への移住プロジェクトの提案。・・・巨大な経済拡大の可能性が予想されます。

僕は、経済の規模を拡大する為に、国家プロジェクトを提案しました。産業における生産は、付加価値生産である。付加価値生産は、貨幣的価値のゼロからの創造である。創造された貨幣的価値に対して、通貨が供給されなければならない。中央銀行が新たに通貨を発行し、それを生産者に配達しても構わない。
ただ、問題に気がつきました。今まで行われていた付加価値生産が行われなくなったら、発行して供給した通貨を回収する必要がある。さもにくば、ハイパーインフレが生起する。利率がゼロで無期限の国債の採用を提案します。その国債の購入者は、中央銀行に限定します。中央銀行は、インフレ率が設定された上限を超えたら、その国債の償還を政府に要求する。
「広大な宇宙のどこかで、人類の子孫の誰かが生存を継続する。」NASAは、この最終目的を設定しているはずです。しかし、資金規模の制約の為に、プロジェクトの発想を諦めているでしょう。だから、この資金供給方法を提案…

No.309 現在の景気後退の克服策の提言。 ・・・結論。政府が新規産業を創造する。中央銀行がお金を印刷して、そのまま代金として支払えば良い。

現在の景気後退の克服策の提言。Part 1・・・まずは結論。政府が新規産業を創造する。中央銀行がお金を印刷して、そのまま代金として支払えば良い。

以下に述べる事を、経済学者達は反対するでしょう。彼らには、歴史的経緯による盲点がある。後に説明します。
既存の産業は、既存の事業にそのまま継続させれば良い。既存の産業における商品の需要は、今までと変わらない。新規産業が誕生したら、新しい製品に新しい需要が生まれる。この新規産業は、政府が行えば良い。コロナパンデミック対策や、宇宙開発は政府の仕事です。具体的には民間企業への発注になりますが、その代金を、税金や借金による事は不適切です。国債を資産家達に売る事は不適切です。
中央銀行がお金を印刷して政府に贈与して、政府がそれをそのまま代金として支払うことが適切です。産業における生産は、貨幣的価値のゼロからの創造です。創造された貨幣的価値の規模だけお金が印刷される必要がある。生産された付加価値分だけ、中央銀行がお金を印刷して、生産者に渡して問題ない。
適切な生産が行われていないのに、通貨を発行し続ければハイパーインフレになる。ハイパーインフレにならなければ問題ない。
個人消費は経済成長させる。政府が消費しても同じ事。購入されたワクチンは、政府が消費する。即ち、無料で人々に提供しましょう。
NASAのプロジェクトも、必要な規模だけお金を印刷して、民間企業に発注しましょう。


現在の景気後退の克服策の提言。Part 2・・・経済学者達は経済の原理を理解しない。以前はそうだった。彼らの盲点を指摘します。

経済学者達は、ミクロ経済学とマクロ経済学は、相互に独立している全く別の経済学だと考えていませんか?経済学者達は今でも、現実の個人や企業の経済的行動から、マクロの全体像を考察しないかも知れない。ここに彼らの盲点がある。
盲点に気が付かない経済学による経済政策は、役に立たない。現在の景気後退を解決できない。僕はpart 1で解決策を提案しまた。
僕が両者の関係を説明しましょう。ミクロ経済学とマクロ経済学の関係は、物理学での質点の力学と統計力学の関係に相当する。論理が同じなら、類似の理論となる。
ミクロ経済学における個々の構成要素の行動を、経済全体で積分したらマクロ経済学における量となる。積分する事は統計処理です。統計処理された量は抽象化される。この時、現実の実態を…