投稿

7月, 2020の投稿を表示しています

No.308 インドに潜在する可能性。・・・「世界の危機に際して、神様はインドを準備した。」あるキリスト教徒達は、そう思うかも知れない。

インドの潜在力・・・推測による、僕の考察です。
インドを訪問した日本の人達は、カースト制度にカルチャーショックを受けます。彼らはインド人の友人で有る事を選択しています。
ヒンズー教の法則が全てを支配します。上位のカーストの人と下位のカーストの人が接触すると、上位カーストに好ましくない"Cause"が生まれる。"Cause"が"Result"を生起させる。"Result"とは、輪廻転生のダイナミズムによる結果です。この際、下位カーストの人には、好ましくないcauseは生まれない。
インド社会では、下位のカーストの人が触れた例えば食器などに上位カーストの人は触れない。このことに、日本からの訪問者はカルチャーショックを受ける。差別と表現する事は、不適切と思います。ヒンズー教の法則による要求です。
カースト制度の最上位はバラモンであり、4段階のカーストの下に、Dalitなどの賎民(Outcast)であるカーストがあります。Dalitの人々は、全てが自由です。ヒンズー教の法則に、全てを許されています。バラモンの人達は、ごく限られた事しか許されていないだろうと思います。バラモンの人々は、インド国内の豪華な宮殿の外に出る事を許されない。そんな状態だと推測します。
バラモンの人達は、国際社会で活動できないと推測します。国際社会で自由に活動できるのは、Dalidの人達でしょう。キリスト教徒は、Dalidの人達を、対等の人格として接する。インドは、Dalidの人達がいないと、国際社会で生きてゆけない。
カーストは、インドの人々にとって、内面における大きなテーマでしょう。インドの人々は、国際社会との対話により、この内面におけるテーマを解決しようとするでしょう。
ヒンズー教徒は、ヒンズー教の法則を、どのようにして知ったのでしょうか?神様の預言によってではない。瞑想によってでしょう。小室直樹先生が、唯識(Yogachara)説を指摘した。人の精神は、"Result"の一つです。森羅万象("Everything")における全ての世界は、resultです。輪廻転生は、ダイナミズムです。"Cause"が起こると、輪廻転生により、"Result"が生起す…