NO.295 トランプ大統領へのメッセージ その33 ・・・コロナウイルスの感染拡大が、世界同時の株価下落の連鎖の原因となっているとみられているようです。 世界同時の株価の下落が連鎖する事は、現在の世界同時の株高がバブルである事を意味して居ます。 コロナウイルスの治療薬の速やかな開発が、コロナウイルス 対策の最優先かつ最重要課題である事を、僕は主張します。コロナウイルス の治療薬の開発は、全世界の全ての国々の共通の課題である事を僕は主張します。 先週1週間は、世界同時の株価の下落が連鎖し続けた。今週は、株価はどのように推移するでしょうか? 月曜日のニューヨーク株式市場は、株価が反発しました。各国政府が、追加の金融緩和を宣言した。この亊により、投資家達が期待を持った。 ただ、既に各国とも金利はゼロに近い。これ以上の金融緩和を、どう行うのか? ケインズ政策は、過去の大恐慌を克服した。鍵は、失業者が雇用されて、賃金が支払われた事だった。全世界規模での貧困の撲滅が、この世界同時株安が克服される鍵となるかも知れない。

コロナウイルスの感染拡大が、世界同時の株価下落の連鎖の原因となっているとみられているようです。世界同時の株価下落が連鎖してゆく事は、現在の世界同時の株高がバブルである事を意味して居ます。

コロナウイルス 感染拡大が、全世界の同時株安の引き金となったと見られているようです。このような継続的な株式の下落の連鎖が生起する事は、現在の世界同時株高がバブルである事を意味している可能性があります。この事は、問題として提起する価値がある。
この世界同時の株価の下落の今後の現実の状況が、すべてを明らかにするかも知れません。
現在の世界同時株高は、非常に脆い状態であった事が証明されつつある事は確かでしょう。

投資家達は、金融技術を駆使して、株価を高騰させるでしょう。これは、信用創造(money creation)という技術であると、僕は思っています。僕は、認識を誤っているかも知れません。
投資家達は、最初の資金の数倍の資金を、金融から調達する事ができる。その資金を、堅実な事業に投資して、産業を堅実に成長させていれば、世界同時の株価の下落の連鎖は起こらないはずです。
ある箇所の泡沫が、別の泡沫を笹生て拡大させ、その泡沫が、さらに別の泡沫を拡大させる。この泡沫の拡大の連鎖が、現在の世界同時株高を成立させた。この事が、証明されつつあるかも知れません。

人は、所得を得て商品を購入する。経済全体で、どれ程の規模の商品が購入されるか?これが、経済成長の鍵です。大恐慌は、大量の失業者が出現することにより生起します。失業者は、所得を得られないから、商品を購入する事ができない。
ケインズ政策は、過去の大恐慌を克服した。政府が公共事業を行い、失業者を雇って賃金を支払い、所得を得させた。
現在、世界規模で貧困(Poverty)層が拡大している。十分な所得を得られない人達が、全世界規模で拡大している。大恐慌要因でしょう。十分に所得を得られない人々が、全世界規模で激増している。

この状況を克服し得る人々は、資産家達でしょう。彼らは、革命家です。彼らは、イノベーションを実現させて、成功を勝ち取りました。資産家達による革命的なイノベーションが、大恐慌を克服させるでしょう。
このコメントは、彼らに問題提起する事が目的です。彼らに、この問題提起を届ける方法を、僕は模索しています。

コロナウイルスの治療薬の速やかな開発が、コロナウイルス 対策の最優先かつ最重要課題である事を、僕は主張します。コロナウイルス の治療薬の開発は、全世界の全ての国々の共通の課題である事を僕は主張します。

このプロジェクトを、アメリカのCDCが主導すべきである事を僕は主張します。全世界の全ての国々が、CDCに全面協力をすべきである事を僕は主張します。

WHOとCDCは、コロナウイルス によるパンデミックは避けられないと公式発言しました。WHOは、世界最大の国際保健機構です。CDCは、感染症対策の目的で創設された機関です。CDCは、世界各地に事務所を持つ、世界最大の感染症対策機関です。僕は、そう聞いています。CDCは、アメリカの強さの象徴の一つでしょう。アメリカは、建国の父達が、明確な目的意識を共有して建国されました。この行動様式は、アメリカの建国の父達の後継者達に受け継がれ続けてきたでしょう。目的を明確に理解して、目的実現の為のヴィジョンを構想し、必ず目的を達成する。これが、アメリカの強さでしょう。
アメリカは、感染症対策の必要性を認め、明確なヴィジョンを構想したでしょう。アメリカは、目的達成を実現し得る機構(organizatio)としてCDCを創設し、運営してきたでしょう。
CDCは、あらゆる感染症を克服する目的の達成を必ず実現する。
そのCDCが、全世界規模のパンデミックは避けられないと発言した。信頼するに値する。コロナウイルス感染対策は、全世界の全ての国々の共通の課題であると理解します。

どの国も、国内だけを視野に入れた感染症対策は無意味です。江戸時代の日本は、鎖国を行いました。貿易を含めて、他の国々との交流を一切断絶しました。この鎖国をしなければ、全世界のコロナウイルス 感染を撲滅しない限り、国内への感染拡大を阻止する事は不可能でしょう。
CDCは、全世界規模の感染症対策機関たり得るでしょう。全世界の感染症対策が為し得なければ、アメリカは、アメリカ国内の感染症対策は為し得ない。CDCは、これを理解しているでしょう。
コロナウイルス の治療薬の開発が、速やかに実現されなければならないと僕は主張します。

コロナウイルスの全世界への感染拡大は、世界情勢の様々な問題要因を摘出し続けているようです。例えば、現在の世界同時の株高は、バブルである事が露呈した。イランと武装勢力への感染拡大は、イラン情勢に新たな局面を引き起こすかも知れない。問題解決の契機となるかも知れない。

コロナウイルスの全世界への感染拡大は、世界情勢の様々な問題要因を摘出し続けているようです。
今までの世界情勢は、平穏で安定した情勢だったのでしょう。平穏で安定した情勢においては、問題要因は許容されてしまって、混沌の中に埋没し続けるのでしょう。平穏で安定した情勢は、何が行なわれても許容してくれる。

コロナウイルスの全世界への感染拡大は、世界情勢の変動を引き起こしている。世界情勢の変動は、混沌の中に埋没されていた問題要因を浮かび上がらせ始めている。

現在の世界情勢の変動を観察することにより、我々は、世界情勢の本質を理解するにいたるでしょう。
世界情勢の本質を理解するに至れば、我々は、問題解決をする事ができる。問題要因が、世界情勢の混沌の中に埋没していた時は、我々は、問題解決をする事ができなかった。
今は、今までできなかった問題解決の、絶好のチャンスでしょう。

世界の証券市場での株価下落の連鎖は、いつまで続くのでしょうか?世界の証券市場での株価下落が連鎖する事は、現在の全世界規模の株高はバブルであった事を意味する。
世界経済は、大恐慌に突入するかも知れません。超低金利環境の大恐慌は、デフレスパイラルにはならないでしょう。金融機関が、クレジットクランチをする必要がないからです。
全世界規模での貧困(Poverty)層の拡大は、大恐慌の要因でしょう。ケインズ政策は、過去の大恐慌を克服した。公共事業により失業者が雇用され、賃金が支払われた為です。大勢の人々が所得を得る事ができず、商品の購入ができない事が、大恐慌を引き起こす。

一つ提案します。コロナウイルス感染は、イランと、イランの支援を受けている武装勢力にも広がっているでしょう。CDCがコロナウイルス 感染の治療薬を開発し、イランと武装勢力に支援をする事を提案します。
イランの人々と武装勢力の人々は、アメリカは敵でない事を理解する。アメリカと敵対する者達は、求心力を失うことになるでしょう。
治療薬の開発は、一番手である必要がある。他の国が先に開発に成功しら、アメリカは、このチャンスを失う事になる。
CDCは、資金の規模は世界最大でしょう。資金規模の小さな国の機関が先に開発に成功したら、CDCの体制に問題があったことになります。

アメリカは、僕の希望です。

先週1週間は、世界同時の株価の下落が連鎖し続けた。今週は、株価はどのように推移するでしょうか?

ニューヨーク証券取引市場の週明けの株価は、どう推移するでしょうか?現在の世界同時株高は、バブルです。世界同時株価の下落の連鎖が続く事は、株高がバブルという事です。全世界規模で貧困(Poverty)層が拡大している事は、世界経済が大恐慌局面と言う事を意味します。過去の大恐慌は、ケインズ政策が克服しました。鍵は、失業者が雇用されて、賃金が支払われた事でした。所得を得られずに商品を購入する事ができない人が増える事が、大恐慌の原因となります。
株価がバブルであっても、それ自体は問題では無いでしょう。株価がバブルになると、巨大な資金調達が可能になるから、その資金が適切な事業に投資されて、多くの人々が適切に雇用されれば、好ましい結果になる。産業が健全に成長して、経済が健全に成長して、株価のバブルは、健全な株高になる。

ペンチャー企業は、借金をして自己投資をしなければ、成長をする事ができない。手持ちの資金だけでは、必要な投資をできない。企業が成長を実現できなければ、借金を返済できなくて倒産する。
株価をバブル化させる事は、借金をする事でしょう。株価をバブル化させなければ、必要な投資資金を調達できない。企業は、調達した投資資金を自己投資して、企業を成長させる。バブルが崩壊する事は、借金して自己投資をした企業が、事業に失敗して倒産する事でしょう。
事業家にとっては、恥ずべき事でしょう。

週明け、そしてそれ以降に、明らかになる。

そして、週が明けました。株価が反発した。しかし、まだ始まったばかりです。

月曜日のニューヨーク株式市場は、株価が反発しました。各国政府が、追加の金融緩和を宣言した。この亊により、投資家達が期待を持った。ただ、既に各国とも金利はゼロに近い。これ以上の金融緩和を、どう行うのか?

先週の世界同時の株価の下落の連鎖は、週明けの月曜日に、一度、止まりました。世界各国が、追加の金融緩和を表明した事が評価されました。投資家達の、追加の金融緩和への期待が理由である。ニュースで、そう報じられました。
投資家達が、期待を裏切られたと判断したら、どうなるでしょうか?

リーマンショックによる世界同時の株価の下落の連鎖を阻止する為に、世界各国は、ゼロ近くにまで金利を引き下げた。仮に、金利を正確にゼロにして、世界同時の株価の下落の連鎖は収まるのでしょうか?

これ以上の金融緩和は、各国の中央銀行による国債や株式や各種債券等の直接購入だけでしょう。
危険すぎると言われてきた方法です。

経過を観察しましょう。火曜日以降、世界同時の株価の上昇の連鎖が継続するかも知れません。
仮に、世界同時株価の下落の連鎖が止まらなかったなら、根本的な対策が必要であると証明された事になります。世界経済と世界金融システムの根本的な変革が必要であると、僕は思って居ます。

過去のコメントで言及しました。僕は、世界規模での貧困(Poverty)層の拡大が、世界経済の大恐慌要因になっていると思って居ます。
世界規模でのnumber of Poverty peopleの拡大が、今回の、世界同時株安の連鎖の、根本的原因であると、僕は思って居ます。ただ、この事は、僕個人の説に過ぎません。

超低金利環境での世界同時の株価の下落の連鎖は、我々は、経験した事がないのです。誰も克服策を知らない。しかし、誰かが、克服策を見つけ出すしか手段がない。民主党の次期大統領が誕生しても、解決されるとは限らない。僕に今できる事は、この事を問題提起する事です。トランプ大統領に、伝えて欲しい。

ケインズ政策は、過去の大恐慌を克服した。鍵は、失業者が雇用されて、賃金が支払われた事だった。全世界規模での貧困の撲滅が、この世界同時株安が克服される鍵となるかも知れない。

世界経済は、リーマンショックにより、世界同時の株価の下落の連鎖に陥りました。世界同時の株価の下落の連鎖を克服する為に、世界の各国政府は、同時の金融緩和を実行しました。そして今、金利がほぼゼロパーセントになり、株価は過去最高の水準に至りました。
今、世界規模で、貧困(poverty)層が過去最大に拡大して居ます。そして今、コロナウイルス の感染拡大を契機として、世界経済は、再び世界同時の株価の下落の連鎖に陥りました。

現在、世界各国が追加の金融緩和を宣言して居ます。再度、世界同時の株価の上昇の連鎖を実現できる余地があるか否かは、わかりません。
今の状況は、過去に誰も経験した事がありません。仮に、各国の追加の金融緩和で再び株価が上昇しても、さらに、世界同時の株価の下落の連鎖が生起するかも知れません。

ここで、全世界規模での貧困(Poverty)層の拡大が、世界経済の大恐慌の原因であると仮定します。過去の大恐慌を、ケインズ政策は克服しました。鍵は、失業者が雇用されて賃金が支払われる事でした。失業者が、所得を得て商品を購入する事ができるようになる事が、大恐慌を克服しました。

貧困の撲滅が、世界同時の株価下落の連鎖を克服するかも知れません。それならば、貧困の撲滅が、現在の世界で共通の課題なのかも知れません。

禁欲的プロテスタンティズムの職業倫理では、人が職業労働に従事する事は、神様の命令であると解釈されて居ます。企業は、人々を雇用して、人々が職業労働に従事する機会を提供する義務を負うかも知れません。
人が職業労働に従事する事が神様の命令ならば、その人は、誠実に職業労働に従事しなければならない事になる。職業労働に必要な技能の習得や、資格の取得は人の義務となる。

この事を、貧困の人々は、忘れてはならないと思います。


仮に、貧困者の雇用に、技能や資格の不足が障害になるのならば、この問題を克服する必要があります。貧困の人達の、必要な技能や資格の取得にお金が必要ならば、支援が必要なのかも知れません。貧困の撲滅が、世界同時株価の下落の連鎖の克服に必要ならばです。
資産家の人達は、イノベーションを実現して成功を勝ち取りました。彼らに、この問題克服の為のイノベーションの実現を提案してみようとも、僕は思います。






TOP記事

Lady MさんへのMessage

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。