NO.277 トランプ大統領へのメッセージ その15 ・・・日本の最高裁は、放送法の目的達成の為には、NHKとの契約は個人に強制されなければならないと判決した。日本のテレビマスメディアは、放送法により情報統制されている。日本の市民は、本当に知らなければならない情報を知る手段を確保する事ができない。


トランプ大統領のサイトへのコメントです。

日本の公共放送について問題提起したい。この問題提起が、アメリカの利益となることを願っています。

日本の放送法は、テレビを購入した人に、NHKとの契約を義務付けています。この契約は、日本の民法上の契約であり、契約する両者が契約に合意する事が前提です。この契約の違反者は、一度合意して締結した契約に違反したとして、民法上の強制措置を執行されます。
で、テレビ購入者とNHKとの契約ですが、人が、テレビを購入した時点で成立します。NHKとの契約を拒否する意思の人々は多く、契約締結を要求するNHKと、裁判で争ってきました。契約の拒否を要求する人々の主張は、「放送法(Broadcasting Law)は、契約の自由を保証した日本国憲法に違反する。」でした。2017年12月に、日本の最高裁判所は、「放送法(Broadcasting Law)は合憲である。」と判決しました。
「放送法(Broadcasting Law)の目的を実現する為には、NHKとの契約は強制されるに値する。したがって、放送法(Broadcasting Law)は、日本国憲法に違反しない。」
これが、判決の理由でした。
日本国憲法第97条は、日本国民に、全人類に普遍的な基本的人権を保証しています。日本国憲法第97条が第一に尊重されるのならば、個人の契約の自由は、最優先で尊重されなければならないと僕は判断します。適切でしょうか?
個人とNHKとの契約において、個人に課せられる義務は、NHKへの受信料の定期的な支払いです。その人の受信料の支払い義務は、その人がテレビを購入した時点で課せられます。
ある人がNHKとの契約の締結を拒否し続けてきたならば、その人は、テレビ購入時からの受信料の合計の支払いを強制されます。



日本の放送法は、国民の知る権利を守る趣旨で制定されました。日本の国民は、特定の個人や団体の主張に偏らない情報を知る権利がある。公共放送の使命は、この特定の個人や団体の主張に偏らない情報を放送する事である。特定の個人や団体の主張は、民間放送が放送する。この二つの放送システムにより、国民の知る権利は保証される。
これが放送法の理念です。

日本国民が、本当に知る権利を保証されているのか否かは、日本のマスメディアで報じられていることから判断されるでしょう。
「日本国憲法は、戦争で勝ったアメリカが、思いつきで2週間ほどで作って日本に押し付けた。」安倍総理は、こう発言した。そして、日本のマスメディアも、そう報じ続けている。
「日本国憲法制定の経緯は、SF平和条約の前文に記されている。」この事を報じた日本のマスメディアは無かった。
日本国憲法の最初の草案は英語で、アメリカが保管している。日本国憲法の最初の草案の作成は、アメリカを代表する法学者達のチームが、長い時間をかけて行なった。日本国憲法は、国連憲章を基準にしている。日本国憲法の前文は、アメリカ合衆国憲法の前文をモデルにしている。
アメリカは、アメリカ合衆国憲法を誇りにしている。アメリカ合衆国憲法制定の宣言の文章は、この誇りを宣言した気高い文章である。
アメリカが、アメリカ合衆国憲法の前文を、日本国憲法の前文のモデルにしたことは、アメリカの日本国に対する最高の敬意だろう。

この事を、我々日本人は、知る必要があるだろう。我々の知る権利は、保証されてなどいない。



我々日本人には、知る権利は保証されていない。個人が、本当に知らなければならない情報を得る手段を確保しようとしても、この事は、現実の今の日本社会では、致命的に制約されている。
日本は、単独では生きてゆけない。日本は、アメリカをパートナーとする事を必要としています。アメリカにとって、同盟国に要求される事は、責任ある自由意志により選択を行える事であるだろうと、僕は判断します。
日本が責任ある自由な意思により、アメリカをパートナーとして選択することが必要だと思います。この選択を行った日本ならば、アメリカのパートナーとしての義務を、判断し得ると思うからです。個人が、本当に知らなければならない情報を知る手段が確保できなければ、その個人は、責任ある自由意志において責任ある判断を為し得ない。
だから、僕は、日本の実態に関して、アメリカに問題提起をします。

日本社会は、放送法により、事実上の情報管理をされているでしょう。前回のコメントでも言及しましたが、日本のテレビ放送は、僕達が本当に知らなければならない情報を、決して報じない。
日本の国憲法は、日本国の主権者である日本の市民によって適切に改正されるべき事が原則でしょう。その為には、過去の歴史における真実を知らなければならない。自分達の過去に責任を負う事により、未来への進路を、適切に選択することができる。
日本が憲法を改正するのならば、まず、日本国憲法制定の歴史的経緯について、本当の事を、日本の市民は知らなければならない。

日本国は、第二次世界大戦を引き起こした。この歴史的事実があるから、日本の置かれた戦後体制が確立された。
日本は、この歴史的事実を前提として、日本の進路を決めなければならない。

その上で、日本が憲法を改正して、再び大日本帝国として復活して、今度こそ国際社会から赦してもらえず、完全に歴史から退場する事になっても、それは日本の選択です。


前回の記事






TOP記事


Lady MさんへのMessage

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。