NO.273 トランプ大統領へのメッセージ その11 ・・・トランプ大統領が中東和平案を提案しました。このような提案では、必ず反発が生まれます。不利なサイド、あるいは両サイドから。その為に、僕は一つの示唆をしました。守秘義務について。日本は、裁判のみならず、外交交渉においても、過剰な守秘義務が課せられると思います。


トランプ大統領のサイトへのコメント

トランプ大統領が、イスラエルとパレスチナ共存の為の、中東和平案を提案しました。アメリカ政府関係者は、どう思っているでしょうか?
このような提案は、間違いなく、イスラエルかパレスチナ、どちらからの反発を招くでしょう。この提案は、両者からの反発を招くかも知れない。
イスラエルであっても、パレスチナであっても、彼らが全く反発しないケースは、彼らの主張が全面的に受け入れられるケースでしょう。そして、反対陣営は、決定的な反発をする。間違いなく、新たな対立を引き起こします。アメリカ政府関係者は、このタイミングで、こんな提案を行う必要は無いだろうと思っているかも知れません。

アメリカは、イスラエルの支持者です。アメリカの提案は、当然、イスラエルに有利な提案になるでしょう。パレスチナは、激しく反発するでしょう。

僕は、一つの示唆をしましょう。ユダヤ教には、トーラー(Torah)は、ヤハウェ(Yahweh)の預言であると言う思想はないのでしょうか?もし、そうならば、トーラー(Torah)には、未来の事が記されている事になります。
ヤハウェ(Yahweh)の預言は、実現するまで、人間は、その意味を理解する事ができない。トーラー(Torah)には、現時点では、ユダヤ教徒達が知る事ができない真理が記載されているかも知れない。
ならば、ユダヤ教徒達は、現時点でトーラー(Torah)の解釈で、審判を行ってはならない事になる。
イスラム教徒にとっては、キリスト教徒とユダヤ教徒は、イスラム教徒と同じ神様を信仰している事になります。イスラム教の教義では、キリスト教徒にもユダヤ教徒にも、天国に行ける人々は居ると教えていると聞きます。キリスト教徒は、ユダヤ教徒を受け入れます。キリスト教徒は、ユダヤ教徒はキリスト教徒と同じ神様を信仰していると理解します。
トーラー(Torah)には新約聖書とコーラン(Quran)に関する記述が一切無い。ユダヤ教徒は、そう理解しているから、ユダヤ教徒は、イスラム教徒やキリスト教徒を、異教徒と認識するのかも知れない。
トーラー(Torah)に、現時点ではユダヤ教徒が理解できない記述があるとしたら、ユダヤ教徒にとって、イスラム教徒もキリスト教徒も、ヤハウェ(Yahweh)を信仰しているのかも知れない。



守秘義務について。日本では、様々な事に守秘義務が課せられます。果たして適切でしょうか?

日本における守秘義務について、僕は、恐怖心を抱いています。耳を傾けてください。日本の裁判の裁判員制度において、裁判員には一生の間、守秘義務が課せられます。アメリカでは、陪審員は、判決が出た後は、守秘義務から解放されると、僕は聞きました。
アメリカの陪審員制度における守秘義務の規定は、アメリカが、行われる裁判において責任を負う事であると僕は理解します。仮に裁判で不適切な事が行われたら、判決の後に、自由な言論の場で、その裁判が審判を受ける事になります。
アメリカにおいては、情報公開が、根本原則なのでしょう。ただし、極秘にされなければならない事もある。アメリカは、情報公開の重要性を深く理解している。アメリカは、情報公開を原則とした上で、極秘事項を設定する。そのように理解します。
日本の裁判では、裁判員にも弁護士にも、永遠の守秘義務が課せられる。その為に、日本の裁判は、悪魔裁判になる。日本国民は、捜査機関の取り調べを受けるだけで、全てを失います。取り調べを受けた人は、職場を事実上の解雇をされ、妻からは離婚をされます。そのようなエピソードが、テレビでも伝えられます。
カルロスゴーンが、日本を脱出してレバノンに入国しました。僕は彼が、人権の保証を求めてレバノンに亡命したと思っています。日本で裁判に勝つ人はいます。しかし、その人は、裁判で争っている間に、人生の全てを失うかも知れない。ゴーンは、最高裁で無罪判決を勝ち取るまで5年かかると言っていた。その間、家族と会う事は許されない。仮に今の僕が、このような事を強いられたら、僕の人生の希望は、全て断たれます。
他の国々では、取り調べの際に弁護士が立ち会う事を、僕はゴーンの発言から知る事ができた。



守秘義務について。日本では、外交交渉においても守秘義務が課せられます。例えば、安倍総理とトランプ大統領の首脳会談や、安倍総理とロシアのプーチン大統領との首脳会談においても、合意が成立するまでは、関係者には、守秘義務が課せられます。

アメリカは、情報公開の重要性を深く理解し、情報公開を原則とし、その上で極秘事項を設定している。僕は、このように理解していると、前回のコメントで述べました。

アメリカの皆さんは、日本の外交交渉における守秘義務について、どのように判断をされるでしょうか?

外交交渉において、両者の合意が成立する以前に、交渉の経緯が漏洩したら、交渉の障害となる。これが、理由です。
国会での正式な議論で、議員達から、外交交渉過程に関して質問が為されても、守秘義務を理由として、答弁が拒否されます。
外交交渉において合意が成立したら、合意事項は、双方を拘束する。合意が成立する以前の交渉の経緯は、公開される事が許されない。
外交交渉に問題がある場合、合意が成立以前に修正する事は、議会であっても許されない。合意が成立する以前には、問題が存在しても、それを知る事ができないのです。議会は、国家の最終責任を負います。日本の議会は、外交において、最終責任を負う為の議会での議論を許されないのです。

アメリカの皆さんは、どう判断されますか?

僕個人の意見は、外交交渉の秘密主義には意味が無い。外交交渉は、公開されなければ成功できないでしょう。公開の場で解決策を提示する。相手がそれに合意する。第三者の国々にも、理解を得られる。これで、解決です。


前回の記事





TOP記事


Lady MさんへのMessage

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。