NO.259 ミスター・ドナルドトランプに対する問題提起 ・・・その1 彼は、どう応えるだろうか?


僕は、ドナルドトランプを支持する。 

僕は、ドナルドトランプを支持する。その最大の理由は、彼が、このアカウントを、僕が主張を行えるように解放してくれているからである。イラン の人々は、彼に対する罵倒の投稿をしたりする。しかし彼は、そのような投稿を排除しない。
自分に賛成しない投稿を排除するような人々は、少なく無い。最初から、他者の投稿を禁止する人々も少なくない。しかしドナルドトランプは、全ての人々に主張の機会を提供する。これゆえに僕は、ドナルドトランプを支持する。

僕個人としては、彼が、もう四年間、大統領を続けることを希望する。人間は、必ず失敗をする。神様だけが失敗をしない。4年前、ドナルドトランプが大統領に選出された理由は、アメリカが深刻な問題を抱えていて、アメリカ市民が、彼に問題解決を託した為だろう。
伝統的な共和党の候補者ではなく、異端とされていたドナルドトランプを、アメリカ市民は選択した。「アメリカは、今までと、同じ事をやっていては駄目だ。」これが、アメリカ市民の選択だったのだろう。

ドナルドトランプは、過去に前例がなかった施策を選択した。最初は失敗続きで当然だろう。最初から成功する局面ならば、他の人が大統領に選出されていただろう。彼が、どう修正するかが重要だろう。その為の期間として、さらなる四年間が、彼に託される事が適切だろうと僕は思う。大統領が今変わったら、新しい大統領は、再びゼロから試行錯誤を始めなければならない。この四年間が、無駄になる。アメリカは、四年後に結論が出た時点で、新しく始めたらいいだろうと、僕は思う。

しかし、全ては、アメリカ市民が選択すべき事である。僕は、アメリカの正式な手続きにより選出された大統領を信頼する。僕にとって、アメリカを信頼するとは、こう言う事である。

僕は、問題提起します。トランプ大統領は、どう答えるでしょうか?

僕のブログ記事からの抜粋です。Google Bloggerのブログです。日本語バージョンと英語バージョンを開設しています。僕のアカウントのプロフィールにブログURLが設定されています。

記事NO.180の英語版をコピーして投稿しました。


NO.180の概要です。

アメリカは、僕にとって、最も重要な国だから問題提起します。アメリカ民主社会主義(Democratic Socialists of America)は、アメリカの人達の、アメリカへの抗議である。アメリカの保守派の人達も、アメリカに抗議している。抗議の理由は、貧富の格差の拡大により、アメリカの中産階級にも、貧困層が拡大しているような経済危機の為でしょう。今は、全世界規模で、少数の富裕層に世界経済の富が集中的に配分されるダイナミズムが、世界経済に組み込まれている。この事が、大恐慌を引き起こすと、僕は思っている。

記事NO.186の英語版をコピーして投稿しました。

僕のアカウントのプロフィールに、ブログをリンクしています。

アメリカの国内問題は、アメリカの国際戦略にも反映されます。その結果、アメリカの国内問題は、日本にも大きな影響を及ぼします。それ故に、僕は、アメリカの国内問題に対する考察を試みます。
僕の先入観でしょうが、僕は、アメリカにマルクス主義者がいるとは思えません。
アメリカ民主社会主義(Democratic Socialists of America)は、アメリカの建国の父達のイデオロギーの後継者であり、資本主義者と同じ本質の人達だと思っています。そうでなければ、アメリカの大統領選挙に影響を及ぼす程の支持は得られないだろうと思っています。
宗教改革において、プロテスタントがカトリックに抗議したように、DSAは、アメリカに抗議しているのだろうと推測しています



NO.186の概要です。

現在の世界経済は、貧富の格差の拡大の為に、大恐慌局面である。しかしながら、超低金利環境の為に、大恐慌はデフレスパイラルにならない。アメリカが僅かに金利を上げたから、デフレスパイラルが発症しかかっているのかも知れない。不動産価格が高騰し、家賃が高騰し、企業に勤務している中産階級で大学を卒業した人達のホームレスが増えているのかも知れない。



TOP記事

Lady MさんへのMessage

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。