NO.257 ハメネイさん、アメリカは、信頼できると思いますよ?


このコメントは、あるイランの人のアカウントに宛たコメントと同じものです。

彼は、ミスター・ハメネイ(Khamenei)さんに対しての辞任要求により、イランが分断している事を悲しんでいました。

イランは、間違いなく、この問題を解決します。アメリカが、そうでした。アメリカは、過去にも、解決が絶望的に思えていた多くの問題を抱えてきました。アメリカは、今も多くの問題を抱えているでしょう。しかし、アメリカは、長い時間がかかっても、問題を解決してきました。問題が解決されるまでは、どうすれば解決されるのかを、アメリカは、想像もできなかったでしょう。しかし、アメリカは、問題を解決してきました。
アメリカとイランには、共通点があります。両者とも、自らが信じる理念を守り抜く、イデオローグ(ideologue)です。それ故に、アメリカが可能だったならば、イランにとっては不可能である事は、あり得ないでしょう。
イランの人達同士は、基本的に、相手を信頼できるのでしょう?ならば、イランの人達同士で対話を繰り返せば良いと僕は思います。イランの人達同士で対話を繰り返せば、現時点では見つかっていなかった様々な可能性が見つけ出されるでしょう。ここで必要とされる事は、最後まで、相手を尊敬し、相手を信頼する事です。たとえ、意見が隔たる人達同士でもです。イランの人達同士ならば、これができるはずだと思っています。
その相手の主張には、必ず合理的な理由があるはずです。意見が隔たる相手は、尊敬し信頼するに値します。先人達も、そう言っています。

「ウクライナ旅客機を、誤って撃墜した。」イラン政府による、この公式発表を、僕は信用していない。

撃墜の瞬間の動画を、カナダが入手していた。この動画を撮影したカメラマンは、ウクライナ旅客機が撃墜される事を、事前に知っていたと思っている。
偶然のタイミングで、このスクープ映像を撮影する事は、どんな優れたプロのカメラマンでも、不可能に近い事では無いのか?
ウクライナ旅客機の撃墜が、事前に計画されていた。そして、この計画をカメラマンが知っていた。だから、カメラマンは、この映像を撮影する事に成功した。

ウクライナ旅客機を、イラン軍が撃墜したならば、カナダ政府がこの映像を入手する事は無かっただろうと、僕は思う。

ウクライナ旅客機の墜落の原因は、別にあるだろう。

イラン政府の人達は、激しい精神的ショックを受けて、適切な判断ができなくなっているのかも知れない。

誰かがイタズラ映像を作成して、カナダ政府に送ったのかも知れない。その人は、事態が深刻になってしまった為に、怖くなって言い出せなくなっているのかも知れない。

仮に、誰かが、イランに対する謀略の為に、この事を実行していたならば、本当に恐ろしい事です。

第二次世界大戦当時の日系アメリカ人によるスパイ活動

第二次世界大戦直前のハワイで、日系のアメリカ市民が、ハワイ軍港のスパイ活動をしていました。その人は医者で、ハワイ軍港の施設の詳細を、日本に連絡していました。
国際法に従えば、この人の行為は、非戦闘員が戦闘参加する事に該当します。この行為は戦争犯罪であり、例外なく死刑になります。

当時の大日本帝国政府は、日本国民に国際法を教える事は無かった。戦争犯罪に該当する行為を、「国を愛する為の正しい行為。」と、大日本帝国政府は、日本国民に教え続けた。
当時の大日本帝国政府は、日系アメリカ市民にスパイ行為をさせようとしていたでしょう。アメリカ政府は、この事を知っていたはずです。
移民により成立しているアメリカにおいて、このような事を許していたら、国家の存亡に関わってくるでしょう。
スパイ行為を行なった日系アメリカ市民は、死刑にされる事が正当とされます。国家は、最高刑を持って、戦争犯罪を抑止しなければならない。
移民となって、ある国の市民となった者は、戦争になった時に、その国の市民としての義務を果たさなければならない。それが、国際社会のルールでしょう。
当時のアメリカは、日系アメリカ市民を、日系アメリカ人強制収容所に隔離しました。当時のアメリカ政府は、日系アメリカ人を、それだけ危険な存在であると認識していたのでしょう。
日系アメリカ市民は、日本国民である事をやめて、アメリカ市民となる事を選択した人達です。日系アメリカ市民は、アメリカ市民としての義務を果たし抜かなければならない。これは、移民を選択した者の義務です。日系アメリカ市民は、このルールを十分に理解していなかった人達なのかも知れません。その為に、このルールを破る事も生起したのかも知れません。

しかし、アメリカ政府が、日系アメリカ市民を処刑したという話は聞きません。

僕は、この事を評価します。

日系アメリカ議員達による、日系アメリカ人強制収容所に対する問題提起

国家は、自国民に、国際法と国際社会のルールを、理解させる義務を負います。しかし日本では、今に至るも、その医者の行為が戦争犯罪に該当する事が報じられる事は無かった。NHKの番組であったと記憶していますが、その医者の行為が、英雄譚のように放送されていた。

日系のアメリカの議員の人達は、アメリカにおける日系アメリカ人強制収容所の問題提起をする人達がいます。この事は、日本でも、報じられます。しかし、当時の大日本帝国政府が、日系アメリカ市民にスパイ行為をさせようとした事は、問題提起される事がありません。「日系のアメリカの議員達が、この事を問題提起している。」とは、日本で報じられる事はありません。

白人の人達は、ドイツ人やイタリア人を理解できるでしょう。しかし、アメリカの白人の人達は、アジア人を、理解が困難なこともあり得るでしょう。
そのアジア人が、アメリカに移民をするのならば、疑惑を抱かれた場合に、疑惑を払拭する特別な努力が必要でしょう。
その医者は、真珠湾軍港の施設の全貌を日本に連絡するというスパイ行為を行いました。

日系アメリカ人が、日本の為にスパイ行為を行う事が何を意味するのか?
・・・日系アメリカ人が、日系アメリカ人強制収容所に対する問題提起を行うのならば、この事に対する問題提起を行う事は、必要だと思います。

日本のマスメディアの放送を見る限り、アメリカにおける日系アメリカ人強制収容所の人権弾圧を非難し、日系アメリカ人に対する人種差別を糾弾しているだけにしか見えません。

移民で成立しているアメリカは、アメリカへの移民が、生まれた国の為にスパイ行為を行う事を、アメリカは絶対に許す事はできない。アメリカがそんな事を許してら、アメリカは、国家として存続できない。
アメリカが、全ての日系アメリカ市民にこの疑惑を持たざるを得なかったなら、アメリカは、全ての日系アメリカ人を、隔離する事しか選択肢がなくなるでしょう。

関連記事





TOP記事

Lady MさんへのMessage

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。