NO.254 イランのイスラム革命防衛隊は、一人のアメリカ兵も殺さなかった。・・・10発以上のミサイルが撃ち込まれた。しかし、一人も殺さなかった。


イスラム革命防衛隊(Islamic Revolutionary Guard Corps)は、ハメネイ最高指導者直属らしい。

イランの国軍は、イラン・イスラム共和国軍(Islamic Republic of Iran Army)と言うらしい。
イスラム革命防衛隊(Islamic Revolutionary Guard Corps)が、ミサイル部隊を管轄しているらしい。

アメリカ軍基地に10発以上のミサイルを撃ち込んだ攻撃は、ハメネイ指導者の意思である事になる。そして、一人のアメリカ兵を殺さなかった事も、彼の意思と言う事になる。
10発以上のミサイルを撃ち込んで、一人のアメリカ兵も殺さなかった。アクシデントも、生起させなかった。それが、ミサイル部隊のミッションだった。
ハメネイさんは、報復を控えたんだ。他の国々の友人達の為に、復讐を遅らせたのかも知れない。「我々は、戦争を欲しない。」この意思を、トランプ大統領に伝えた。ザリーフ(Zarif)外相は、ミサイル攻撃の直後、書簡をトランプ大統領に送った。

トランプ大統領に、笑顔は無い。彼は、ソレイマニ(Soleimani)司令官の殺害が適切だったか否か、葛藤しているのだろう。彼の意思は、イランの核兵器開発の阻止だろう。核兵器開発の資金源を断つ為に、彼は、経済制裁を選択する。彼は、イランが核兵器開発をしないと宣言しても信じる事ができないのだろう。
一帯一路が経済的利益を提供する。それで解決する。イランが核兵器開発を継続したら、ロシアと中国の擁護を失う。トランプ大統領は、そう判断したのだろう。

アメリカは、いつもそうだった。常に、後になって、心のうちで神様に懺悔する。人間は、誰でも過ちを起こす。神様だけが、過ちを起こさない。

ハメネイ氏は、イラクから、アメリカを撤退させると発言した。トランプ大統領も、イラクから撤退すると発言している。

アメリカ軍がイラクから撤退すると、イラクには、ロシア軍が進出する。アメリカは、この事を承知している。
中国やロシアは、世界規模で軍事力を展開できる。そうした軍事大国が軍を駐留させる事により、周辺地域の情勢の均衡が維持される。これは、経験的な現実である。
第二次世界大戦前は、イギリスが、その役目を負っていた。第二次世界大戦後は、アメリカが、その役目を引き継いだ。
今、アメリカは、その役目を、少なくとも中東においては、ロシアと中国に譲ろうとしているのだろう。

ワールドパワーは、世界情勢に対して、最終的には責任を負わなければならない。世界経済が破壊されたら、ワールドパワーも生き残れない。
ワールドパワーが小国を軍事力で支配しようとすれば、世界情勢を悪化させて、ワールドパワー自身も生き残れない。

世界規模で軍を展開する事を想定していない国家は、この事を理解困難だろう。どんな国も、この事を、経験的に出なければ理解できないだろう。
世界規模で軍を展開する事を想定していない国家は、完全な自国中心主義となるだろう。周辺地域の紛争は、恒常的になるだろう。アメリカがイラクから撤退したら、イランは、様々な困難に直面しながら、国家を存続させる道を模索し続けなければならなくなるだろう。
これからは、中国とロシアが、ワールドパワーとして苦しまなければならなくなるだろう。

アメリカは、70年間、ワールドパワーとしての責任を果たしてきた。アメリカは、苦労を重ねながら、知恵を蓄積し続けてきただろう。アメリカは、これからの時代の新しい生き方を見つけ出すだろう。これが、アメリカの選択なのだろうと、僕には思えます。

日本の安倍総理が、中東訪問を計画しているて言っているが。

日本の安倍総理が、近いうちに、中東3カ国を訪問する。アメリカとイランの軍事的緊張が高まった為に、彼は中止を決定していた。先日、アメリカとイランの双方が、戦争を回避する意思である事を表明した事により、訪問を決定した。
有能な政治家ならば、イランとアメリカ情勢が緊迫した時こそ、イランを訪問すべきだった。

断言しよう。イランとアメリカの情勢が緊迫した時のような場合にこそ、有能な政治家が、速やかに事態に介入し、問題解決をする事が要求される。有能な政治家は、適切な解決策を提案する事ができる。

「あいつなら、問題解決をなしえるかも知れない。
アメリカは、あいつを信頼しよう。」トランプ大統領に、そのような評価を得ている政治家ならば、アメリカは、その政治家のイラン訪問を歓迎しただろう。イランもまた、その政治家の訪問を歓迎する。アメリカもイランも、その政治家の仲裁により、問題が解決する事を確信する。

日本に、そのような政治家が実在していたら、アメリカとイランの軍事的緊張が高まった時点で、速やかにイランを訪問して、適切な問題解決策を提案していただろう。そして、問題解決していただろう。時間が経過すればするほど、事態は悪化し、問題解決は困難になる。
これは、歴史の鉄則である。

日本の安倍総理は、アメリカとイランの戦争の危機が去ったと判断した途端に、中東訪問を再決定した。「彼は、一体、何をしに来るんだ?」と、アメリカもイランも、本心では思っているだろう。
彼は、いたずらに事態を混乱させるだけである。アメリカもイランも、本心では彼を厄介者だと思っているだろう。

そして、つい先ほど、ウクライナ機の誤射疑惑の為に、彼は、再度の中止を検討していると、ニュースで報じられていた。やれやれ。


関連記事












TOP記事

Lady MさんへのMessage

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。