NO.250 イランはアメリカと戦争に勝利する可能性はあるだろう。・・・しかし、その後に何が起こるのか?


イランとアメリカが戦争になったなら。

イランとアメリカが戦争になったなら、どちらが勝つか?アメリカが圧勝すると、誰もが予想するだろうと思う。僕も、そうです。
しかし、イランが勝つ可能性も、十分にあるとは思います。イランは、現在、世界台14位の軍事大国です。そして、イランは、アメリカと戦争をする準備を続けてきただろうと思います。イランは、アメリカに勝利するための準備を続けてきたのでしょう。
アメリカは、イランと戦争をする準備をしていなかったと思います。

第二次世界大戦当時の、日本とアメリカの関係と同じでしょう。

第二次世界大戦で、日本は、アメリカに勝利する事は可能だった。・・・しかし、その後何が起こっただろうか?

日本軍が、ハワイの真珠湾軍港の奇襲を成功させた時点で、日本はアメリカとの戦争で勝利できました。
日本軍が、更なる徹底反復攻撃を繰り返していたら、日本はアメリカに勝利していました。
日本軍は、二度の攻撃で、ハワイのアメリカ艦隊を全滅させた。この時点で、ハワイの軍事基地機能は健在でした。アメリカ海軍は、太平洋上での作戦行動が可能でした。
日本軍が、その後、反復攻撃を徹底させて、燃料タンクなどの軍事基地機能を破壊していたならば、アメリカ海軍は、半年以上、太平洋上での作戦行動が、完全に不能となった。
この半年の間に、日本海軍が、インド洋から中東を制圧したら、アメリカの同盟国は、ヒトラーのドイツに敗れていた。例えばイギリスは、オイルルートを完全に断たれ、戦争継続が不可能になった。

だから、日本軍が真珠湾軍港を徹底反復攻撃をして、ハワイの軍事基地機能を完全に破壊したならば、アメリカは、速やかな講和を求めていたでしょう。アメリカの多くの軍人達が、そう発言していたと聞きました。

しかし、本当の戦争は、そこから始まる事になっていたでしょう。

アメリカは、アメリカに勝利した敵を、絶対に許さないだろう。

アメリカは、建国の父達が、共同の目的の為に建国した国です。アメリカは、設定された目的を達成する為に建国された国です。
このアメリカのイデオロギーは、今も受け継がれ続けているはずです。
第二次世界大戦の直前まで、戦争をする事は、アメリカの目的ではなかった。だから、アメリカは、戦争の準備をしていなかった。日本は、戦争の準備をしていた。
だから日本は、戦争開始から暫くの間は、勝ち続ける事ができた。

しかし、日本がハワイ奇襲を行った事により、アメリカの目的は、戦争に勝利する事になりました。
仮に、日本がハワイでの反復攻撃を徹底させて、アメリカとの早期の講和が実現していても、アメリカは、復讐戦を意図したでしょう。
現実の第二次世界大戦後の70年間は、日本にとって平和な時代でした。しかし、日本がハワイへの反復攻撃を徹底させていたならば、この70年間は、アメリカが日本との復讐戦を戦う、戦争の時代となっていたでしょう。

日本にとっては、悪夢の時代となったでしょう。アメリカが、日本との復讐戦に勝利する為に、全ての意思と力を、目的合理的に投入し続ける70年間となったはずです。
アメリカは、第二次世界大戦直前のアメリカとは、比較を絶する軍事大国に、成長を遂げ続けていったでしょう。

イランとアメリカの戦争についても、同じ事が言えるでしょう。仮に、今回、イランとアメリカが戦争となり、イランが勝利したとしましょう。
イランの勝利が、本当の戦争の始まりとなるでしょう。

例えば、GAFAをはじめとするアメリカの巨人企業は、ビジネスで利益を得る事を行動目的としてきました。
これらアメリカの巨人企業の行動目的は、イランとの復讐戦で勝利する事に、目的変更されます。

イランは、現時点でのアメリカとは、比較を絶する軍事超大国と化したアメリカと、最終戦争を戦う事になるのです。

イランは、アメリカとの戦争を回避する事に、あらゆる手段を講ずるべきです。

ただし、イランがアメリカとの戦争をジハードと認識しているのならば、イランを止める事は、難しいでしょう。
ジハードで死んだ人は、天国にゆきます。イランは、アメリカとのジハードで死ぬ事を覚悟しているでしょう。
イランが滅びた跡の土地には、第二のイスラム国が誕生するでしょう。

僕はイランが、友人達の為に、戦争を回避する事を希望します。


関連記事


アメリカ人の行動様式について









TOP記事


Lady MさんへのMessage

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。