投稿

1月, 2020の投稿を表示しています

NO.274 トランプ大統領へのメッセージ その12 ・・・日本の自衛隊員達は、自分自身の本心(True intention)を発言する事は許されません。 日本の自衛隊員達は、命令を忠実に遂行することしか許されません。日本の自衛隊員達は、現行の日本国憲法を前提として入隊しました。日本政府は、自衛隊員の意思を問う事無しに、憲法改正により、戦争のルールを変えようとしています。日本が仕掛けた戦争に、アメリカは同盟国として参戦する義務を負います。 カルロスゴーンは、人権を大きく制限される取り調べを受け続けました。東京地検特捜部は、ゴーンを有罪にする十分な証拠を地検が手に入れるまで、ゴーンの人権を制限し拘束し続けようとしました。東京地検特捜部は、ゴーンの逃亡を助けたアメリカ市民の逮捕状を取りました。このアメリカ市民は、人権を剥奪された裁判を受ける可能性があります。アメリカ政府は、引き渡しに応じるのでしょうか?

トランプ大統領のサイトへのコメントです。日本の自衛隊員に関する事です。アメリカの皆さんに、耳を傾けて欲しい。日本の自衛隊員達は、自分自身の本心(True intention)を発言する事を、一切、許されていません。本心を発言せずに、命令を忠実に遂行する事が要求されます。
現在の日本の自衛隊員達は、現行の日本国憲法を前提として自衛隊に入隊した人達です。日本が戦争に参加したら、自衛隊員達は、一番最初に生命を犠牲にする人達です。 日本政府は、日本の戦争参加のルールを変えようとしています。日本政府は、自衛隊員達に生命の犠牲を強いるルールを変更しようしています。自衛隊員達の意思が問われる事はありません。 日本の国会議員達は、自衛隊員達の本心について、一方的に断言します。「自衛隊員達は、祖国日本を愛し、日本を守る為に、尊い命を犠牲にする覚悟で戦う決意を固めている人達である。」 安倍総理は、自衛隊員達を前に訓示します。「日本を取り巻く安全保障環境は、米ソの冷戦時代と比較して、厳しいものとなっている。自衛隊員の皆さんには、重大な使命が託される。自衛隊員が誇りをもって任務を遂行する事が可能となるように、私は憲法を改正します。この事は、今の時代を生きる政治家の使命である。」 この事に対して、自衛隊員達は、抗議を行う事は許されない。
アメリカ軍の兵士の人達も、戦争で、生命の危険を覚悟している。しかし、兵士の人達は、自問自答し続けるでしょう。「この戦争は、私が死を覚悟して戦うだけの価値のある戦争なのだろうか?」 日本の自衛隊員達は、この問題意識を持つ事は許されない。
安倍総理は、対中国の戦争外交を展開してきました。19世紀だったら、戦争が引き起こされていたでしょう。そして、中国が対抗措置をとると、安倍総理は、中国の覇権主義を批難する。そして、戦争を可能にするための憲法改正を断行しようとする。
そして、日本が防衛の為にと宣言して中国との戦争に踏み切ったら、日本の同盟国のアメリカは、中国との戦争に踏み切らなければならなくなる。
だから、アメリカの皆さんにも、考えて欲しい。


カルロスゴーンは、日本の東京地検特捜部に起訴されました。カルロスゴーンは、日本を出国し、レバノンに入国しました。彼の行動の目的は、彼自身の人権を守る為でした。彼は、容疑をかけられて拘束された時から、人権を大きく制限され続けました。 彼は、長期の拘…

NO.273 トランプ大統領へのメッセージ その11 ・・・トランプ大統領が中東和平案を提案しました。このような提案では、必ず反発が生まれます。不利なサイド、あるいは両サイドから。その為に、僕は一つの示唆をしました。守秘義務について。日本は、裁判のみならず、外交交渉においても、過剰な守秘義務が課せられると思います。

トランプ大統領のサイトへのコメント トランプ大統領が、イスラエルとパレスチナ共存の為の、中東和平案を提案しました。アメリカ政府関係者は、どう思っているでしょうか? このような提案は、間違いなく、イスラエルかパレスチナ、どちらからの反発を招くでしょう。この提案は、両者からの反発を招くかも知れない。 イスラエルであっても、パレスチナであっても、彼らが全く反発しないケースは、彼らの主張が全面的に受け入れられるケースでしょう。そして、反対陣営は、決定的な反発をする。間違いなく、新たな対立を引き起こします。アメリカ政府関係者は、このタイミングで、こんな提案を行う必要は無いだろうと思っているかも知れません。
アメリカは、イスラエルの支持者です。アメリカの提案は、当然、イスラエルに有利な提案になるでしょう。パレスチナは、激しく反発するでしょう。
僕は、一つの示唆をしましょう。ユダヤ教には、トーラー(Torah)は、ヤハウェ(Yahweh)の預言であると言う思想はないのでしょうか?もし、そうならば、トーラー(Torah)には、未来の事が記されている事になります。 ヤハウェ(Yahweh)の預言は、実現するまで、人間は、その意味を理解する事ができない。トーラー(Torah)には、現時点では、ユダヤ教徒達が知る事ができない真理が記載されているかも知れない。 ならば、ユダヤ教徒達は、現時点でトーラー(Torah)の解釈で、審判を行ってはならない事になる。 イスラム教徒にとっては、キリスト教徒とユダヤ教徒は、イスラム教徒と同じ神様を信仰している事になります。イスラム教の教義では、キリスト教徒にもユダヤ教徒にも、天国に行ける人々は居ると教えていると聞きます。キリスト教徒は、ユダヤ教徒を受け入れます。キリスト教徒は、ユダヤ教徒はキリスト教徒と同じ神様を信仰していると理解します。 トーラー(Torah)には新約聖書とコーラン(Quran)に関する記述が一切無い。ユダヤ教徒は、そう理解しているから、ユダヤ教徒は、イスラム教徒やキリスト教徒を、異教徒と認識するのかも知れない。 トーラー(Torah)に、現時点ではユダヤ教徒が理解できない記述があるとしたら、ユダヤ教徒にとって、イスラム教徒もキリスト教徒も、ヤハウェ(Yahweh)を信仰しているのかも知れない。


守秘義務について。日本では、様々な事に守秘義務が課せられま…

NO.272 トランプ大統領へのメッセージ その10 ・・・ファーウェイの導入を、イギリスが決めました。アメリカは、これを阻止できないでしょう。ファーウェイは、短期的にアメリカに勝利します。ただし、そこから、アメリカの逆襲が始まります。アメリカは、イノベーションを実現させます。コストが殆どゼロの強力なエネルギー源が実現したら、産業の生産コストはゼロになります。禁欲的プロテスタントは、職業労働に従事する義務を負いますが、利潤追求の制約から解放されます。禁欲的プロテスタントの行動様式は、根本的に変革されて、世界情勢の根本的変革が実現します。

トランプ大統領のサイトへのコメントです。
ファーウェイの導入を、イギリスが決めました。アメリカの政府高官は、イギリスに、ファーウェイの導入の決定の撤回を求めてイギリスを訪問しました。多くの国々が、ファーウェイを導入することを、アメリカは、阻止できないでしょう。 アメリカが、ファーウェイの導入を決めた国々に、陣営を選択する事を要求したら、多くの国々は、中国を選択するでしょう。多くの国々が、アメリカには、リーダーとしての資格はないと判断するからです。 最も、アメリカ政府は、この事を理解しているでしょう。
中国は、アメリカを観察し、アメリカを分析し、アメリカから多くを学習したのだと思います。第二次世界大戦後の中国は、ゼロから国家を建設しました。中国は、中国に何が必要なのかを、常に自問自答し続けたのでしょう。中国は、他の国々を観察し続け、中国に必要なものを見つけ出そうとし続けたのでしょう。だから中国は、アメリカから学習できたのだと思います。 中国は、アメリカを分析し続けたのだと思います。中国は、アメリカの抱える様々な問題要因を分析し、その解決策を考案し、中国自身が実行したのだと思います。だからファーウェイ は、アメリカ企業より優位に立つ事ができた。
アメリカ企業は、これから対応に踏み切るでしょう。アメリカの企業は、これまでも、企業運営にイノベーションを起こしてきました。今まで、アメリカ企業は、ナンバー1だった。だから、アメリカ企業は、企業運営のイノベーションを必要としなかった。 今、アメリカ企業は、中国企業という新興勢力に、マーケットを大きく奪い去られようとしている。アメリカ企業は、イノベーションを実現させて、この状況に対応しようとしているでしょう。 他の国々は、この結果を見届けようとしているでしょう。


一つのヴィジョンを提案しましょう。人類が、コストが殆どゼロである強力エネルギー源を獲得したら、再度の産業革命が生起するでしょう。 僕は、産業における生産コストは、エネルギーのコストに尽きると思っています。コストがゼロに近い強力なエネルギー源は、原材料のコストをゼロにします。例えば、どんなレアメタルも、無限のリサイクルを繰り返しての利用が可能となります。商品の販売価格は、人件費に設定されます。 禁欲的プロテスタンティズムの職業倫理では、人が職業労働に従事する事は、神様の命令であると解釈されていま…

NO.271 トランプ大統領へのメッセージ その9 ・・・ルメイ( LeMay)将軍は、「戦争は、最初から道徳に反している。」と発言した。皆殺し(Kill all)にしなければ、皆殺しにされる。最初から、そんな戦争だったのでしょう。戦争を止められなかった時点で、全ては終わったのです。

トランプ大統領のサイトへのメッセージ。 ルメイ( LeMay)将軍に関した記事を調べました。彼は、第二次世界大戦時に、日本の大都市の空襲を指揮した指揮官でした。彼に関する事を調べてみようと思った契機は、彼が、戦後、日本政府から勲章を授けられた事でした。多くのアメリカ兵の人達のように、彼は、心に深い傷を負っているだろうと思っていました。日本政府が彼を苦しめる為に彼に勲章を贈ったのかと、僕は思ったからです。彼の受勲の理由は、彼が、日本の航空自衛隊を訓練してくれたからでした。 「戦争は、最初から道徳に反している。」それが、彼の言葉でした。彼が、日本の大都市を有効に空襲しなければ、日本の降伏は遅くなった。大勢のアメリカ人が死ぬ事になった。彼は、部下達に、「空襲で、泣きながら死んでゆく幼子を哀れんではならない。」と指導した。自分達の国の多くの人々が死なない為に、空襲は徹底されなければならない。 戦争を止められなかった時点で、このような事態は、避けられなかったのです。
神様は、どのような審判を下されるのでしょうか?仮に、ある父親が、子供達の為に、大勢の敵兵を殺したとしましょう。子供達の時代が平和になって、子供達は人を殺す必要がなく幸せになったとしましょう。 父親が人殺しの罪を犯して、子供達には罪が無いのでしょうか?
神様は、神様の基準で審判を下します。神様の基準を、人間は知る事はできません。神様は、どのような悪魔も救う事ができる。神様には、できない事はない。全ては、神様の御心に従って決定します。


アメリカと日本の同盟について。誰か他人が命がけで戦ってくれた為に、僕という人間が生き続ける事は、許される事なのだろうかと思います。日本の同盟国のアメリカが、命がけで戦った為に日本の平和が守られて、僕達が戦争をしないで生き続ける事ができる。大勢のアメリカ兵が死んだのに、僕は何もしない。僕がそのような事をしたら、神様は、僕を許してくれないかも知れない。 アメリカ兵の人達が、戦場で手を血で汚したのならば、その人達が戦ってくれたおかげで、僕が平和に生きているのならば、僕の手は血で汚れないはずが無いでしょう。 僕は、命をかけて戦争を抑止しなければならないのでは無いかと思います。そうでなければ、神様が許してくれないかも知れません。 アメリカ兵が一人も戦争で死ぬ事がないように、戦争を抑止する。僕は、この事を選択する…

NO.270 トランプ大統領へのメッセージ その8 ・・・アメリカには公用語はありません。アメリカは、全ての移民を、その移民の言語を含めて受け入れる選択をしています。あるドイツからの移民は、アメリカの公用語は英語であると宣言します。アメリカに移民する事は、アメリカの言語を学び、アメリカの法律を学び、アメリカの習慣を学び、アメリカの市民になる事である。彼は、そう言いました。ドイツは、人々が何が大切な事かを理解する国です。

トランプ大統領のサイトへのコメントです。「アメリカには、公用語が無い。」あるインターネットニュース記事で、この記述を読みました。公用語を設定しない事は、アメリカの選択でしょう。アメリカでは、公共の場で、英語以外の言語を聞く事に、不快感を自覚する人が多いと書いてありました。そのニュース記事を書いた人は、アメリカを重要な国だと思っています。だから、その人は、強い関心を持つのです。 アメリカの人々は、英語を公用語にする事を選択しないでしょう。公共の場で、英語以外の言葉を聞く事に不快感を自覚する人であってもです。「アメリカが英語を公用語にしたら、もはやアメリカでなくなってしまう。」アメリカ人は、そう認識しているでしょうから。そうでなければ、アメリカは、既に英語を公用語にしていたでしょう。 アメリカの建国の父達は、自らが正しいと信じる理念に従ってアメリカを建国した。その建国の理念を支持し、その理念を相続している人々が、今も、その人が正しいと信じている理念を守り抜いている。
アメリカ以外の国の人間は、その人が住む国の実情と対比させる事によりアメリカを見ます。その人の視点でアメリカを判断し評価します。 僕は、全世界の多くの人々に問いかけてみたい。「あなたは、このようなアメリカを、どう思いますか?僕は、このようなアメリカを尊敬し、信頼します。」
アメリカ政府は、セントラル高校の統合教育を実現させる為に、通学する黒人生徒を、軍隊を動員して保護しました。アメリカの人々は、最終的に、これを支持しました。アメリカの人々は、最終的に、建国の理念を受け継ぎ、これを守り抜く事を選択しました。
僕は、アメリカの持つ、このかけがえのない事が守られる事を願っています。日本に住む僕にとっても、恩恵となるからです。

あるドイツからの移民の子孫の人から、僕のコメントに対する返信がありました。その人の祖父と祖母は、アメリカの市民になる為に、アメリカに移民しました。彼は、両親から、ドイツ語を話す事を禁じられました。 彼は、僕に言いました。仮に僕がアメリカに移民するのならば、僕は、アメリカの言語と法律と習慣を学び、アメリカ市民にならなければならない。 彼は、宣言します。「アメリカの公用語は、英語である。」
彼の祖先の国のドイツは、ドイツの人々が大切な事を学び得た国です。ドイツは、素晴らしい国です。
アメリカは、市民に、言語の選択の自…

NO.269 グレタトゥーンベリ(Greta Thunberg)さんへのメッセージ ・・・彼女のアカウントにコメントした内容です。彼女に伝わる事を意図します。実効性のある地球温暖化対策の為には、イノベーションの実現が必要でしょう。巨大にビジネスチャンスを生み出す目的が設定されなければ、イノベーションは無理でしょう。生きる為に、温暖化ガスを排出し続けなければならない人達も居るのですから。

グレタさんのアカウントに、コメントした内容です。Instagramが許可してくれるなら、繰り返しコメントし続けたい。 グレタさん。温暖化対策が必要である事だけを訴え続けても、目的は、実現できません。誰もが、生き続ける為に、収入を得ようとし続けているのです。そういう人達は、お金を得ることしか考えることしかできないのです。 温暖化ガスを排出する仕事を禁じられたら、職を失って、自分や家族が、生存を続ける事ができなくなる人達は多いのです。 巨大なビジネスチャンスを生み出して、温暖化対策を実現できる方法を見つけ出す事が必要です。 僕は、その提案をします。トランプ大統領のアカウントにもコメントしました。
人類の宇宙への移住のプロジェクトを僕は提案します。例えば、ブラックホールエンジンが実現されるでしょう。多くの人々が、荒唐無稽と思うでしょう。しかし、現実の科学技術者は、荒唐無稽と思わない。
人類の宇宙への移住。未来に何が起こっても、人類の誰かが生き残る。


全人類にとっての大きな利益となる目的が設定されたら、様々なイノベーションが実現されるでしょう。僕は、人類の宇宙(Universe)への移住のプロジェクトを思いついたから、これを提案しています。 一つ指摘される事は、これは、巨大なビジネスチャンスを生み出す事です。プロジェクトの目的が、宇宙旅行や宇宙防衛に設定されて、今、巨大なビジネスチャンスが生まれつつあるようです。人類の宇宙(Universe)への移住が明確に目的として設定されたら、遥かに巨大なビジネスチャンスが生まれるはずです。
そうなったら、人類は、このプロジェクトに、全ての意思と力を投入するでしょう。その結果、様々なイノベーションが実現される。 地球温暖化は阻止される。


目的を明確に設定する事により、プロジェクトの明確なヴィジョンが構築される。その目的実現の為に、全ての意思と力が、目的合理的に投入される。 例えば、映画スターウォーズに登場するデススターのような巨大宇宙ステーションの建設が、現実の目的として、本気で検討される事になるでしょう。
コストが殆どゼロの強力なエネルギー源が実現したら可能だろうと、僕は思っています。 宇宙には無尽蔵の資源が存在しています。人類が無尽蔵の強力なエネメギー源を獲得したら、宇宙における資源開発のネックは克服されると思っています。自動システムを建設したら、その自動…

NO.268 トランプ大統領へのメッセージ その7 ・・・地球上の人類絶滅の危険はいくつもある。人類の宇宙への移住は、人類の存続の手段です。ダールアルイスラームはイスラム教のイノベーションです。重要な事は、アメリカが、それを確認する事です。アメリカが、さらに、その次のイノベーションを実現させるでしょう。

トランプ大統領のサイトに送ったメッセージです。 地球温暖化対策が契機となって行なった問題提起です。
人類が地球上だけで生存し続けるのならば、絶滅の危機は常にある。地球上では過去、様々な原因で大量絶滅が引き起こされた。天体衝突は、恐竜を絶滅させた。古生代の終わりには、シベリア全体で火山噴火が生起し、地球史上最大規模の大量絶滅を引き起こした。地球から約700万光年離れたベテルギウスが超新星爆発して、ガンマバーストが地球を直撃したら、オゾン層が破壊されて、人類の滅亡の危機するあるらしい。ただ、ベテルギウスの自転軸の向きがずれている爲、この事態は避けられるらしい。
人類が、生存を続ける事を選択するのならば、人類の宇宙への移住は、いずれ全人類の共通の目的として設定されなければならないでしょう。
温暖化ガスの排出を抑止する事は、利益となる。しかし、それを実現させる為には、様々なイノベーションが必要である。地球温暖化阻止と言う目的は、そのイノベーションを実現させない。 その為に、僕が思いついたプロジェクトは、人類の宇宙への移住です。 人類の宇宙への移住プロジェクトを、全人類が本気で目的設定すれば、巨大なビジネスチャンスを生み出す。単なる宇宙旅行の比ではない。 このプロジェクトは、地球温暖化阻止を実現させる、イノベーションを実現させる。


コーラン(Quran)とコーラン(Quran)を解釈して作成されたイスラム法が、アッラーの預言と仮定します。アッラーの預言は、実現するまでは、イスラム教徒であっても、その本当の意味を理解する事ができない。 イスラム教徒は、現時点では、コーラン(Quran)とイスラム法の全てを理解し得る事はあり得ない。それでもイスラム教徒は、コーラン(Quran)を解釈しなければならない。スンニ派(Sunni Islam)とシーア派(Shia Islam)の宗派は、誰にコーラン(Quran)の解釈を託すかの違いで分かれたらしい。 イスラム法によれば、ジハードとは、ダールアルイスラームを建設する為の努力との事。過去のイスラム教徒は、これを戦争や自殺爆撃と解釈した。過去のイスラム教徒は、ダールアルイスラームを異教徒達を征服して建設する国家であると解釈した。仮に、ダールアルイスラームが未来に建設される何かであるのならば、イスラム教徒は、現時点ではこれを理解できない事になる。 ダールアルイス…

NO.267 トランブ大統領へのメッセージ その6 ・・・人類の宇宙(Universe)への移住プロジェクトの提案。対中国の安全保障の鍵は、中国の一帯一路の方針にある。

トランプ大統領のサイトへのメッセージ集です。全人類にとっての大きな利益となる目的が設定されたら、様々なイノベーションが実現されるでしょう。僕は、人類の宇宙(Universe)への移住のプロジェクトを思いついたから、これを提案しています。 一つ指摘される事は、これは、巨大なビジネスチャンスを生み出す事です。プロジェクトの目的が、宇宙旅行や宇宙防衛に設定されて、今、巨大なビジネスチャンスが生まれつつあるようです。人類の宇宙(Universe)への移住が明確に目的として設定されたら、遥かに巨大なビジネスチャンスが生まれるはずです。
そうなったら、人類は、このプロジェクトに、全ての意思と力を投入するでしょう。その結果、様々なイノベーションが実現される。
目的を明確に設定する事により、プロジェクトの明確なヴィジョンが構築される。その目的実現の為に、全ての意思と力が、目的合理的に投入される。 例えば、映画スターウォーズに登場するデススターのような巨大宇宙ステーションの建設が、現実の目的として、本気で検討される事になるでしょう。
コストが殆どゼロの強力なエネルギー源が実現したら可能だろうと、僕は思っています。 宇宙には無尽蔵の資源が存在しています。人類が無尽蔵の強力なエネメギー源を獲得したら、宇宙における資源開発のネックは克服されると思っています。自動システムを建設したら、その自動システムが半永久的に資源開発を継続する。そして、そのシステムが材料を生産し、そのシステム自身を成長させる。そして、最終的には、そのシステムが、巨大宇宙ステーションを建設する。
人類の宇宙への移住がプロジェクトとして設定されたら、このような亊を、現実の科学技術者が、本気で検討する事になるでしょう。
僕は、コストが殆どゼロの強力なエネルギー源として、ブラックホールエンジンしか思いつかなかった。だから、これを提案しました。
ブラックホールエンジンが実現したら、地球温暖化は解決します。ただ、人類は地球温暖化対策のために、ブラックホールエンジンを実現させる事はできない。しかし、人類の宇宙(Universe)への移住のプロジェクトの為に、ブラックホールエンジンを実現させる事ができる。僕は、そう思いました。


コストが殆どゼロの強力なエネルギー源を人類が獲得したら、地球温暖化問題は解決する。人類の宇宙(Universe)への移住のプロジ…

NO.266 トランプ大統領へのメッセージ その5 ・・・地球温暖化対策の為のイノベーション実現の為に、人類の宇宙への移住のプロジェクトを提案しましょう。

トランプ大統領のアカウントへのコメント集です。僕に対して為された設問に対する答えとしてのコメントです。 ここでも述べます。
僕は、アメリカが、奇跡のように思えることを起こし得ると、本気で思っていますから。
僕には、アメリカで起こった事が、奇跡的な事のように思えるのです。キング牧師の運動の映像を見た事があります。歴史的な惨劇になっていたとしても不思議では無いと思います。そして、その現実は、歴史の闇の中に封印されることになった。そうなっていても不思議ではなかったでしょう。キング牧師の記念日(Martin Luther King Jr. Day)は、白人の人達が設立に反対し続けたら、実現しなかったはずです。 セントラル高校のエピソードを聞きました。多くの国々の政府は、セントラル高校の統合教育を断念したでしょう。アメリカ政府は、セントラル高校の統合教育を実現する為に、軍隊を動員したと聞きました。アメリカ政府は、自ら定めた正義を、守り抜きました。 黒人の人達は、アメリカの市民として生きることを選択しました。黒人の人達が白人の人達を蔑んでいたならば、黒人の人達によるこの選択は、あり得なかったはずです。黒人の人達による人権運動は、アメリカ市民として生きる権利を求める運動であったのでは有りませんか?一環していたのでは、ありませんか? アメリカの白人の人達の心の奥底には、神様を恐れる信仰が存在していると思っています。アメリカの白人の人達は、神様を恐れる信仰に従って、行動してきたのだと思います。 アメリカの白人の人達の心の奥底の神様を恐れる信仰が、奇跡のようなことを実現させてきたのでしょう。このような事は、これからも、様々な事において実現されてゆくでしょう。僕は、そう思います。 マックスウェーバーも、禁欲的プロテスタントの信仰は、世界規模の社会の革命的変革を実現させたと言っていたらしいですから。


このアカウントは、僕の主張の発信を、許可してくれている。僕の主張が大勢の人々に発信され得るチャンスを、このアカウントは提供してくれている。僕には、このアカウントの管理者を支持する以外の選択肢はありません。
僕は、問題提起をします。僕は、僕は正解を述べているという認識はありません。大勢の人々が、僕の主張に対して、耳を傾けるに値すると評価する主張を、僕は為さなければならない。 そして、僕は、僕の主張に耳を傾けてくれた…

NO.265 トランプ大統領へのメッセージ その4 ・・・ヨーロッパの多くの自治体は、バックドアのリスクにも関わらず、ファーウェイのデジタルネットワークシステムによるスマートシティー構想を必要としているようです。アメリカは、どう対応するのでしょうか?

ミスタードナルドトランプのサイトに、コメントした内容です。 ファーウェイのデジタルネットワークに反対するアメリカの方針を、僕は支持します。 その理由は、世界の全ての国々には、ファーウェイ以外の選択肢を必要とするからです。僕は、現時点では、ファーウェイが、全世界の人々を、デジタルネットワークを利用して支配する独裁者になるだろうとは思っていません。ファーウェイは、ビジネス展開をする国々の信頼を失う事を、恐れるでしょうから。 しかし、その危険性は、常に存在します。ファーウェイがデジタルネットワークを支配する独裁者となろうとした時に、全世界の救済者となる存在が必要です。アメリカにしか、それは為し得ないでしょう。 アメリカが、技術力で、中国に劣る事はあり得ない。全世界規模のネットワークの構築力に、差があるのだと思います。アメリカは、禁欲的プロテスタンティズムの職業倫理が制約となっているのだと思います。
アメリカでは、政治とビジネスは、峻別されなければならないように思えます。政治は、企業に協力を求める事はできる。しかし、ビジネスにおいて意思決定を行う事は、その企業に委ねられる。 中国の場合は、中国政府の意思を、ファーウェイの意思として実行する事が可能なのでしょう。ファーウェイは、デジタルネットワークの覇者となるでしょう。 アメリカは、この事を前提とした対抗措置を実現させるだろうと、僕は思っています。
この事は、ファーウェイが行なってはならない選択をする事に対する抑止力となると思います。


ファーウェイの行動理念は、何でしょうか?ファーウェイのデジタルネットワークは、一帯一路と連携する。中国政府が利用する事は間違いない。これに関して、ファーウェイの行動理念が何であり、中国政府が、ファーウェイをどのように利用するのかが重要となるのかなあ? 中国政府が、ファーウェイを支配しようとすれば、デジタルネットワークは失敗するでしょう。 ファーウェイが、ファーウェイ自身のビジネスのヴィジョンを構想し、ビジネスの行動原理に従ってデジタルネットワークプロジェクトを展開するのならば、このプロジェクトは成功するでしょう。そして、中国政府が、ファーウェイが自らの意思でビジネス展開をするに委ねて、これを利用しようとするのならば、中国政府も、成功するでしょう。これは、中華の伝統的な、政治手法かも知れない。 この場合には、アメリカ…

NO.264 トランプ大統領へのメセージ その3 ・・・対等な立場での同盟関係の提案。

ミスタードナルドトランプのサイトに投稿したメッセージです。アメリカと日本の対等な立場での同盟。この事は必要でしょう。同盟は、対等な人格を持つ者同士の同盟でなければならない。 日本にとって、アメリカが必要な国ならば、日本は、アメリカを失わない為に、何をなさなければならないかを、責任ある自由な意思により、考えなければならない。 アメリカは、建国されてから340年しか経っていない。日本は、建国されて2000年以上が経過している。そんな日本が、アメリカから一方的に恩恵を受け続けている。
僕は、アメリカにノーとも言いましょう。日本人である僕の視点だからこそ、見つけられる解決策もある。僕は、アメリカから適切であると判断され得る解決策を提起しましょう。
僕は、アメリカを失わない事を選択します。

繰り返しますが、アメリカの持つ強さの最大の要因は、キリスト教の信仰でしょう。アメリカの禁欲的プロテスタンティズムに、アメリカの強さの根本的な理由がある。 アメリカの人々の心の奥底に、神様を恐れる信仰が存在している。アメリカの人々は、神様を恐れるからこそ、様々な問題を解決しようとする。 アメリカの人々は、神様を恐れるから、絶望の中に希望を見つけ出そうとする。 この事が、アメリカの人々の心に、強力な実践行動への力を与え、問題を解決させて来たと思っています。アメリカは、世界規模の、社会構造の根本的変革すら為し得るでしょう。マックスウェーバーが指摘する、社会革命です。

日米同盟における日本の義務についてです。安倍総理は、日米同盟における日本の義務を果たすために、憲法改正が必要であると主張するでしょう。アメリカにとっても、危険だと思うから、その観点から訴えます。 日本が日米同盟の防衛義務を果たすためには、憲法改正は一切必要ないはずです。日本国憲法制定の経緯は、SF平和条約の前文に記されています。 日本国憲法第9条の規定は、相手が平和を希求する主権国家である場合に適用されます。テロリストには適用されません。そして、日本国憲法は、日本国の国際社会に対する意思の宣言です。国連加盟国は、この事に同意しているはずであり、この状態において、日本と同盟国アメリカを攻撃する者達は、テロリストと断定される事になります。 全く必要の無い憲法改正を断行しようとしている安倍総理の目的は、かつての第日本帝国の復活でしょう。安倍総理の祖父の岸信介は…

NO.263 トランプ大統領へのメッセージ その2 ・・・僕は、アメリカに感謝しています。日本国憲法第97条は、日本国民に、基本的人権を保証した。僕は、僕の自由意志の責任において、選択を行う事ができる。

僕は、ミスタードナルドトランプのサイトに、以下のコメントを投稿しました。・・・彼のサイトは、イランの人達によるコメントも受け入れ、公開します。 僕は、アメリカに感謝しています。アメリカは、第二次世界大戦の戦後処理として、日本との講和条約を結ぶプロジェクトを実行した。その際、日本国憲法の制定を、マッカーサー元帥のGHQが指導した。日本国憲法は、国際連合憲章を基準として作成された。日本国憲法第97条は、日本国民に、基本的人権を保証した。 僕たち日本人は、責任ある自由意志による選択の権利を保証された。
僕は、僕の自由意志により、アメリカを信頼する事を選択する。
制定された日本国憲法は、日本国が国際連合憲章の原則及び、世界人権宣言の原則を遵守する意思の宣言であると評価されました。この事により、SF平和条約の締結と、日本の国連加盟が決定しました。この事は、SF平和条約の前文に記載されています。 僕が、この事を、アメリカと国際連合が忘れていないと信じています。
大切な民主主義と、人間の基本的人権が失われない事の為に。
アメリカには、キング牧師記念日(Martin Luther King Jr. Day)があります。アメリカは、このような事を、できる国なんだ。 僕には、次のように思えます。アメリカの白人の人達は、キング牧師記念日(Martin Luther King Jr. Day)に向かい合う時に、有色人種の事を考えていないと思います。アメリカの白人の人達は、キング牧師記念日(Martin Luther King Jr. Day)に向かい合う時に、自らの心の内で、神様と向かい合う事にしか関心がない。 アメリカの白人の心の奥底には、神様を恐れる信仰が存在する。 このような人達を本気で怒らせる(make Seriously angry)事は、本当に恐ろしい。この事は、述べておきます。
アメリカの人種問題に言及する事は、僕は、控える方針です。その理由は、アメリカの人々が、自らの良心の責任において、問題に取り組んでいるからです。 差別は、どの民族にもあるでしょう。その現実が、直視されない事も多いでしょう。アメリカの奴隷制度が世界的に有名になった理由は、アメリカの白人の人達自身が、問題として提起したからでしょう。 聖書に、「裁いてはならない。」と書かれています。これは、真理でしょう。だから僕は、結論は、こうあ…

NO.262 トランプ大統領。聞いてください。その2

トランプ大統領。聞いてください。 あなたに賛成しない人達を、罵倒する事は適切では無いでしょう。あなたに罵倒された人達には、その人達の賛成者がいます。あなたは、あなたがその人達の賛成を得られる可能性を、あなた自身で断ち切る事になります。
僕の主張は、どこまで発信を保証されるのでしょうか?
僕の主張は、多くの人々に伝えられる事を阻止され続けるでしょう。そして、僕の主張が、全世界の人々に届くときとは、世界が破局する時かも知れません。 その理由は、僕の主張が異端(unorthodox)な主張だからです。
異端(unorthodox)なアイデアでないと、解決できない問題があります。全世界の人々に届くアイデアは、大勢の人々の同意を得ているアイデアでしょう。そのようなアイデアで解決し得る問題は、既に解決されています。 解決が困難な問題を解決し得るアイデアは、多くの人々が構想する事ができないアイデアです。解決が困難な問題を解決し得るアイデアは、異端(unorthodox)なアイデアです。 異端(unorthodox)なアイデアは、検索の上位を得られません。異端のアイデアは、検索の上位を得ている人達の邪魔になります。 解決が困難な問題を解決し得るアイデアは、全世界の人々に伝えられません。 世界を破局から救うアイデアが、全世界の人々に届く時は、世界が破局する時です。
異端(unorthodox)なアイデアの、もう一つの価値
希少な才能の資質を持つ人達に、自分自身の持つ可能性を気がつかせる事ができます。 異端(unorthodox)なアイデアを生み出す事ができる人は、他者より劣った部分を多く持つ人であることか少なくありません。そうした異才は、自分自身の才能を開花させるに至っていないことも少なくなく、自分自身の可能性に気がついていない事も少なく有りません。 そうした異才は、コンプレックスに精神を支配されて、自分自身の可能性を抑圧している事も少なく有りません。
そんな異才が、異端(unorthodox)なアイデアを知る事は、その異才の可能性を開花させる契機となります。「私と、同じアイデアを抱く人が、他にも居た。」 その異才は、孤独から解放されます。孤独は、人の精神を破滅させる、恐ろしいものだと思います。 その異才は、他者による異端(unorthodox)なアイデアを知ることにより、孤独から解放されて、その人の本来の才…

NO.261 トランプ大統領。聞いてください。 ・・・世界経済は、大恐慌局面かも知れません。

僕のコメントは、まとめてブログに掲載します。世界経済の富の大半が、少数の富裕層に分配される現在の世界経済のダイナミズムが、大恐慌を引き起こすと考えています。僕の推測が正しければ、いずれ全世界の人々が、大恐慌に直面する事になります。全世界で共通の問題だから、問題提起します。 アメリカ民主社会主義(Democratic Socialists of America)に好意的な人が増えている理由は、経済が大恐慌局面だからだと思う。民主党政権になって、解決する保証は無い。
2020年の大恐慌発生のモデル。その1 先物取引市場での取引で、その商品の価格が高騰する。先物取引の利益は、富裕層に分配される。その商品を購入する人々の賃金は、変わらない。高騰した商品の購入の為に、その人は、他の商品の購入を削減させる。その為、多くの企業業績が悪化する。企業業績が悪化した企業は、人件費を削減する。 こうした事が積み重なって、労働者が解雇され、企業倒産が続出し、大量の失業者が出現する。
2020年の大恐慌発生のモデル。その2 失業者は、商品を全く購入できない。大量の失業者の出現は、経済循環を断ち切る。経済循環が断ち切られた経済は、崩壊のスパイラルに陥る。これが、大恐慌であると理解する。
大量の失業者の出現により、多くの企業業績が劇的に悪化する。労働者が解雇され、更には企業倒産が続出する。再度、大量の失業者が出現する。更に、多くの企業の業績が悪化する。・・・このスパイラルで、経済が崩壊する。
超低金利環境の大恐慌は、デフレスパイラルにはならないだろう。デフレスパイラルは、損失回避の為に、銀行が融資(Loan)を回収して中央銀行に返済することにより生起すると、僕は思っています。 超低金利環境では、銀行は、このクレジットクランチ(Credit crunch)に陥る事がないから、経済はデフレスパイラルには陥らない。 アメリカは、超低金利の後、少しだけ金利を上げた記憶があります。この時、デフレスパイラルが発症しかけたのかも知れないと思っています。例えば、不動産への投資が活発化し、不動産価格が高騰し、家賃を払えなくなった人が増えて、ホームレスが増えた。アメリカの皆さん、実態は、どうなのでしょうか?
僕は、大恐慌の解決を、富裕層の人達に期待したい。 大恐慌の解決は、誰が為し得るでしょうか?富裕層の人達に、期待したいです。富…

NO.260 トランプ大統領に問いかけたい。 ・・・「アメリカが、同盟国に要求する負担は費用だけではない。」そうアメリカの政府高官は発言した。この事は、日本が憲法改正を断行することを生起させます。大日本帝国が復活します。アメリカは、かつての大日本帝国と同盟をして戦争をする事になります。それで、OKと言う事ですか?

僕にとっての、アメリカとの同盟国の一員としての義務 「アメリカは、同盟国日本に、戦争でアメリカと共に戦う事を要求する。」アメリカの政府高官は、そのように発言したと理解します。 アメリカが一方的に戦争を始める事を決定したら、アメリカが始めた戦争で、日本国民は戦死しなければならない。 アメリカは、日本に、そう要求するのでしょうか?
僕は嫌です。僕は、戦争で命を懸ける(stake my life on war)事はできません。しかし、僕は、平和の為に生命をかける(stake my life on peace)事はできます。アメリカ人が、命の危険を侵すなら、アメリカの同盟国日本の一員である僕も、命の危険を侵さなければならない。 僕は、アメリカ人が一人も戦争で生命を落とさない為に、如何なるリスクを冒してでも、戦争を阻止します。
僕には、その選択の権利は、無いのでしょうか?
参照記事 NO.178日米安保条約と日本国憲法
特に、 NO.001 トランプ大統領。不公平な日米安保条約です。しかし、お聞きください。 トランプ大統領が表明された日米安保条約への不満は、私にも、痛いほど理解されえます。 日米安保条約の目的は、アメリカが武力攻撃を受ける事を完全に抑止する事です。日米安保条約の役割は、一人のアメリカ兵の戦死者も出さない事です。 日本の仕事は、日米安保条約を抑止力として、一人のアメリカ兵の戦死者を出さない事です。これに失敗したら、日本は滅亡します。 これが結論です。
アメリカは、安倍総理を信頼しますか?彼が、どんな発言をして憲法改正を訴えてきたか、知っていますか? 彼は、現行の日本国憲法について、日本が戦争で負けたからアメリカから押し付けられた憲法と発言しています。そして、憲法改正をしなければ、日本は真の独立国になれないと発言します。
安倍総理達は、日本国憲法第9条があるから、自衛隊は、アメリカに防衛協力できないと発言します。アメリカが、自衛隊に防衛協力を要求したら、安倍総理達は、憲法改正に踏み切ろうとするでしょう。
日本国憲法制定の経緯は、サンフランシスコ平和条約の前文に記されています。
NO.174 日本国憲法の起源と原理。
全ての国際連合加盟国は、日本の憲法改正の意味を理解します。多くの国々は、かつての大日本帝国を覚えています。 多くの国々が、アメリカは、かつての大日本帝国の復活を許可したと判断しま…

NO.259 ミスター・ドナルドトランプに対する問題提起 ・・・その1 彼は、どう応えるだろうか?

僕は、ドナルドトランプを支持する。僕は、ドナルドトランプを支持する。その最大の理由は、彼が、このアカウントを、僕が主張を行えるように解放してくれているからである。イラン の人々は、彼に対する罵倒の投稿をしたりする。しかし彼は、そのような投稿を排除しない。 自分に賛成しない投稿を排除するような人々は、少なく無い。最初から、他者の投稿を禁止する人々も少なくない。しかしドナルドトランプは、全ての人々に主張の機会を提供する。これゆえに僕は、ドナルドトランプを支持する。
僕個人としては、彼が、もう四年間、大統領を続けることを希望する。人間は、必ず失敗をする。神様だけが失敗をしない。4年前、ドナルドトランプが大統領に選出された理由は、アメリカが深刻な問題を抱えていて、アメリカ市民が、彼に問題解決を託した為だろう。 伝統的な共和党の候補者ではなく、異端とされていたドナルドトランプを、アメリカ市民は選択した。「アメリカは、今までと、同じ事をやっていては駄目だ。」これが、アメリカ市民の選択だったのだろう。
ドナルドトランプは、過去に前例がなかった施策を選択した。最初は失敗続きで当然だろう。最初から成功する局面ならば、他の人が大統領に選出されていただろう。彼が、どう修正するかが重要だろう。その為の期間として、さらなる四年間が、彼に託される事が適切だろうと僕は思う。大統領が今変わったら、新しい大統領は、再びゼロから試行錯誤を始めなければならない。この四年間が、無駄になる。アメリカは、四年後に結論が出た時点で、新しく始めたらいいだろうと、僕は思う。
しかし、全ては、アメリカ市民が選択すべき事である。僕は、アメリカの正式な手続きにより選出された大統領を信頼する。僕にとって、アメリカを信頼するとは、こう言う事である。
僕は、問題提起します。トランプ大統領は、どう答えるでしょうか? 僕のブログ記事からの抜粋です。Google Bloggerのブログです。日本語バージョンと英語バージョンを開設しています。僕のアカウントのプロフィールにブログURLが設定されています。
記事NO.180の英語版をコピーして投稿しました。NO.180アメリカ民主社会主義(Democratic Socialists of America)
NO.180の概要です。
アメリカは、僕にとって、最も重要な国だから問題提起します。アメリカ民主社…