NO.219 地球温暖化阻止は不可能だろう。

富裕層の人達は経済的利益だけを追求し続ける事を絶対にやめない事が、温暖化を阻止できない原因の根本。 



関連記事


発展途上国の人たちは、温暖化ガスの排出を、絶対にやめない。



先進国の人達は、過去に温暖化ガスを排出し続けて資産を築き上げてきた。先進国の人達は、既に十分に資産を築き上げた後で産業構造の変換を行おうとしている。
先進国が、温暖化対策の費用を負担すべきだ。発展途上国の人達は、そう主張し続けているようだ。
言い換えるならば、発展途上国の温暖化対策費用を先進国が負担しなければ、発展途上国は温暖化対策をしない。


世界経済が、全世界の富の殆どを少数の富裕層に分配してしまうことの意味。



現在の世界的な超低金利で、社会に供給される通貨量は豊富である。しかし、その通貨の殆どが少数の富裕層に分配されてしまう。その結果、社会全般では、資金不足が生起しているだろう。
すなわち、世界規模で、温暖化対策の費用が枯渇する状態だろう。
アメリカでは、リーマンショック以降の超低金利政策の後、少しだけ金利を引き上げた。その為に、アメリカ経済に大恐慌が生起しそうになった。

参照記事。



その結果、不動産価格等が高騰し、中産階級の大学を卒業した若者が、家賃を払えずホームレス化する。その若者は、企業で勤務している。
こうしたケースが増えている。
その結果、アメリカ民主社会主義(Democratic Socialists of America)
に支持が集まった。


アメリカの経営者達は、自分達の利益を確保することしかできない。他の事を行う余力は無い。
発展途上国の企業は、過去から続けてきた温暖化ガスを大量に排出する方法でしか、利益を確保することができない。彼らは、温暖化対策を行う余力は無い。

世界規模で、温暖化対策に使える資金が不足している。
富裕層の人達が、損失を覚悟で、温暖化対策の資金を拠出するより他の選択肢は無いだろう。


全世界の若者達は、温暖化を前提として、生き残る手段を模索しなければならないだろうと思う。



温暖化を阻止する事は、絶対に不可能である。この事を前提に、特に若い人達は、生き残る方法を見つけ出さなければならないだろう。
全世界で海面が10メートル上昇し、毎年のように幾つもの超巨大台風や超巨大ハリケーンに襲来され、熱波や大水害に見舞われ、大勢の犠牲者を出し続ける。
そんな世界で、若い人達は、生き残り続けなければならないでしょう。若い人達は、この事に、取り組まなければならないでしょう。

現在61際の僕は、結婚をして子供を持つ事を、死ぬまで諦めません。ただ、僕が生殖能力を失ったら、生き続ける意味を、僕は失います。
その時は、地球温暖化は、僕には関係のない問題になります。




TOP記事
Lady MさんへのMessage

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。