NO.207 拝啓 習近平閣下


私は、習近平閣下と友人になれるだろうと思っています。閣下が、広大な中国の国土と14億の人々に対する統治責任を果たしている人だからです。



「何が為されるべきで、何が為されるべきでないか」の適切な判断を、習近平閣下は、為し得る人でしょう。そうでなければ、中国の国家主席に就任する事はなかったでしょう。

統治責任を果たしている閣下に対して、何の責任も果たしていない私が、内政干渉まがいの発言をする事は、人として恥ずべき非礼でしょう。しかしながら、私の希望を述べる事は差し支えないでしょう。

あらかじめ断言します。中国の政治をどうするかは、中国の人々が、中国の責任において決定する事です。
私の発言した内容を、中国政府が実行する事があったとしても、それは全くの偶然です。私は、自分が発言したことの意味を十分に理解しているとは限りません。中国政府は、中国政府の責任において、政策を決定します。
私は、この事を理解する者です。

日本政府の者達は、時々、恥を知らぬ発言をします。香港デモに関しても、前外務大臣が、中国の王毅外相に、一国二制度の原則を守るように要求した。中国に対して何の責任も負わない者が、統治責任を果たしている人達に対して、内政干渉をした。
日本政府や日本の国会議員達には、恥を知る事を理解できる者が、一人もいないようです。
習近平閣下、そして中国政府の皆さん。この者達による恥を知らぬ発言を無視してください。


私は、中国に民主選挙が実現する事を希望します。ただし、その選挙は、政権選択の選挙では無い。



中国に民主選挙が実現する。ただしその選挙は、知事を選択する選挙です。中国の政権は、中国の一党独裁です。現時点では、これが一番適切だと思います。多分、将来においても、中国共産党の一党独裁が最も適切でしょう。

政権は、統治責任を果たす義務を負います。政権たる資格は、統治責任を果たす事です。中国の広大な国土と14億人の人達に対して統治責任を果たす政権を選択する事に、民主主義は適切では無いでしょう。
中国の人々は、誰を選ぶ事が適切かを判断できないでしょう。中国の人々は、自分に利益を与えてくれる政権を望むでしょう。しかし、その政権を、中国の人々自身で選ぶ事はできないでしょう。

「政権を担当した人達が私に利益を与える事を、私は要求する。」これが、中国の人達の意思でしょう。
人々に利益を与えなくなった政権は、政権の座から追放される。そして、新しい人々が政権を担当する。これは、中国の古来からの政権選択でしょう。

古来より、民主主義は大国には相応しく無いと言われています。古代ギリシャの都市国家の規模だから、民主主義は機能したと、小室直樹先生は指摘しました。
アメリカは、大統領を選挙で選ぶには、本当は、大きすぎます。アメリカは、国是イデオロギーの為に、大統領を選挙で選ぶ事を選択した。アメリカは、その為に、大きな努力を払ってきた。
選挙権を有するアメリカ市民は、選挙人名簿に登録して選挙人になります。大統領選挙では、各選挙人は、自分達の代表となる選挙人を投票で決めます。その代表選挙人が、大統領候補者に投票を行います。
アメリカの各州は、その州の代表選挙人の投票結果により、その州が支持する候補者を決定します。そして、最も多くの州が支持した候補者が、アメリカ大統領に選出されます。

アメリカは、アメリカが歩んできた歴史により、アメリカ大統領を決めます。中国は、中国の歴史に従って為政者を決めるのでしょう。

私は、中国の人々が、身近な代表を選挙で選択することの利益が大きいと思っています。その地域の代表となった人が、その地域の本当の声を、中国政府に届ける事が目的です。

中国は、あまりにも広大でしょう。政府からは、国土の細部までは、十分には見えないでしょう。
各地域の代表が地域の声を中央政府に届ける事により、中国政府は、中国全土の社会の深層までの本当の実情を知る事ができるだろうと思いました。

中国政府が、中国全土の実情を知る事により、中国が抱えている様々な解決困難な問題を、解決することが可能になるでしょう。
広大な国土と14億人の人々に統治責任を果たす為政者は、この事を為し遂げるでしょう。

もう一つ指摘します。この選挙が実現する事により、中国の人々は、その人が中華人民共和国の一員である事を、確信する事になるでしょう。
その結果、どんな卓越した人物が出現するかわからない。「中国政府は、私に提言をする事を求めてきた。中国政府は、私を認め、私に礼を尽くしてくれた。」その人が、誇りある人ならば、答礼をもって応じるでしょう。

この可能性を、僕は、認識しています。しかし、本当の実態を、僕は知りません。ですから、この発言に責任を負う事を僕はでき無い事を、僕は述べなければなりません。

中国政府が、国内の監視カメラによる監視活動を強化させる背景には、相応の理由があるのでしょう。秘密警察に国民一人一人を監視させる事に効果がある国家は、閉鎖された小規模な国家だけでしょう。
広大に中国社会には、宗族などを基盤にした下位制度による権力集団が数多く存在しているかも知れません。それらの権力集団は、政権交代に関係なく、過去の時代から存続してきたのかも知れません。
これらの権力集団には、中国政府を敵視する集団も少なく無いかも知れません。

こうした実態を知らない僕は、責任ある発言をできないでしょう。


一番の関心事は、ウイグル自治州です。中国の国内問題には止まらない。



僕は、ウィグルの分離独立に危険を感じています。ウィグル自治区が分離したら、この地域の戦争要因になるでしょう。
分離独立したウィグル政府は、統治責任を果たせるとは思いません。ウィグルの宗教指導者は、祖国を逃げ出して日本で亡命生活を送っているらしい。

ウィグルが分離独立したら、必ず、周辺の強国を利用しようとするでしょう。

分離独立したウィグルは、ロシアに接近して、中国との対立を煽ろうとするでしょう。ウィグルがロシアの属国になる事を、中国は受け入れることができないでしょう。
ロシアも、覇権を譲ることができない。

ウィグルが戦争地帯となったら、その重大な影響は、必ず日本にも波及する。僕にとって、別世界のでき事では無くなる。
日本の無能な政治家どもは、事態をかき乱すだけで、さらなる悲劇を引き起こすことしかできないだろう。

ウィグルの人々の中に、本心からの中国の盟友を得る事が必要だと思います。ウィグル民族の誇りと、自主独立の誇りを、礼をもって受け入れる事が必要でしょう。
誇りある有能な為政者は、誇りある有能な為政者を理解します。誇りある有能なものは、何が必要であるかを理解します。
中国にとって必要なものは、誇りある有能なウィグル人の盟友です。中国政府は、この事を、ウィグルへの礼をもってウィグルに伝えるべきです。

もしウィグルが民族の誇りを持たないならば、ウィグルはロシアの属国となって、中国を戦争に巻き込むでしょう。

日本のマスメディアからは、本当の事は伝わらないから、実態はわかりません。

日本に伝えられる中国の愛国教育のニュースは、歪んで伝えられているでしょう。中国の学生達は、愛国無罪と主張していた事を以前聞きました。彼らは、責任ある自由意志で行動していたのでしょう。


香港人権・民主主義法案(Hong Kong Human Rights and Democracy Act)



この法案が、アメリカの上院と下院で可決成立しました。そして、トランプ大統領が署名して発行されました。
アメリカは、民主主義者のプライドをかけて、この法案を中国に突き付けました。「中華の誇りを証明してみせろ。」アメリカは、中国にこう突き付けました。

アメリカは、中国の一国二制度を尊重し、香港に対して、中国の他の地域には認めない優遇措置を認めてきた。
今回、中国が民主主義を弾圧するとアメリカが判定したら、優遇措置を撤廃すると決定した。
この事は、香港が中国の一部である事をアメリカが認めた事でしょう。
特別な優遇措置が無い事は、当たり前の事でしょう。

アメリカは、民主主義を弾圧した個人にも制裁をすると宣言した。
こんな制裁にやっつけられる個人は、為政者としては恥でしょう。

トランプ大統領は、習近平閣下に敬礼をもって法案に署名したと発言しましたが、まさに、その通りでしょう。

僕も、習近平閣下に敬礼を持って、このメッセージを送ります。
この事は、閣下に、ご理解いただけるでしょう。

僕は、プライドをかけてメッセージを送ります。私は再び、閣下にメッセージをお送りするかも知れません。人としてのプライドのために、敬礼は怠りたく無い。

その時は、よろしくお願いいたします。


敬具





TOP記事
Lady MさんへのMessage

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。