NO.167 クルド人撤退に、ロシアとトルコの協力が協力したって?歴史的に、トルコはロシアを嫌っていたんだろう?そんなトルコとロシアの協力が実現した。 2019年10月23日のニュース記事で、クルド人の安全地帯への撤退の実情が僕は理解できた。多分。 「目には目を。(Eye for an eye)」これがイスラムのスタンスだから、トルコは恩を忘れない。 トランプ大統領が、アメリカ軍をシリアから撤退させた。シリアは、ロシアの勢力圏になった。一帯一路( Belt and Road)は、シリアまで延びる。ロシアは、中国の協力を得る。 プーチン大統領のノーベル平和賞、可能性あるかも知れない。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加,中東情勢の考察,欧州連合の課題,


生起している情勢を整理しよう。
トルコが、シリア国内のクルド人勢力を攻撃する為に、シリアに侵攻した。
日本語版Wikipedia

トルコ軍によるシリア侵攻 (シリア内戦)

クルド人の民兵組織は、シリア政府の援助を受ける。

クルド人組織、シリア政府が支援で合意 トルコの進攻で

ロシアは、クルド人勢力を安全地帯まで徹底させて、この安全地帯を、ロシアとトルコが共同で警備する。
ロシア、シリア北部に憲兵隊派遣 トルコとの協力で影響拡大

ロシアは、シリアを支援し続けて居る。
ロシアが後ろ盾にならなければ、シリアはアメリカやアメリカに賛同する国々に対抗できない。

シリアの内戦は、全世界規模で重大な問題になっています。全世界から、シリアに圧力がかかる状況です。
シリアの内戦で、大量の難民が発生して、世界規模で大問題となっています。大量のシリア難民は、シリアから逃げ出す形でヨーロッパに向かいます。
ヨーロッバ各国で、シリア難民の受け入れは、大問題になっている。
ヨーロッパ各国のシリアに対する敵視は、シリア政府を圧迫し続けているでしょう。

この状況下で、ロシアがシリアの保護者となっている。
国連安保理で、シリア政府への制裁決議案が繰り返し採決されてきたが、ロシアが拒否権を行使し続けている。
ロシアの保護が無ければ、シリア政府は存続できないでしょう。
従って、シリアはロシアの要求に従う。
シリア政府は、ロシアの要請に従って、クルド人武装勢力が設定された安全地帯に撤退する事を、要請したのでしょう。
クルド人武装勢力は、擁護者であるシリア政府の要請に従った。

ロシアとトルコが設定した安全地帯は、シリア国内の、トルコとの国境から30キロ離れたエリアです。ロシアとトルコが、この安全地帯の警備を共同で行う。

クルド人勢力は、この安全地帯に止まって居る限り、安全は保証される。
クルド人勢力が、武力闘争を選択した理由は、生活空間の確保に行き着くだろうから、クルド人勢力は、武力闘争の目的を達成した状態です。

シリア政府は、国内の対立する武装勢力との一つの武力闘争から解放された。
そして、シリア政府のこの選択は、国際社会からの支持を得られた事になる。

トルコは、クルド人武装勢力とのテロから解放された。

現時点では、関係する全ての勢力の利益が確保される事になった。
関係する全ての勢力の利益が確保されなければ、内戦状態は、収束しないでしょう。

ただ、これで全てが解決したとは、限らない。
一つの問題が沈静化したら、情勢の中に埋没していた問題が顕在化するでしょう。
これは、問題の根本解決に、必要なプロセスです。
問題の根本解決には、情勢の中に埋没する問題を、浮かび上がらせる必要があります。
浮かび上がってきた問題を、一つ一つ解決してゆく必要があります。

シリア国内のクルド人武装勢力問題は、これから本格化するのかも知れません。しかしながら、関係者達は、最終的な解決に必要なステップは一つ進める事ができたと思います。

つまり、シリア国内のクルド人武装勢力の問題は、今後、新たな局面が浮かび上がってくると思います。

アメリカ軍がシリアから撤退した事により、シリア周辺の勢力地図は、激変したと思います。
過去、長い年月の間、トルコとロシアは敵でした。イスラム社会には。「目には目を。(Eye for an eye)」の習慣がある。
イスラムの人々は、受けた攻撃に対して必ず報復をする。イスラムの人々は、恩を受けたら必ず報恩を行うでしょう。

これからのシリア情勢で、ロシアはトルコの協力を得る事ができる。

ロシアは、中国の一帯一路(Belt and Road)に参加する意思を持ちます。
この事は、このブログの過去の記事でも言及しました。
広大なロシアの国土は、中国にとって、東アジアとヨーロッパを結ぶ陸上のシルクロードです。
この一帯一路(Belt and Road)が、シリアまで延びる可能性が生まれました。

一帯一路(Belt and Road)の価値は、一帯一路(Belt and Road)のエリア全域が、一つの巨大な経済圏として成立する事です。
全ての参加者に、ウィンウィンの関係が成立する。
一帯一路(Belt and Road)の全ての参加者にとって、大きな利益となる。その利益の為に、全ての参加者が、全ての障害を除去するだけの価値がある。

ロシアは、シリア国内の内戦を解決する為に、巨大なコストを支払うだけの価値はある。
ロシアは、クルド人の平和的な生活の為に、大きな支援を行うでしょう。
中国も、ロシアに協力するでしょう。

シリア国内で、多くの武力衝突が起こる理由には、多くの人々が、経済的に困窮している事が大きいでしょう。
この状態が解消されてゆくならば、情勢は沈静化してゆくでしょう。

プーチン大統領が、ノーベル平和賞を受賞する可能性が出てくると思います。


TOP記事
Lady MさんへのMessage

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。