投稿

11月, 2019の投稿を表示しています

NO.211 中曽根康弘元総理死去

彼は信念の政治家ですから、嘘偽りの無い彼に対する僕の所感を述べましょう。 政治家の責任は、結果責任です。その政治家が為した仕事により、どのような結果が生起したかが全てです。 そんな中曽根氏に対して、正直な僕の所感を述べる事は、中曽根氏に対する敬意です。 中曽根氏に対して敬意を評する為に、僕は、この記事を立ち上げた。他の者達に対してなら、僕は、沈黙していたでしょう。記事を立ち上げる価値がないと、僕が判断しているからです。 「戦後政治の総決算。」は、虚妄の言葉です。 中曽根氏は、適切なヴィジョンを構想できなかった政治家でしょう。 彼は、戦後政治の総決算をスローガンに掲げ、総理大臣に就任した。 第二次世界大戦後の世界情勢について、適切な認識をできなかったのでしょう。 第二次世界大戦の終了後、世界情勢は根本的に変革しました。世界経済は、列強が植民地経営に依存した帝国主義から、植民地が全て独立した自由貿易体制へと変革しました。 情勢は、常に変革し続けていたはずです。新たな変化が、新しい情勢を生起させた。政権は、常に新たに生起した次要請に対応しなければならなかったはずです。 「総決算。」は、単なる言葉のお遊びに過ぎず、虚妄の言葉でしょう。 憲法改正 彼は老害(Old harm)以外の何者でもなかった。彼は、死ぬまで、彼自身が憲法改正を行う事に固執し続けたでしょう。 こんな彼が構想した改正憲法草案は、具体的な事は知りませんが、どんな内容であっても、ろくでもない物(not good at all)だったでしょう。 彼は、憲法草案を構想する事は自由でしょう。しかし、彼は、彼の構想を若い人達に託すべきでした。どのように決定するかは、若い人達に委ねるべきでした。 彼は、せめてそうすべきでした。 本来なら、憲法改正はすべきでは無い。現行の日本国憲法は、適切に機能している。日本国憲法は、日本人に基本的人権を保障した。日本国憲法は、若者達が、責任ある自由意志による選択を行う事を保障し続けた。 第二次世界大戦で日本を破局させることしかできなかった老人達が居なくなった後、若い人達は、今までになかった新しい事を、次々に切り開くようになった。 大日本帝国憲法は、第二次世界大戦の悲劇を生起させ

NO.210 インド共和国の行動原理 総論

上位カーストの人々をヒンズー教徒以外の人達から隔離する この記事は、2019年11月30日時点でのインド共和国の本質に関する考察です。 中間考察として、以下の2つの記事を参照してください。 NO.199   インドとダールアルイスラーム(Dar al-Isram) その1 NO.200   インドとダールアルイスラーム(Dar al-Isram) その2 ヒンズー教の原理について考察した記事のリンクを掲載します。 NO.202   因果律と輪廻転生(Metempsychosis)と森羅万象(all things in nature)と唯識(Yogachara)説 ヒンズー教徒とインド人の行動原理 この記事では、以上の記事から結論だけを要約して引用します。 インド共和国の本質を決定するヒンズー教の原理 「上位カーストの人々をヒンズー教徒以外の人達から隔離する。」 これが、インド共和国の行動原理だろう。インド共和国は、ヒンズー教を事実上の国教とする宗教国家だろう。 ただし、インド共和国は、ヒンズー教においては聖なる制度では無いだろうと思います。逆に、ヒンズー教における最下層の存在。更には、最下層のさらに下層の存在かも知れない。 ヒンズー教における価値の全ては、ヴァルナ(Varna)の4段階のカーストにより決まるのでしょう。インド共和国は、このヴァルナ(Varna)の外側、多分、ヴァルナ(Varna)の下層の存在なのでしょう。 ヒンズー教の目的は、来世で上位のカーストに輪廻転生(Metempsychosis)する事。この目的を実現する為に、インド国家の全てが構築されているのだろう。 輪廻転生(Metempsychosis)を支配する法則は、因果律です。悪い因(cause)は悪い果(effect)を生起させる。 上位カーストの人達が下位カーストの人達と接触する事は、悪い因(bad cause)となるのでしょう。 上位カーストの人達がヒンズー教徒以外の人達と接触する事は、悪い因(bad cause)となるのでしょう。 インドを訪問して、インドの人々とコミュニケーションをした複数の人たちが執筆したインターネット記事について、僕は上記のリンクのブログ記事で言及しました。

NO.209 拝啓 アリフ・アルヴィ パキスタン大統領閣下 イムラム・カーン パキスタン首相閣下 1 ウィグル(Uyghurs)の為に

中国のウィグル民族の人達への手助けをお願いしたい。 僕は、日本に住む一人の日本人です。中国政府は、ウィグル民族の人達との共存を望んでいると思います。しかし、中国政府は、イスラム教徒を理解できない。ウィグルのイスラム教徒が、いつテロリストになるか分からないと、中国政府は恐れていると思います。 その為に、中国政府は、ウィグル族の人達を、全員漢民族にしてしまおうとしているのだと思います。その為の、強制収容所での洗脳教育なのでしょう。 パキスタンの皆さんは、アルカイダを理解できるでしょう。皆さんは、タリバンを理解できるでしょう。皆さんは、イスラム原理主義者としてキリスト教社会で呼称されている人達を理解できるでしょう。皆さんは、イスラム教徒ですから。 僕は、イスラム教に対する考察を行なってみました。僕の判断が適切かどうか、皆さんが審査してください。 NO.191   僕のイスラム教概論(1) ダールアルイスラーム(Dar al-Isram) NO.192   ダールアルイスラーム(Dar al-Isram)が実現した後の世界情勢に対する考察 僕の判断が適切ならば、キリスト教徒の人達も、イスラム教徒を理解する事が難しいでしょうね? ジハードは聖戦であると、日本では言われていますが、聖戦であるかどうかは、本当は、イスラム教徒にも分からないのではありませんか?現時点では、多くのイスラム教徒がジハードを聖戦と解釈することしかできなかった。 コーラン(Quran)もイスラム法も、アッラー(Allah)の預言であるだろうと僕は判断しました。アッラー(Allah)の預言は、実現するまでは、人間には理解できない。 ダールアルイスラーム(Dar al-Isram)、まだ実現していない。だから、イスラム教徒にも、ダールアルイスラーム(Dar al-Isram)もジハードも理解できない。 今は、イスラム教徒も戦争をする。その理由は、この世界がダールアルハルブ(Dar al-Harb)だからでしょう。 ダールアルハルブ(Dar al-Harb)に住むイスラム教徒は、戦争をしないで問題を解決する方法を見つける事ができない。 ダールアルイスラーム(Dar al-Isram)が実現したら、イスラム教徒は、戦争をしない方法

NO.208 拝啓 習近平閣下 2 ウィグル民族に関する追伸

ウィグル民族はイスラム教徒です。イスラム社会が見ています。 中国政府によるウィグル族弾圧のニュースを日本でも見ます。日本のマスメディアは、中国を敵視して利益を得ています。日本のニュースからは、正しい事は、我々には伝わらないでしょう。 ただ、中国政府によるウィグル族弾圧の疑惑は、他の国々でも抱いています。国連は、ウィグルに監視団を派遣しようとしています。 イスラム諸国も、同じ疑惑を抱くでしょう。イスラム諸国は、中国がイスラム教の弾圧者であるとの疑惑を抱くかも知れません。 一帯一路は、イスラム諸国の参加を必要としているでしょう。中国は、イスラム教の弾圧者で無い事を、イスラム諸国に対して、証明する必要があると思います。 中国政府は、ウィグル族をテロリストと認識しているでしょう。そのような事例が、実在していたのでしょう。 しかし、ウィグル族がテロ行為を一切行わなくなる可能性は、十分にあります。ウィグルのイスラム教徒が、コーランの解釈を変更するだろうからです。このメッセージの最後で説明します。 中国は、宗教に対する方針を変えるでしょう。 中国は、以前は国内情勢だけに関心を持っていたでしょう。現在は世界第二位の経済大国となり、世界全体の情勢の中で、生きてゆかなければならなくなった。 宗教は、中国共産党政権に反対する者達に利用されていたでしょう。だから、中国政府は、宗教を弾圧することもあったのでしょう。 宗教団体が、中国政府に対するクーデターを行う目的で宗教の教義を利用したら、中国政府は対抗措置を行うでしょう。 中国政府は、統治責任を果たす事だけしか考えていないでしょう。 僕は、そう考えています。 中国政府は、宗教との共存を必要とするでしょう。世界各国との共存の為にです。 中国政府は、統治責任を果たす為に、宗教との共存を選択するだろうと思います。一帯一路は、世界の様々な宗教国家の参加を、必要とするでしょう。 中国政府は、宗教団体に対して、中国政府に協力する事を条件に、その宗教団体を保護するでしょう。 そして、僕はこの提案を行います。僕が提案を行わなくても、中国政府は、僕が提案する施策を実行するかも知れません。また、中国政府は、全く別の選択をするかも知れません。 ウィグル自治

NO.207 拝啓 習近平閣下

私は、習近平閣下と友人になれるだろうと思っています。閣下が、広大な中国の国土と14億の人々に対する統治責任を果たしている人だからです。 「何が為されるべきで、何が為されるべきでないか」の適切な判断を、習近平閣下は、為し得る人でしょう。そうでなければ、中国の国家主席に就任する事はなかったでしょう。 統治責任を果たしている閣下に対して、何の責任も果たしていない私が、内政干渉まがいの発言をする事は、人として恥ずべき非礼でしょう。しかしながら、私の希望を述べる事は差し支えないでしょう。 あらかじめ断言します。中国の政治をどうするかは、中国の人々が、中国の責任において決定する事です。 私の発言した内容を、中国政府が実行する事があったとしても、それは全くの偶然です。私は、自分が発言したことの意味を十分に理解しているとは限りません。中国政府は、中国政府の責任において、政策を決定します。 私は、この事を理解する者です。 日本政府の者達は、時々、恥を知らぬ発言をします。香港デモに関しても、前外務大臣が、中国の王毅外相に、一国二制度の原則を守るように要求した。中国に対して何の責任も負わない者が、統治責任を果たしている人達に対して、内政干渉をした。 日本政府や日本の国会議員達には、恥を知る事を理解できる者が、一人もいないようです。 習近平閣下、そして中国政府の皆さん。この者達による恥を知らぬ発言を無視してください。 私は、中国に民主選挙が実現する事を希望します。ただし、その選挙は、政権選択の選挙では無い。 中国に民主選挙が実現する。ただしその選挙は、知事を選択する選挙です。中国の政権は、中国の一党独裁です。現時点では、これが一番適切だと思います。多分、将来においても、中国共産党の一党独裁が最も適切でしょう。 政権は、統治責任を果たす義務を負います。政権たる資格は、統治責任を果たす事です。中国の広大な国土と14億人の人達に対して統治責任を果たす政権を選択する事に、民主主義は適切では無いでしょう。 中国の人々は、誰を選ぶ事が適切かを判断できないでしょう。中国の人々は、自分に利益を与えてくれる政権を望むでしょう。しかし、その政権を、中国の人々自身で選ぶ事はできないでしょう。 「政権を担当した人達が私に利益を与える事を

NO.206 拝啓(Dear) 英国の女王陛下

私は、英国王室の友人であり英国の友人である事を宣言する一人の日本人です。 私は、女王陛下に敬礼を送ります。敬礼を送られるべき人に敬礼を送る事は、人としての誇りであり喜びです。 スコットランド独立の国民投票の前後に、女王陛下は、スコットランドの人々に宛てたメッセージを発表しました。 国民投票の前には、女王陛下は、同胞として共に生きる事をスコットランドの人々に呼びかけました。 国民投票の後に、女王陛下は、スコットランドの人々に訴えました。「分裂してはいけません。スコットランドは、団結しなさい。」 スコットランドの人々にとって、手助けとなるメッセージだったと思います。 アイルランドの人々は、国家を複数に分断されています。政治的立場が異なる人々同士は、同じアイルランド人同士であっても、激しく対立する。国家を分断する事が、政治的意見が対立するアイルランド人同士による悲劇の生起を抑止している状態のようです。 ただ、ラグビーの時は、アイルランド人は、政治的立場の違いを乗り越えて団結します。 スコットランド独立の国民投票のニュース報道からは、流血の可能性は、一切感じられなかった。英国政府がスコットランド独立の独立を武力で阻止する可能性を、スコットランドの人々は、全く考えていなかったようです。 EUの人々に対するメッセージを、女王陛下は発表しました。「どんなに意見が異なっている相手でも、まず相手の人格を尊重して、その相手を受け入れて、相手と、話し合うべきです。」 女王陛下は、EUの友人として、今最も必要とされるメッセージをEUの人達に送りました。 王となる者として生まれたが故に、特別の使命を自分自身に課して生きてきた人。それが王なのでしょう。王も人間です。王も、間違いを犯すこともあるでしょう。この事は、王自身が深く理解しているでしょう。しかしながら、そのような人であるからこそ、為し得た判断と言うものも有るだろうと思います。 日本の天皇陛下も同じです。 かつての英国は、日の沈まぬ帝国でした。この帝国は、今は植民地がすべて独立して、連合王国(United Kingdam)となりました。 連合王国(United Kingdam)に参加している国々は、その国の意思で、連合王国(United King

NO.205 禁欲的プロテスタントの現時点でのイデオロギーが、世界経済に大恐慌を引き起こす。

2019年時点。大恐慌は、経済を完全に市場原理に委ねるから生起する。 2019年時点の世界経済には、世界経済における富の殆どを、少数の富裕層に分配するダイナミズムが組み込まれています。 この事が、世界経済に大恐慌を引き起こすでしょう。 参照記事 これが、一番、読みやすく書いているかな?読みにくかったら、ごめん。 NO.184   超低金利時代の世界経済大恐慌(Great Depression)の原理。デフレスパイラルになるとは限らないぞ。 別の参考記事 NO.183   僕のマクロ経済学。経済成長の原理。異端かも。 NO.190    大恐慌対策としてのケインズ政策 世界経済を完全に市場原理に委ね続けるのなら、世界経済が大恐慌に突入する事は避けられないでしょう。 しかしながら、禁欲プロテスタントの現時点でのイデオロギーが、世界経済を完全に市場原理に委ね続けることしか許さないのです。 大恐慌の原因となる、禁欲的プロテスタントの現時点でのイデオロギーについて。 参考記事。禁欲的プロテスタントの世界観について、まとめました。 NO.204   予定調和(Monad)   アメリカ人の世界観 キリスト教社会の職業労働を行う人達は、経済は市場の自由に委ねるべきであると強く信じていると思います。 これは、宗教的なイデオロギーです。 禁欲的プロテスタントは、職業労働を神様の命令であると解釈します。人が神様の御心に適うなら、天地の法則に従った現象が推移する事により、全ての苦難が解決される。 この予定調和(Monad)の思想を、禁欲的プロテスタントは信じているのだと思います。 神様が奇跡を起こして苦難を解決するのでは無い。宇宙の法則に従った現象が進行した結果、苦難が解決する状態に至るのです。 神が起こした奇跡の例。旧約聖書におけるモーセの出エジプト紀。 「ユダヤの人々にパレスチナの地を与える。」これがヤハウェのユダヤ人への約束でした。 モーセはヤハウェの命令に従って、ユダヤ人達を率いてエジプトを脱出した。 モーセとユダヤ人達が公開に辿り着いた時に、紅海に行手を阻まれた。 モーセがヤハウェに祈ったら、紅海が真っ二つに分かれて、海の底に人間が歩ける道ができた。神

NO.204 予定調和(Monad) アメリカ人の世界観

結論。アメリカ人の世界観。アメリカが神様の御心に適う(suitable)なら、神様の栄光がアメリカに実現する。 起源はアメリカの禁欲的プロテスタントの新約聖書の解釈 宗教改革者のカルヴァンと、彼の後継者達は、人が職業労働に従事する事は神様の命令であると解釈した。 人は日常生活の中で、その人の全ての人格と全て行動を、目的合理的に構築して、職業労働に従事しなければならない。マックスウェーバーは、プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神の中で、この事を提起した。 小室直樹先生は次のように解説した。まず、伝統主義社会の行動様式(Ethos)。人は、社会的習慣に従った行動を日常生活の中心にしなければならない。その他の行動、例えば職業労働は、社会的習慣の妨げにならない範囲で行わなければならない。伝統主義社会では、このように考えられている。 歴史上、世界の殆ど全ての社会が、この伝統主義社会である。ただし、ただ一つの例外が存在している。 カルヴァニズムは、人々の行動様式(Ethos)を根本的に変革した。その人の全人格とその人の全ての行動を、特定の目的実現の為に目的合理的に再構築する。この行動様式(Ethos)の変革を、カルヴァニズムは実現した。 マックスウェーバーは、「これは、歴史上唯一の社会革命の思想である。」と指摘した。小室直樹先生は、マックスウェーバーのこのコメントを紹介した。 カルヴァンは、人が職業労働に従事する事は、神様の命令である解釈した。そしてカルヴァンは、人が職業労働に従事する事は、その人の救済とは関係ないと解釈した。 ある人が救済されるか否かは、天地創造の以前に、神様が既に決めている。神様は、人類の大部分の人達を、天地創造の以前に永遠の死に定め、少数の者達を救済に定めた。この神様の決定に変更はない。人間の努力では、神様の決定を変更する事はできない。 これは、予定説です。新約聖書のローマ人への手紙(Epistle to the Romans)のテーマです。 人が職業労働に従事する目的は、その人の救済の為では無い。人は、神様の命令を守っても救済されない。・・・この言い方は、正しく無い。滅びに定められた者達は、神様の命令を守る事ができない。ただ、誰が神様の命令を守っていて、誰が神様の命令を守れないかは、人

NO.203 ヒトラーの生家が、オーストリアの警察署となる。

オーストリア政府は、ネオナチスの人々に真正面からメッセージを送りました。ネオナチスの人達は、人格を否定されなかった。 歴史を直視しなければ、悲劇は繰り返されます。 オーストリア政府は、ヒトラーの成果の処置の仕方に苦慮していたと聞きました。オーストリア政府は、ヒトラーの生家がネオナチスの聖地となる事を阻止しする為の努力を続けてきたと聞きました。 オーストリア政府は、ヒトラーの生家を強制的に国有化して管理し続けてきた。先日、オーストリア政府は、この建物を警察署にする事を決定しました。この建物が、ネオナチスの聖地として利用される事を許さない強い意志を示す為だと聞きました。 オーストリア政府は、この措置がネオナチスの人たちに対するメッセージである事を宣言しました。 僕は、一つの危惧を持ちました。 現在も、多くの人々がネオナチスの支持者となると聞きます。その人達が、ネオナチスを支持する事には理由があります。 ネオナチスの支持者達は、ネオナチスを支持しない選択もできました。しかし、その人達は、ネオナチスを支持する事を選択しました。その人達が、この選択を行った動機の背景には、重大な社会的問題が存在していでしょう。 その問題は、過去から解決されないまま、ずっと継続しているのかも知れません。その問題は、ヒトラーに問題意識を抱かせ、ナチスを誕生させたかも知れない。問題の本質を直視しない限り、悲劇は繰り返される。 色人種である僕にとって、ヒトラーの民族主義は危険を意味するかも知れません。 しかし、現実を直視できない事によって生起する悲劇は、僕にとって、より大きな危険でしょう。 第二次世界大戦の悲劇の繰り返しは、何としてでも阻止したい。 ヒトラーの生家を、歴史資料館とする提案を行おうかとも、一時は考えました。ネオナチス 、反ナチスの人達の主張に、真正面から向かい合う為です。相手の人格を否定する事は、必ず悲劇を引き起こしますから。 しかし今は、オーストリア政府の選択が、適切であるだろうと判断します。 第二次世界大戦当時のユダヤ人は、戦う準備ができていなかった。今のユダヤ人達は、戦う準備ができているでしょう。 ネオナチスの人達の目的は、何でしょうか?祖国から移民を追放する事でしょうか?そして、再びユダヤ人達を祖国

NO.202 因果律と輪廻転生(Metempsychosis)と森羅万象(all things in nature)と唯識(Yogachara)説 ヒンズー教徒とインド人の行動原理

インド人の数学的能力が、世界最高である理由 インド人の数学的能力は、カースト制度の原理により鍛えられたのかも知れません。 インド人の大多数はヒンズー教徒です。 ヒンズー教徒の人生の目的は、来世でより良いカーストに生まれる事。ヒンズー教徒は、この事に希望を持つ。ポシティブなモチベーションを持って生き続ける。 この輪廻転生(Metempsychosis)を支配する法則は、因果律です。良い因(cause)により良い果(effect)が生起する。 ヒンズー教徒は、必然的に因果律に強い関心を持つ事になり、因果律で施行する訓練を積む事になるでしょう。 ヒンズー教徒の問題意識と行動原理 ヒンズー教徒は、生まれながらにカースト制度に支配されます。ヒンズー教徒は、その人が生まれたカーストにより差別を受けます。 ヒンズー教徒が所属するカーストは、その人が生きている間は絶対に変更されません。 ヒンズー教徒にとって、カーストは宿命となるでしょう。ヒンズー教徒は、その人が所属するカーストにより、その人の人生が決まる。 ヒンズー教徒は、その人が所属するカーストにより、苦しみの境遇となる事もある。ヒンズー教徒は、その人が所属するカーストにより、差別を受け続ける。 「私は、何故、こんなに苦しみ続けなければならないのか?」ヒンズー教徒は、最初にこの問題意識を持つだろう。 ヒンズー教徒は、ヒンズー教の教義により、この設問の解答を与えられる。 「あなたが前世で悪い因(cause)を作ったから、この現世で悪い果(effect)となった。あなたは、前世での行いの報いを、現世で受けているのである。」 ヒンズー教徒にとって、その人の宿命を解決する事が、人生における最重要なテーマとなるでしょう。 この宿命を解決する事が、ヒンズー教徒の動機となり、その人の全ての行動を決定するでしょう。 再び、インド人の知性について インド人には、ヒンズー教徒でない人々も、大勢います。その人達も、成長期の人格形成に、インド社会の諸特性の影響を大きく受けているでしょう。インド社会の諸特性は、ヒンズー教徒により築かれたでしょう。 それゆえに、インド人の知性について考える為に、ヒンズー教徒の知性について考察します。 結論を述べます。インド人は、高等数

NO.201 香港選挙の結果について、状況を整理しましょう。

繰り返しますが、民主主義とは、政権選択に市民が全責任を負う事です。 前回記事   NO.198   香港デモは、民主主義の敵です。 今の香港が民主主義を成功させる事ができるとは、僕には、とても思えません。民主主義の目的は、政治を成功させる事です。政治を成功させる政権を、市民が選択する事です。 選択した政権に、市民が全責任を負わなければなりません。 仮に香港が独立するのならば、香港市民が、国防の全責任を負わなければなりません。中国の軍事力が保護してくれなくなれば、香港侵略を意図する者達も出現するでしょう。 香港の他の国々との外交も、香港市民が全責任を負わなければならない。中国政府の保護が無くなれば、他の国々は、香港に強硬な外交要求をしてくる可能性が出てくるでしょう。 それどころでは無い。中国政府の保護が無ければ、様々な者達が、香港を争奪する為の争いを始めるでしょう。 今の香港に可能な民主化は、中国政府の保護を受けながら、民主主義ごっこをする事だけでしょう。 それでも、香港か保護してくれる中国政府に感謝して、中国政府に協力をするのならば、香港の民主化を、中国政府は許可してくれるでしょう。 僕はまず、このことを明確にしなければ、次のステップに進めません。 僕はまず、香港の民主主義は、この程度のレベルに過ぎない事を、まず明確にする事から始めます。 過去最高の70%の投票率と、民主派の候補者の支持が親中派の支持を大きく上まったことの意味。 一つ大きな意味を持つ事は、大多数の香港市民が、自らの意思を宣言する事を選択した事です。 この事実は、決定的な影響力を有する事実です。過去の選挙では、過半数の香港市民が、自らの意思を宣言する事を選択しなかった。 今回の選挙は、行政権の獲得に直結しない選挙です。にも関わらず、大勢の香港市民が過去には行わなかった投票行動を選択した。 香港市民は、自らの意思の宣言を行う事を選択した。 ここで一つの設問をします。 投票行動を選択した人は、一体、何を指示したのか? 民主派の候補者に投票した人々は、何に対する支持を意思表示したのでしょうか? 香港市民は、香港デモ、或いは、香港の民主化団体そのものを支持したのか? 香港市民は、民主主義のイデオロ