NO.160 江戸時代末期、江戸幕府から明治政府への政権の移譲は、江戸幕府が主導権を握って行われた。 ・・・ テーマラベル : 日本政府の危機管理能力の不在。致命的でしょう。


江戸時代末期、江戸幕府から明治政府への政権の移譲は、江戸幕府が主導権を握って行われた。

僕は、そう思います。

前回の記事の最後で言及しました。江戸幕府は、既存の計画を全て白紙に戻して、新しい計画をゼロから作り上げる事を為し得たと思います。
江戸の町の大半が焦土と化した明暦の大火(Great fire of Meireki)の後、江戸幕府は、江戸の町を火災に対応できる都市に作り替えました。
既存の都市計画を白紙に戻し、ゼロから新しい都市を作り上げました。
火災後の復興の為の、物流システムまで整備しました。

江戸幕府は、状況を適切に分析して、必要な施策を採用する事ができました。
その為に、既存の計画を白紙に戻しました。

徳川13代将軍家定の妻の天璋院は、NHKの歴史ドラマでも描かれました。僕は、彼女が有能な政治家だっただろうと思っています。

江戸城明け渡しは、西郷隆盛と勝海舟(Katu Kaisyu)の話し合いで成立しました。

しかし、この成功の鍵を握っていた者は、天璋院だったと思います。

勝海舟(Katu Kaisyu)を、評論家の山本七平氏は、当時の世界第一級の政治家と評しました。
勝海舟(Katu Kaisyu)は、江戸時代末期の幕府軍と薩摩長州連合軍との戦争で、幕府軍が勝利する作戦を理解していました。
その作戦を理解していた者は、勝海舟(Katu Kaisyu)だけでは無かったとの事です。
幕府の海軍力を利用して、大阪湾から、薩摩長州連合軍を攻撃するものでした。
明治政府の松方正義に、何故、その作戦を実施しなかったのかと、勝海舟(Katu Kaisyu)は質問された。
「幕府がその作戦を実行したら、薩摩長州軍は、天皇を連れて西国に敗走する。
日本は、東西を二つに分断する内戦状態になる。
幕府はフランスから借金をする。薩摩長州はイギリスから借金をする。
そんな内戦が、五年間も続けば、どうなりますか?」
松方正義は、勝海舟(Katu Kaisyu)にそう言われたらしい。

日本は、開国を余儀なくされた。帝国主義時代の世界情勢の中で、日本が生き延びる為には、幕府が新政府に政権を移譲するしか選択肢は無い。
これが、幕府の結論だった。
幕府は、この政権移譲のプロジェクトのリーダーに、一下級武士だった勝海舟(Katu Kaisyu)を起用した。これだけの柔軟性を、政権末期の江戸幕府も、備えていたと言う事でしょう。
この勝海舟(Katu Kaisyu)の起用は、天璋院のマネジメントによるものでしょう。
勝海舟(Katu Kaisyu)は、下級武士だから、幕府軍も薩摩長州軍も、十分に信頼しなかったでしょう。
しかし、天璋院は、この両方からの信頼を得る事ができた。
だから、江戸城明け渡しは成功した。

この天璋院は、薩摩の領主の島津家の生まれです。島津は外様(Tozama)大名です。徳川家が伝統を重視するだけの家系なら、島津家の娘を、徳川将軍の妻に迎え入れる事は、あり得なかったでしょう。

徳川幕府は、天璋院の有能さを評価して、徳川将軍の妻として迎え入れるだけの柔軟性を、幕府の末期の時代でさえも、備えていたのでしょう。


TOP記事
Lady MさんへのMessage

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。