NO.094 その者は、世界経済を、大恐慌(Great Depression)から救う。・・・  テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Great Depression


現在の世界情勢には、極端な貧富の格差(Economic inequality)が成立している。
僕は、過去の記事で何度も言及を繰り返してきたけど、概要を繰り返すよ?・・・僕は、マクロ経済学の基本の部分は、理解していると思います。
この状態は、世界経済に大恐慌(Great Depression)を引き起こす。
大量の失業者が、出現する。失業者は、所得を得られず、商品を購入できない。多くの企業業績が悪化する。業績が悪化した企業は、従業員を解雇し、更には企業そのものが倒産する。
更に大量の失業者が出現し、更に多くの企業業績が悪化する。
これにより経済循環が、断ち切られる。

大恐慌は、不況ではありません。不況は、自然治癒します。大恐慌は、世界経済の破壊です。
破壊された経済は、崩壊のプロセスに突入します。

現在の世界経済で、大恐慌(Great Depression)を引き起こす原因を生み出しているものは、世界の金融市場でしょう。
資産家の資産が、世界の金融市場で運用されている。投資家達は、世界の金融市場で、資産家の資産を運用して、大きな利益を獲得する。



投資家達が獲得する利益は、世界経済から吸い上げられている。結果として、世界規模で所得の低い人達が、略奪を受けている状態になっている。
僕は最初、収奪(Syudatu)と言う言葉を使っていました。Google翻訳でseizeやtake awayと翻訳され 、意図が十分伝わる翻訳になっているか僕の英語力では判断だきなかった。だから、略奪と言う言葉を使用しています。
大恐慌の深刻さを、訴えたかったのです。

結果としてですが、世界金融が、全世界から略奪を行い、その結果、全世界規模で貧困(Poverty)層が拡大する。その貧困(Poverty)層が地域紛争など、戦争の原因となり、また、大量の難民を生み出す。

貧困(Poverty)層の人々は、所得を満足に得られません。失業者と、同じです。貧困(Poverty)層の人々は、商品の購入を、殆どできません。
全世界規模での貧困(Poverty)層の拡大は、いずれ経済循環を断ち切ります。世界経済は、大恐慌に突入します。
ここで、資産家達が、獲得した資産を世界に還元すれば、世界経済の大恐慌(Great Depression)要因は、解消されます。

しかしながら、禁欲的プロテスタントの職業倫理が、その制約となっています。
禁欲的プロテスタントは、新約聖書を解釈して、職業労働を、神の命令であると解釈します。
そして、職業労働により得られた利益を、その人が、救済に定められた証であると解釈します。
そして、人が、得られた資産を、少しでも大きく増やすことが、神様の命令であると、禁欲的プロテスタントは、解釈します。

資産家の資産は、神の所有物であり、資産家は得られた資産を管理する義務を負うと認識されています。

即ち、資産家達は、世界金融で運用している資産を、少しでも大きく拡大させ続けなければならないのです。

「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」には、禁欲的プロテスタンティズムは、個人の金銭欲を肯定したと記載されています。
職業労働により利益を獲得する事が、神様の命令であると解釈された為です。

ドイツの社会学者のマックスウェーバーは、禁欲的プロテスタントの行動様式を分析しました。
彼の分析結果が、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」に記述されています。

インターネットのフリー大辞典のウィキペィディアに、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」の記事が掲載されています。
この記事の記載は、適切だと思います。
僕は、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」を理解できます。
以前は、ウェーバー研究の歴史は、誤読の歴史であると言われていたと聞いています。
今の時代は、ウェーバーを理解している人は、少なくないだろうと思います。

ちなみに、禁欲的プロテスタンティズムの原点であるカルヴァニズムでは、「職業労働で得られた資産は、神による救済の証である。」とは、見なしていません。
予定説の恐怖から、心が救われる為に、 
「職業労働で得られた資産は、神による救済の証である。」と解釈されるようになりました。

ウィキペィディアの記事でも、この事は、端的に指摘されています。

マックスウェーバーが創始した宗教社会学の価値は、大きいと思います。
例えば、イスラム教徒の行動様式を分析し、理解する事に、重要となるでしょう。
キリスト教徒と、イスラム教徒の間の問題を解決する事に、必要不可欠となるでしょう。
今、キリスト教徒と、イスラム教徒の間には、解決困難な問題が、数多く存在しているでしょう。
僕は、その問題が解決困難である大きな原因に、キリスト教徒にとって、イスラム教徒の行動様式が、理解困難なことがあると思っています。

僕は、過去の記事で一度、聖書の思想が、世界情勢の性格を、大きく決定づけた事に言及したことがありました。
聖書の思想は、世界の構造を変革し得る革命思想と思います。破天荒な天才が生み出した思想だと思っています。

「聖書は、神様が書かれた書物ですよ。」と言われたら、僕は、納得してしまいます。

今後も、聖書の思想について、言及するだろうと思います。世界情勢に、決定的な影響力を持つ革命思想ですから。



この記事のテーマに、戻ります。

キリスト教徒である資産家は、禁欲的プロテスタントの職業倫理に発想を制約されて資産を扱います。
彼らは、世界金融で資産運用して、得られた利益を、そのまま貯蓄し続ける事しか選択できません。
その結果、貧富の格差(Economic inequality)は拡大を続け、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥ります。

これに対して、イスラム教徒は、禁欲的プロテスタントの職業倫理による制約からは、自由です。
彼らは常イスラムの目的の実現の為に、最大限に効率的に、世界金融を利用するでしょう。サウジアラムコにとって、サウジアラムコ自身が、イスラムの目的実現のための道具に過ぎないでしょう。


イスラムの目的に関しては、過去の記事で、何度か言及しました。

ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)について、僕は、以下の記述を唯一の根拠にしています。

インターネットのフリー百科事典のウィキペディアで、ジハードについて、調べてみました。以下に、引用します。
この記事は、日本の平凡社の世界大百科事典からの転機であるとの事でした。
著作権の問題は、解決されていると判断しました。

「イスラム法の理念では,世界はイスラムの主権の確立されたダール・アルイスラームでなければならない。まだその主権が確立されていない世界は,ダール・アルハルブdār al‐arb(戦争世界)と定義され,そこではイスラムの主権が確立されるまでジハードが必要となる。」

ジハードの語源は、「努力。」らしい。世界平和を実現させる為に、イスラム教徒は、不断の努力をしなければならない。
この努力は、永久的に継続されなければならない性格のものらしい。
世界平和を実現させて、それを維持する努力は、人類が存続する限り、維持され続けなければなら無い。
これは、歴史の鉄則です。

イスラム法の目的は、アッラーの命令を、この現実の世界で実現させる事でしょう。
コーラン(Quran)は、アラビア語で朗読されなければならないとされています。アッラーの言葉は、アラビア語でムハンマドに伝えられた。
それが、コーラン(Quran)でしょう。
アラビア語でなければ、アッラーの言葉は、正しく伝わらない。
コーラン(Quran)をアラビア語から他の言語に翻訳したならば、その翻訳された文章は、もはやコーラン(Quran)では無い。誰かが、その文章を読んだとしても、アッラーの意思は伝わらない。
言い換えるなら、コーラン(Quran)のアラビア語には、アッラーの力が働いている事になるでしょう。
ならば、アラビア語でコーラン(Quran)を読んだ者が、イスラム法を作ったならば、そのイスラム法は、アッラーの意思である。
人は、コーラン(Quran)の他言語への翻訳を読んでも、アッラーの意思は理解できないが、イスラム法を読めば、アッラーの意思を知ることができる。

イスラム法は、アッラーの意思です。アッラーの意思は、現実の世界で、実現する。
イスラム法は、現実の世界で実現する事になる、アッラーの意思を、最初に述べたものである。
これは、預言でしょう。

イスラム法に要求される事は、アッラーの命令を、この現実の世界で実現させる事に、成功する事でしょう。
現実の世界での成功を実現させる為に、現実の世界の原理に適した方法が、採用されなければならない。

サウジアラムコの目的は、ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)の実現です。それが、イスラム教徒の義務だからです。
ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)の目的は、戦争のない世界の実現です。
イスラム世界だけが、戦争のない世界を実現できる。
この目的の為に、イスラム世界は、全世界に、自らの主権を確立させなければならない。

ここで、主権国家とは、キリスト教世界の制度です。国家主権とは、キリスト教世界の理念です。
従って、ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)は、主権国家である必要はない。
また、ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)の主権は、国家主権である必要はない。

ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)の理念は、国際連合憲章の原則に、他ならないでしょう。
ただ、国際連合は、国際連合憲章の原則の実現を成し得ていないが、ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)は、これを成し遂げる。

これは、イスラム法に記された預言の成就です。

この目的の為に、サウジアラムコは、全ての意思と力を投入するでしょう。
サウジアラムコは、全ての力を、目的実現の為に、合理的に投入するでしょう。
サウジアラムコは、サウジアラムコ自身を担保にして、世界金融で200兆円の信用創造(Money Creation)で資金調達する。
最初は、中東とアフリカ全土に投資事業を実行するでしょう。
戦争の原因となる、貧困(Poverty)地帯を、消滅させるでしょう。
アフリカの全ての民族に、安住の住処を提供する。全ての人々に、職業を提供する。

異教徒に、イスラム教の信仰を強制する事は絶対にない。
キリスト教徒は、内面における信仰の自由の権利を奪われることを、絶対に、許さないでしょう。
キリスト教徒は、信仰を守る為に、最後は、戦争を選択する。
戦争のない世界を実現できないイスラム世界は、ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)では無く、ダール・アルハルブdār al‐arb(戦争世界)です。

イスラム原理主義者が行う自殺爆撃は、彼らにとっては、ジハードです。
ジハードの目的は、ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)の建設です。
従って、ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)が実現すれば、イスラム原理主義者は、ジハードを行う必要は無くなります。
従って、ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)が実現すれば、自殺爆撃は、行われなくなります。

サウジアラムコが行うであろう、投資事業は、ケインズ政策です。

投資事業を行なって、失業者を雇用して、賃金を支払う。
所得を得た人は、商品を購入するから、断ち切られていた状態の、経済循環が再開する。

キリスト教社会におけるケインズ政策は、禁欲的プロテスタンティズムの職業倫理の制約の為、採用できる方法が限られます。
政策の主体も、この制約のために、政府に限定されます。

投資資金を調達する方法も、中央銀行による、政府からの買いオペレーションに限られます。
政府が国債を発行する。中央銀行が、新たに通貨を発行して、国債を購入する。

イスラム社会のこのケインズ政策の主体は、一企業であるサウジアラムコです。
資金調達の方法は、金融市場における信用創造(Money Creation)です。
サウジアラムコは、200兆円の数倍の規模の、資金調達を実現するだろうと思います。

キリスト教徒は、禁欲的プロテスタントの職業倫理に、発想の制約を受けます。
この制約から自由なイスラム教徒は、キリスト教徒の想像を超えたイノベーションを実現させるだろうと思います。

最後に、この職業倫理は、禁欲的プロテスタントの聖書の解釈により決定しました。


TOP記事
Lady MさんへのMessage

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。