NO.089 ジハードの目的は、戦争を無くす事。世界平和の実現です。・・・  テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : 宗教社会学、ジハード、キリスト教徒、イスラム教徒


インターネットのフリー百科事典のウィキペディアで、ジハードについて、調べてみました。以下に、引用します。
この記事は、日本の平凡社の世界大百科事典からの転機であるとの事でした。
著作権の問題は、解決されていると判断しました。

「イスラム法の理念では,世界はイスラムの主権の確立されたダール・アルイスラームでなければならない。まだその主権が確立されていない世界は,ダール・アルハルブdār al‐arb(戦争世界)と定義され,そこではイスラムの主権が確立されるまでジハードが必要となる。」

ジハードの語源は、「努力。」らしい。世界平和を実現させる為に、イスラム教徒は、不断の努力をしなければならない。
この努力は、永久的に継続されなければならない性格のものらしい。
世界平和を実現させて、それを維持する努力は、人類が存続する限り、維持され続けなければなら無い。
これは、歴史の鉄則です。

ムハンマドの時代に、イスラム教徒が、このジハードを実行しようとしたら、間違いなく戦争になったでしょう。


そして、その戦争は、古代や中世の戦争でした。あらゆる残虐行為が行われ、負けた陣営は皆殺しにされた。生き残った者達は、奴隷にされた。
当時のイスラム教徒は、ジハードの方法として、戦争しか選択肢を得られなかった。

その為に、ジハードの = 聖戦と、誤解が後世に伝えられた。

そして、多くのイスラム教徒も、ジハードの = 聖戦と、コーラン(Quran)を解釈していたでしょう。

以下は、コーラン(Quran)の解釈に対する、僕の判断です。
イスラム教では、人は、コーラン(Quran)を読んで、自分自身で解釈し、その解釈を実行する事が要求されているでしょう。
人が、コーラン(Quran)を正しく解釈することは、要求されていないでしょう。
イスラム教では、人は、アッラーの真理を正しく理解出来ない事が、前提とされています。
だから、最初から、コーラン(Quran)を正しく解釈することは、要求されない。
人に要求される事は、コーラン(Quran)を読んで解釈を行なって、その解釈を実行する事です。
専門の教育を受けた教師に、コーラン(Quran)を解釈してもらって、その解釈を実行する事が、一般に行われているようです。
イスラムの宗教指導者は、その教師の職にある人です。

同じ人でも、その者が置かれた環境により、コーラン(Quran)の解釈は、異なるでしょう。
同じ人でも、その時の精神状態により、コーラン(Quran)の解釈は、変わるでしょう。
コーラン(Quran)の解釈に、その人の精神の邪悪さが影響することもあるでしょう。

しかし、このような事は、問題にされないだろうと思っています。
人は、自らの邪悪さを、どうすることもできない。人は、真理を理解する事をできない。人は、自分の力で、善を行う事ができない。
人が、そのような無力な存在であることを、イスラム教は、前提としているでしょう。

イスラム教徒に要求される事は、コーラン(Quran)を解釈して、その解釈した内容を行う事です。
それコーラン(Quran)を解釈して、その解釈を行う事により、アッラーは、その人の魂を天国に入れてくれる。
イスラム教では、そのように、考えられていると判断します。

イスラム国の指導者が、「イスラム教は、闘争の宗教である。」と、発言した事がありました。
彼には、コーラン(Quran)を、そのようにしか解釈することしかできなかったのだろうと思います。
彼は、自分の魂が天国に入る為に、自分自身でコーラン(Quran)を、解釈したのでしょう。

イスラム教では、現実の世界に、どんな残虐な事が行われようと、問題にはされないように思います。
人の魂が、天国にゆく事こそが、重要なのでしょう。
人は、自らの邪悪さを、どうすることもできない無力な存在です。
そのな者が、コーラン(Quran)を解釈して、その解釈した事を実行したら、アッラーは、その人の魂を天国に入れてくれる。

ある宗教指導者は、この今の世界の中で生きているから、「自殺爆撃は、ジハードである。」としか、コーラン(Quran)を解釈できなかった。

この今の世界には、イスラムの主権は確立されていない。
この今の世界は、ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)ではない。
この今の世界は、戦争世界のダール・アルハルブ(dar al‐arb)である。

この今の世界が、ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)だったなら、その宗教指導者は、コーラン(Quran)を違った解釈をしたかも知れない。

敬虔なキリスト教徒は、この事を理解したならば、深く悲しむと思います。「キリスト教的世界である今の国際社会が、この小さき者の、つまずきの石となってしまった。」
イエスでさえも、信仰の弱い者にとって、つまずきの石となる事も有り得るという事が、新約聖書に記述されていると、僕は解釈しています。
イエスは、この小さきイスラム教徒の為にも、十字架にかけられ血潮を流したのです。

敬虔なキリスト教徒は、一人の小さきイスラム教徒のつまずきの石とならない為に、ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)の建設を、受け入れるだろうと思います。
キリスト教徒にとって重要な事は、内面における信仰が守られる事です。

近代の国際社会では、ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)が建設された事は、ありません。
誰も、ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)を見た事がない。そして、イスラム教徒自身が、建設されるダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)がどのような世界になるかを、現時点においては、想像できない。
イスラム教徒は、実現したダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)を見て、コーラン(Quran)を解釈するでしょう。
イスラム教徒自身、自分がどのような解釈を行うだろうかを、その時にならなければ、わからない。

一つ指摘される事は、建設されたイスラム世界は、キリスト教徒の内面における信仰の自由が、完全に尊重された世界でなければなりません。

敬虔なキリスト教徒は、国際社会が、一人の小さきイスラム教徒のつまずきの石とならない為に、国際社会全体が、イスラム世界となることも、受け容れるかも知れません。
しかし、敬虔なキリスト教徒は、内面における信仰の自由の権利が奪われる事を、絶対に、許しません。
キリスト教徒は、信仰の自由の権利を守り抜く為に、最後は戦争を選択します。
そうなったら、そのイスラム世界は、もはや、ダール・アルイスラーム(dār al‐Islām)で有りません。ダール・アルハルブ(dār al‐arb)、戦争世界です。

サウジアラムコが、200兆円の信用創造(Money Creation)により建設するイスラム世界は、イノベーションを実現させるでしょう。

禁欲的プロテスタンティズムにおける職業倫理は、職業労働により得られた資産は、神の恩恵の証であると解釈しています。
キリスト教徒は、資産を増やし管理する義務を負うと、解釈しています。
この解釈により、現在の世界金融システムは、大きな制約をかけられていると思います。
この制約が、貧富の格差(Economic inequality)を拡大させ、世界経済に大恐慌を引き起こす要因となっていると、思います。
この事を、僕は、過去の記事で、言及してきました。

イスラムのサウジアラムコは、この制約から自由です。
彼らは、イスラムの目的の為に、資産を消滅させることも厭わないでしょう。
200兆円の信用創造(Money Creation)の効果を最大限に発揮させて、中東からアフリカ全土に投資事業を行うでしょう。

この投資事業は、有能な政治家の資質を備えた人達のヴィジョンにより、実行される可能性があります。

投資事業の成功は、更なる信用の拡大を生み。更なる規模の資金調達を可能にするでしょう。
そして、更に大規模な投資事業を可能にするでしょう。

投資資金の規模は、最終的には、200兆円の数倍に及ぶかも知れません。

この投資事業は、世界経済の強力な経済循環を実現させて、世界経済の大恐慌(Great Depression)要因を解消させるでしょう。
そして、全てのアフリカの民族に、安住の土地を提供する世界を、建設するでしょう。


TOP記事
Lady MさんへのMessage



コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。