NO.056 世界経済成功の鍵は、資産家達のノブレスオブリッジ(Noblesse oblige)だろう。 資産家達は、現実の事業における成功者だ。彼らは、世界経済の本質を、自らの仕事において、理解するに至っているはずだから。 イノベーター達は、デフレスパイラルの現実化に直面したら、彼ら自身の対処法を実行するだろうと思います。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学


前回の記事において、僕は、デフレスパイラル対策として、資産家達に、失業者の雇用を目的とした慈善事業を提案しました。
公開後に、僕は、その記事を審査しました。基本的には、僕の認識は、適切だったと今も思っています。
今回の記事は、前回の記事を捕捉する内容です。

https://keitayamada.blogspot.com/2019/08/sisanka-jizenjigyoe-defurekokufuku.html

前回の記事のテーマは、デフレスパイラル対策でした。
デフレスパイラルは、僕は、貧富の格差が拡大する事によって生起すると思っています。
経済は、循環する事により機能します。
人々は、所得を得て、産業が生産する商品を購入します。人々は、他方で、産業の生産活動に従事し、労働者として商品を生産します。
その商品が購入される事により、産業は収益を得て、労働者に賃金を支払います。
そして、賃金を支払われて所得を得た人は、再び、商品を購入します。
経済は、この循環を繰り返して機能する。

社会の富が、少数者に集中して、社会の多くの人々が十分な所得を得られ無い事態が生起すると、人々は商品の購入をできなくなる。
経済の循環が、断ち切られる事になる。
人々が所得を得られなくなって、商品の購入をできなくなり、その事により多くの企業の業績が悪化する。
業績が悪化した企業は、労働者を解雇し、更には、その企業そのものが倒産する。
大量の失業者が出現し、失業者は、所得を得られない為に、商品の購入をできないから、ますます多くの企業の業績が悪化する。

過去の記事で何回か述べましたが、産業が生産販売する商品が、どれだけ購入されて代金が支払われるかが、経済成長の鍵です。

GDP = 総投資 +  総消費

この総投資も、総消費も、産業が生産販売する商品が、どれだけ購入されて代金が支払われるかにより決まります。


単なる不況なら経済は自律的に回復しますが、デフレスパイラルは経済を破壊しますから、経済は自律的回復をできない。
デフレスパイラルに陥った経済は、外部から修理を加えなければ、補修されない。

ケインズ政策は、デフレスパイラルの克服策です。
政府が、失業者を雇って公共事業を行い、雇われた元失業者に、賃金を支払う。
その元失業者は、得られた所得で商品を購入し、経済の循環が再開する。
僕は、富が集中した資産家に課税して、公共事業の資金とする案を指摘しました。


そして、資産家の人達に、政府に課税される前に、自らが、失業者を雇用しての慈善事業を行う提案をしました。

現在、世界各国政府や国際機関は、ケインズ政策を採用しません。超低金利政策により、経済を循環する資金量を増やして、人々に所得を得させて、商品の購入を活発化させようとします。

しかしながら、この施策は、貧富の格差を拡大させて、デフレスパイラルの危険を高めるだけの結果になっているように思いました。

経済政策としては、ケインズ政策が有効なのでは無いかと思っていました。
しかし、今は、この事に疑問を抱いています。

ヒトラーが実行したケインズ政策について。
ドイツ政府が国債を発行する。その国債を、中央銀行が購入する。中央銀行は、マルク通貨を新たに発行して、ドイツ政府に支払う。ヒトラーは、国債発行代金を資金源として、軍需産業やアウトバーンなどに公共投資した。

ケインズ政策の問題点は、政府が作成した政策プランにより、成否が決まってしまう事でしょう。
経済情勢を適切に把握して、適切な投資計画を策定する事は、簡単なことでは無いでしょう。
そして、最大の問題点は、政府自身の利益の為に、投資先が決められる事が起こり得る事です。

不適切な政策プランによるケインズ政策が実行されていたら、経済に深刻な障害を引き起こしていたかも知れません。

敗戦国から支払われた賠償金を財源にして、政府の指導者が、自らの政策プランでケインズ政策を実施した国家がありました。
その国家は、国土が荒廃した状態から、経済の高度成長を実現して、経済大国となった。
しかしながら、特権階級が、社会の資産の全てを独占する状態が生み出され、現在も大きな弊害となっているようです。

その国の産業は、極めて虚弱な体質のようです。大きな保護を受けていないと、たちまち崩壊の危機に陥る。
その国の産業は、自律的に、危機を克服することができないようです。

政治指導者が、権力を行使して、経済を支配しようとしたら、失敗する可能性が高いでしょう。
ヒトラーのケインズ政策が成功した理由は、ヒトラーが、本質を見抜く洞察力を備えていた為だと思います。
ヒトラーは、マルクの魔術師と呼称されるシャハト博士を起用した。シャハト博士は、ヒトラーについて、こう言及している。
「ヒトラーの命令は、いつもシンプルなものだった。しかし、その命令を実行したら、驚く程の効果があった。」

全ての政治指導者が、ヒトラー程有能とは、限りません。

多くの発展途上国で、政治指導者達が、ヒトラーと同じ手法で、ケインズ政策を実行しようとしてきたでしょう。
政府が発行した国債が、中央銀行に購入された。中央銀行は、新たに通貨を発行して、国債の代金を支払った。
しかしながら、その新たに発行された通貨は、国内の産業には投資されず、輸入品の購入に使われる結果となってしまった。

その結果、その国の通貨はハイパーインフレに陥り、社会は崩壊した。

ある金融の国際機関は、頻繁に、様々な国々の、経済政策や金融政策を指導しようとします。
その金融の国際機関は、指導を行う相手の国の経済を、間接的に支配しようとしています。
しかしながら、指導を受けた国家が、その国際金融機関の指導に従った事により生起した結果に、その国際金融機関は、一切責任を負いません。
その金融の国際機関の指導に従った国々の経済は、必ず、失敗するでしょう。




市場の原理に全てを委ねる事で、経済は、最も適切な均衡が得られる事にはなる。
その最も適切な均衡の状態は、理想状態とは限らない。重大な危険要因を、併せ持つ事も有り得る。
世界経済は、市場の原理に経済が委ねられてきたから、解決された問題は、少なくなかっただろうと、今は、僕は思います。
ただ、著しい貧富の格差という弊害は、引き起こされた。

しかしながら、世界規模で、広い階層の人達に、自家用車やパソコンやスマートフォンが普及する状態も実現しています。

資産家達は、ビジネスでの成功者達です。自らのビジネスを成功させる為には、経済情勢を適切に理解して、適切なヴィジョンを構築する事が必要だったはずです。

数々のイノベーションを実現させて、最初は小規模な企業から出発して、その企業を、世界規模の超巨人企業へと成長させたイノベーターも、少なくありません。

彼らには先見性があり、未来に対する適切なヴィジョンを構築できたはずです。

数々のイノベーションを実現させたイノベーターは、彼らの事業で、多くの雇用を生み出してきたはずです。

彼らは、先見的な洞察力に従って、行動してきたはずです。
経済に生起した様々な問題は、彼らの事業にとっても障害になったはずだから、彼らは、彼ら自身の解決策を施してきたはずです。


人間誰しも、好ましい状態を、自然状態のように思いがちでしょう。好ましい状態には、苦痛がありませんから。
障害は、苦痛をもたらすから、強く意識される事になるでしょう。


デフレスパイラルが現実化する時は、イノベーター達は、優れた先見性による洞察力で、彼ら自身の解決策を見つけ出し、実行に移すかも知れません。

ノブレスオブリッジ(Noblesse oblige)・・・地位を得た者が、果たすべき使命。
人間社会の伝統であり、暗黙のルールでしょう。
目的を設定して、その目的の実現を達成する人達は、最後は、使命感に従って行動すると思います。
その人達は、自分自身の人としての誇りを証明しようとして行動すると思います。

人が、自分自身の人としての誇りを証明しようとして行動しなければ、危機は克服できないでしょう。

人々の、責任ある自由意志に、託すことが適切と思います。

人が、自分自身の人としての誇りを証明しようとして行動しなければ、危機は克服できないでしょう。

人々の、責任ある自由意志に、託すことが適切と思います。


イノベーター達は、デフレスパイラルの現実化に直面したら、彼ら自身の対処法を実行するだろうと、私は思います。

彼らは、自らの資産で、失業者を雇用する目的の慈善事業を選択するかも知れません。
彼らは、優れた本質を見抜く洞察力で、画期的な施策を創造するかも知れません。


コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。