NO.072 アメリカ、中国、ロシア。デンマーク政府は、グリーンランドを、どの大国に、売却する結果になるだろうか?グリーンランドは、これら三国を、中距離弾道ミサイルの射程に収める。 ・・・ テーマラベル : トランプ大統領がグリーンランド購入を意図した目的。,トランプ大統領の政治手法。


アメリカのトランプ大統領は、デンマーク政府に、グリーンランドを購入する希望がある事を、伝えている。
トランプ大統領が、今の時を選んで、デンマーク政府にオファーを行なった理由は、中国もまた、グリーンランドを購入する希望を持っているからだろう。

中国は、中距離および短距離弾道ミサイルを、多数保有している。現時点では、アメリカは、これらのミサイルの射程外だろう。
しかしながら、中国がグリーンランドを獲得して、グリーンランドに、これらのミサイルを配備すれば、アメリカを、これらのミサイルの射程内に収めることができる。

トランプ大統領は、ロシアとのINF条約を廃棄して、中距離弾道ミサイルを再装備する理由は、中国に対抗する事だと発言している。

中国は、一帯一路(Belt and Road)構想のルートの一つに北極海を定めて、北極海ルートの開発を進めている。
必然的に、中国は、グリーンランドの獲得を、視野に入れる事になるだろう。

アメリカ、中国、ロシア。これら3国は、グリーンランドを獲得したら、他の二国を、中距離弾道ミサイルの射程に収めることができる。

アメリカは、中距離弾道ミサイルの発射実験を行なった。中国とロシアは、緊急安保理(United Nations Security Council)会合の開催を、国際連合に要請した。

中国とロシアは、アメリカが、グリーンランドを獲得して、中距離弾道ミサイルを配備すると思っているのだろう。

この二国は、自分自身がグリーンランドを購入する事を、望むだろう。アメリカが、グリーンランド購入希望の意思表示を行ったから、この二国も、行動に踏み切るだろう。

アメリカ、中国、ロシア。この三国は、強い意志で、デンマークに、「グリーンランドを、我らに売却せよ。」と伝えるだろう。
デンマークは、最終的には、これら3国のうちの1国に、グリーンランドを売却する事を選択するだろうと、僕は思っている。

ただ、デンマークは、EU加盟国である。デンマークの、この問題は、EUにとっての問題でもある。

そして、EUの存亡を左右する問題でもある。

グリーンランドに配備された中距離弾道ミサイルは、アメリカ、中国、ロシアのいずれをも、射程に収めることができる。

デンマークが、これら3国のうちの一国に、グリーンランドを売却したら、他の二国は、「グリーンランドは、我々に敵対した。」と、断定するだろう。
更には、デンマークは、EU加盟国である。この二国は、EUをも、敵対者であると見做すだろう。

EUは、この状況に対処できるのか?

EU加盟国は、自国の利益にしか、関心を持たないように、僕には、思える。
特定の目的に対して、EUとして、意思統一して対処する事は、できないだろうと、僕は、思っている。
その目的が、EUの存亡を左右する問題を、克服する事であっても、EUは、加盟各国が意思統一して、対処する事は無いだろう。
同じような事は、過去の歴史で繰り返されている。

結果として、デンマークは、アメリカにグリーンランドを売却する事になるだろう。
アメリカが、グリーンランドを、アメリカ合衆国の51番目の州として、迎え入れる事をオファーしたら、この可能性は、更に高くなる。

そうなったら、中国とロシアは、敵対的なスタンスで、EUと向かい合う事になる。
ロシアは、中国の一帯一路(Belt and Road)に参加して、これら二国は、共同でEUに向かい合うだろうと思っている。

前の記事でも言及したけれど、EUと一帯一路(Belt and Road)は、対決することができない。
仮に、EUが一帯一路(Belt and Road)を壊滅させたら、世界経済は大打撃を受ける。
打撃は、EU経済にも波及する。

破局は、そこで終わらない。

貧困(Poverty)地帯の経済が、大打撃を受ける事になる。
貧困層が、地域紛争を生み出し、大量の難民を生み出している。
中国は、貧困地帯に大規模な投資を行ってきたと聞いています。
中国は、貧困層の拡大を抑止し続けてきた。

中国が倒れると、世界経済は、崩壊する。

全世界規模で、破局が生じるかもしれない。
どんな事態が生起するか、わからない。
難民問題は、難民問題で済まなくなる。今までの難民は、穏やかにしているでしょう?
難民は、ヨーロッパに行けば、救いが与えられると信じているから、穏やかにしている。

難民ななる人達には、何の罪もない。なのに、そんな人達が、難民の境遇に突き落とされる。
その人達の心には、恨みの衝動が存在しているでしょう。


TOP記事
Lady MさんへのMessage

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。