NO.010 香港の皆さんに、お聞きいただきたい。民主主義とは、為政者を選ぶ人々が、政治の全責任を負う事です。まず、この事をお考えください。 香港の皆さんは、まず、中国政府と話し合いをされるべきと思います。 ・・・ テーマラベル : 香港デモ。香港民主化運動の問題点。



関連Tweet
香港大学のフェイスブックにも投稿しています。



香港の皆さんに、お聞きいただきたい。民主主義とは、為政者を選ぶ人々が、政治の全責任を負う事です。内政のみならず、国防や外交にも全責任を負わなければなりません。

アメリカの場合、建国の時に、民主主義が選択されたと理解します。アメリカは、移民たちが新たな祖国を作る目的で建国されました。共同の目的の為、共同の防衛の為、建国者達は意思の合意をして、アメリカが建国されました。

アメリカは、社会契約により建国された国と言えると聞きました。アメリカの建国の理念に賛同し、自らの祖国としてアメリカを選択した人がアメリカ人である事が、アメリカの人々のイデオロギーであると聞きました。

自分自身と家族、子供達の未来を託すに相応しい国と認め、祖国としてアメリカを選択した。故に彼らは、命をかけて祖国アメリカを護ろうとする。これが、アメリカ人の愛国心と理解します。

建国の理念故に、アメリカ人は、一人一人が政治参加しなければならないはずです。アメリカ人は、共同の目的の為に、アメリカが選択すべき行動の目的を常に考え続けるはずです。その為に、民主主義が保持され続けなければならない。民主主義が如何なる問題を抱えていても、必ず克服しなければならない。

アメリカの建国は、今も継続していると聞いています。「明日のアメリカは、どんなアメリカになるかはわからない。しかし、明日のアメリカは、今日のアメリカよりも、よりアメリカらしいアメリカである。」アメリカ人は、この信念を持つと聞いています。

アメリカの民主主義は、アメリカの建国とともに、建設され続けてきたはずです。

アメリカ人は、建国後何百年経とうとも、「我々の理念は、絶対に変えない。」と宣言します。アメリカを祖国として選択した一人の移民を、アメリカが受け入れる事をできなくなったら、アメリカは、アメリカでは無くなる。アメリカ人は、この信念を持っていると、私は聞きました。

ただ、移民は、自らがアメリカ市民に相応しい者である事を、証明する義務を負うはずです。不法移民は、その義務を果たさないから、アメリカは受け入れを拒否するのだと、私は理解します。

アメリカの民主主義は、アメリカ人の強い信念により、アメリカの歴史の中で、試練を乗り越えて築き上げられてきたはずです。

中国の社会もまた、アメリカよりも長い歴史の中で、中国人により建設され続けてきました。しかしながら、民主主義は、中国の社会とともに建設されてきたものではなかった。民主主義を、どう運営してゆけば良いのか、香港の人達は、十分に理解するに至っていないだろう思います。

中国には、中国の流儀があるでしょう。政権が民に支持され続けなければならない事は、中国もアメリカと同じでしょう。ただし、政権を獲得する方法に、中国の流儀があるのでしょう。政権を得ようとする者は、どのような方法を用いてでも、自力で政権を獲得すれば良い。民は、成立した政権を受け入れる。

ただ、その政権が民の支持を失えば、天が民に代わって、その政権を放伐する。それが、中国の流儀であると聞いています。

香港の皆さんに設問。皆さんは、中国人である事を選択されますか?それとも、中国人である事を拒否されますか?皆さんが、中国人である事を選択するのならば、まず中国の流儀に従うべきでしょう。皆さんは、まず、中国政府を受け入れて、中国政府との対話を求めるべきでしょう。香港は、中国に返還されたのですから。

「香港は、中国になったのだから、中国政府に従うべきだ。」とインタビューで答えられた市民の方も居ました。

最後に問いかけたい。皆さんは、民主主義を勝ち取る為に、中国からの独立を勝ち取る覚悟はありますか?侵略者から、自力で香港を防衛する覚悟はありますか?香港の外交に、全責任を負う覚悟はありますか?政権を選択することに、全責任を負う事が民主主義です。


私は、中国政府を信頼するから、この発言ができます。14億の民を抱える広大な国土に対する統治責任を果たし続けてきた政府は、何がなされなければならないかを必ず理解します。
信頼して託すべきでしょう。

TOP記事
lady MさんへのMessage

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。