NO.007 ロシアが、中国の一帯一路(Belt ans Road)構想を支持する事を宣言したと聞きました。予想されていた事でしょう。世界情勢に大きな意味を持つでしょう。 中国経済とロシア経済は、統一した経済圏となるでしょう。この経済圏は、世界情勢全体に対して巨大な影響力を持つでしょう。 日本にとっての意味は? ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加,日本国憲法第9条の原理



ロシアが、中国の一帯一路構想(Belt and Road)を支持する事を宣言したと聞きました。予想されていた事でしょう。世界情勢に大きな意味を持つでしょう。
この両国の共通点として、覇権主義を選択せざるを得ない動機を持つ大国であることが、挙げられると思います。

ロシアが一帯一路構想(Belt and Road)に参加する事により、両国は、その利益を確認することになるでしょう。他の国々は、この事に、向かい合わなければならなくなるでしょう。

まず中国に関してですが、この国は、国内に膨大な人口の漢民族が住んでいます。この漢民族の人達の、中国国外への移住先を必要としているのでは無いでしょうか?
移住する中国人は、その国の国民になる為に、移民するのでは無い。中国人のまま、その国に定住するのです。

中国には、CLANと言う社会風土があると聞きました。同じCLANに所属する人達の連帯は強力です。初対面の二人が出会った場合でも、二人が相手を同じCLANに所属すると知ったら、彼らは家族のように連帯意識を持つ事ができる。
この場合、ラストネームが同じなら、この二人は、同じCLANである可能性がある。

そして、全ての中国人は、CLANの伝統を共有している。CLANの伝統には、ルールが確立しており、中国人の誰もがそのルールを守る。CLANの伝統を共有する者同士は、お互い相手がどう行動するかを理解できる。
それ故に、CLANの伝統を共有する者同士は、お互いに相手を信頼する事が出来るのでしょう。


中国人は、全世界の人々を、宗族の伝統文化の人か、異文化の人かの二つの範疇に分類するでしょう。
仮に、CLANの伝統と民主化が相容れなければ、中国人は、CLANの伝統を選択するでしょう。
中国共産党は、CLANの伝統に従って統治を行い続けているでしょうから、支持され続けているはずです。

中国人とは異文化の人達は、時として、中国人を受け入れる事が容易では無いかも知れません。
それならば、他国に定住する中国人は、その国の政府よりも、中国共産党政府を支持することになると思います。
中国人を他国に移住させる為の覇権主義です。その為の、大軍拡だと思います。


前に言及しましたが、ロシア経済は、世界経済から孤立した状態の自給自足に近い独立経済としての性格が強いと思います。その為、どの国とも戦争ができる。従って、ロシアにとって、全ての他国が仮想敵国であると思います。
ロシアにおける現在のこの情勢は、歴史の中で確立されてきたものでしょう。

ロシアは、地続きの土地を、ロシアの国土として拡大してきました。そして、拡大した国土にロシア人が定住すると、その土地を、ロシア政府がロシア人の住む土地として保護しようとする。これが、ロシアの行動原理なのかも知れません。

ロシアにとって、地続きのヨーロッパ諸国は、常に、国防が必要な仮想敵国で有り、また、ロシア人が定住する国土を拡大させる標的であったのかも知れません。
しかしながら、今まではロシア経済が十分に強くなかった事が、ロシアの軍事力拡大の制約となっていた。その事が、ヨーロッパ諸国を救ってきたのかも知れません。

ここで今、ロシアが中国の一帯一路構想(Belt and Road)に参加する事により、ロシア経済と中国経済は、全体としての一つの強力な経済圏を成立させることになる。

ロシアは、中国と経済交流を行い、中国が世界経済との経済交流を行い、ロシア中国経済圏は、世界経済の経済循環の中で高度成長を遂げるでしょう。

ロシア経済が孤立していた時は、潜在力を開発させることができなかったけれど、ロシア中国経済圏の成立により、ロシア経済は、潜在力を開発させる事になる。

ロシアは、そのヴィジョンを持っているはずです。現時点でも、宇宙ステーションや連絡宇宙船に力を集中投入させている。

100年以上も前に、ロシアはシベリア鉄道を実現させた。中国とヨーロッパを結ぶ地上輸送インフラは、実現可能でしょう。高速鉄道によるシベリア鉄道。二酸化炭素を出さない電力供給の開発。次々に、イノベーションが実現される事になる。

この結果、ロシアの隣接諸国に対抗する為の軍事力は、飛躍的に増大するでしょう。
前述した通り、ロシアにとって、隣接する国々は、潜在的な敵国でしょうから。
ロシアは、国防の為に、少しでも国土を拡大させたい。そしてロシアは、国防の最前線を、モスクワから、できる限りより遠い所に置きたい。

ロシアは、過去に侵略を受け続けてきた歴史を持つ。
侵略者により、ロシアは、多くの生命の犠牲を強いられた。
ロシアの人々は、そう認識する。
その記憶は、父祖から、今のロシアの人々に受け継がれている。
この記憶が、今のロシアの行動原理となっていると思います。

ヨーロッパの小国は、孤立していては、ロシアに対抗できない。EUは、EUとして結束しないと、ロシアに対抗できない。
EUは、EU内の小国を、見捨てることはできない。EU全体の強力な再統合を実現させなければ、EU自体が、生き残れない。
EU再統合実現にとっての障害となる問題を、EUは、全て克服しなければならなくなる。

仮に、ロシアがヨーロッパに軍港を確保すれば、イギリスやアイルランドも、軍事的脅威に直面する事になる。

今迄のEUは、軍事的に安泰だったから、主要国家が、自国の国内事情を最優先にさせていたのかも知れませんね?
極右政党が台頭する事ができた理由は、多くの人々が、難民受け容れを拒絶したら、全てが解決すると言う発想しか持他ないからです。そうでしょう?誰もが、国内事情にだけ、目が向いている。

今後は、受け容れを拒絶された難民は、その国にとって、新たな危機要因になるかも知れない。ロシア、更には中国に、EUから受け入れを拒絶された難民が、助けを求めるかも知れません。
ロシアや中国は、行き場を失った膨大な数の難民を、自分達に有利なように情勢をマネジメントする要因として利用するでしょう。当然でしょう。

EUにとって、難民問題は、今後は、対ロシア・対中国問題に他なら無くなると思います。

アメリカにとっても、NATOの強化と安泰は、アメリカそのものの安全保障に関わってくる問題になるのでは無いでしょうか?
ロシアと中国が、覇権主義を必要とする大国である以上、この両国と隣接する国々の安全保障は、アメリカそのものの安全保障に直結すると思います。

最後に、日本について言及します。
私は、日本とアメリカの双方の安全保障の為に、日米安保条約は極めて有益だと思います。私は、日米安保条約の目的の実現の為には、現行の日本国憲法を遵守し続ける日本が、必要不可欠だと考えます。
軍事攻撃を受けない限り、平和主義を厳守し続ける日本が、日米安保条約の目的の為に必要です。

私は、サンフランシスコ平和会議、サンフランシスコ平和条約、国連憲章、日本の国連加盟に言及した事があります。
私は、日本が現行の日本国憲法の遵守する事は、日本が国連憲章の原則を遵守する事であると言及しました。
そして、国連加盟国は、この事を尊重するはずのもので有り、現行の日本国憲法を変更してはならないと論じた事があります。

現実の事として、「日本が、現行の日本国憲法を遵守し続ける限り、他の国々は、日本を軍事攻撃をする事に踏み切らないだろう。」と、断言できるでしょうか?


まず、一つの設問。皆さんは、日本が軍事攻撃を受けたら、それでも平和主義を堅持し続けると思われますか?


私にも、わからない。・・・日本は、平和主義の意思を、全く別の何かに変更させるかも知れません。日本人は、今迄、このようなケースを、全く考えた事が無かった。



日本が軍事攻撃を受けたら、絶対に武器を使わない自衛隊は、別の何かに、変貌を遂げてしまうかも知れない。誰も、自衛隊がどんな軍隊に変貌を遂げるか、想像もつかないでしょう。

日本人は、日本という島国の中でしか、生きてゆけない民族なのかも知れません。だから、日本の島々が侵略を受けることを認識した時に、本気で戦う決意を固める。
過去に日本が勝利した戦争は、いずれも、日本が侵略される危機に直面した戦争でした。

過去の日本人は、勝利できなければ、死ぬつもりだったでしょう。日本人は、日本の島々を失ったら生きてはゆけない。過去の日本人は、どうせ死ぬのなら戦って死のうと、決意していただろうと思います。自らの生存を継続させる事を考えない戦いに、過去の日本人は、踏み切ったと思います。

私と同じ認識をする国は、日本に対して、軍事攻撃を仕掛けようとはしないでしょう。

で、この観点からすると、ロシアは、北方4島を、自発的に返還する事が、最も利益になるでしょう。ロシアは、自国民を説得する価値はあると思います。日本人は、北方4島を、日本の島々の一部だと思っているようです。日本の島々が、ロシアに侵略されて奪われた。日本人は、この事を絶対に忘れないでしょう。


多くの日本人が、心の奥底で、日本がいつ、ロシアによる次の侵略を受けるかわからないと認識し、恐怖を抱く事になったでしょう。
世界情勢においては、未来に何が起こるかは予測困難です。今述べた事は、ロシアにとっての災いを引き起こす禍根になっているはずです。日本人が、自らの生存を考えない戦いに踏み切る事態です。

日本人は、北方4島を戦争により取り返すことを望んではいない。日本人は、北方4島を、ロシアが自主的に日本に返還する事を願っています。その事により、日本人は、心に安心を与えて欲しいと願っていると思います。

もっとも、ロシアが自主的に北方4島を返還するとは思っていません。私が、今述べた事は、ロシアにとっては強迫観念だと思っています。
私は、ロシア政府に彼らの心にのしかかる強迫観念を確認して欲しいと願っています。
ロシアが、この強迫観念に駆り立てられて、破滅への暴走に陥ることもあるでしょうから。

TOP記事
Lady MさんへのMessage


コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。