NO.027 ボルトン補佐官様、ホメニー(Khamenei)様。 イランの皆様。アメリカの皆様。話し合いをしましょう。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran


ボルトン補佐官は、アメリカを弱腰だと思うなと警告されました。現実に、アメリカを弱腰だと人々を煽動しているグループが存在しているのでしょうか?危険だとは思います。アメリカは、いつまでも忍耐をできないでしょうから。

アメリカは、イスラムが理解困難なのでしょう。そして、この事を利用しよとしている者達は、存在しているでしょう。だから、アメリカがイスラムを理解することを阻止しようとし続けている。

アメリカが、イスラムを理解できないが故に、イスラムに対する目的合理的な方針を立案できない。その為に、行動に踏み切る事を躊躇する。この事を利用しようとしている者達がいるでしょう。

@khamenei_ir さんもまた、スンニ派とシーア派の対立を煽って利用しようとしている敵が存在していると認識されていましたから。

しかし、アメリカは、いつまでも忍耐する事はできない。理解できないまま、行動に踏み切る決断がなされ、アメリカがイスラム教を攻撃したと認識されたら、今まで穏健だったイスラム教徒も、ジハードに踏み切る決断をするかもしれません。イラン国内のイスラム教徒だけとは限らない。

以下の内容を、@RSF_arに送りました。@RSF_arさんには、キリスト教社会が、イスラムを理解できるように協力して欲しいと願います。

一日本人です。日本のマスメディアの報道で見る限り、私の目には、イスラム教徒の人達は、キリスト教徒の理解を得ようとはされないように見えます。

イスラム教徒の人達は、突然にキリスト教徒に怒り出して、暴力に訴える。時には、ジハードと叫びながら。キリスト教徒には、何故、怒るのか理解できない。ジハードと叫びながら暴力を振るいたがっているとしか見えません。

ムハンマドの風刺画に対する暴力的デモの時も、そうです。偶像崇拝を禁止しているのなら、風刺画はムハンマドでは有りえない。紙の上に、インクで描かれた模様に過ぎない。なのに何故、怒るのかと理解できない。キリスト教徒は、説明を求めているはずです。イスラム教徒を、理解する為に。

いきなり暴力的デモに訴える事は、イスラム教徒がキリスト教徒を理解していない証拠です。お互いが相手を無理解な状態のままなら、どんな悲劇が引き起こされるか、わかりません。キリスト教徒をジェノサイドする事が、イスラム教の目的ですか?共存の余地は、無いのですか?

イスラム教徒の皆さんが、慈しみをもってキリスト教徒と共存される事を選択されるのならば、キリスト教徒の理解を求められることを希望します。以下の内容は、アメリカの政府機関のアカウントと、
https://twitter.com/khamenei_irに送りました。

イスラム教国の国家の体質は、アメリカやヨーロッパの国家の体質と、極めて異質では無いでしょうか?イランの原子力庁の報道官が、核合意参加国を脅迫するような公式発言をする事は、アメリカでは、考えられないのでは有りませんか?

アメリカのセンスでの言動は、イスラム社会の人々から、想像を絶するリアクションを引き起こす事が有り得るのでは有りませんか? アメリカがイランへの軍事攻撃に踏み切ったら、それ迄穏健だったイランの人達も、ジハードに踏み切る可能性は有りませんか?

イランの国の目的は、アッラーの道に仕える事である。イランの人々の日常生活の目的は、アッラーの道に仕える事であり、イランの人々は、教師の指導による日常生活を営むことにより、アッラーの道に仕えているのである。・・・この理解は、適切ですか?

だとすれば、アメリカがイランへの戦争に踏み切る事は、イランの人々がアッラーの道に仕える事を脅かされる事であり、イランの人々は、ジハードに踏み切ることになる。・・・この認識は、適切ですか?

そして、ホメニー氏が「宗教的理由から、我々は大量破壊兵器を保持しない。」と宣告した事は、ジハードに踏み切る事を回避させる、アメリカに対する憐れみと言う事ですか?

この事を、アメリカに伝えておきましょう。私の認識が適切か否かはわかりませんが、アメリカに答えていただければ、ありがたいと思います。

以上の内容を、イランの宗教指導者の一人に送りました。


ジハードとは、アッラーの道を脅かす者達との戦いであると聞きました。イスラム教徒にとって、戒律に従う生活を行う事が、アッラーの道に仕える事だとするのならば、アメリカがイランへの戦争に踏み切る事は、イラン人がアッラーの道に仕える日常生活を脅かされる事になるのでは無いか?

穏健なイラン人も、ジハードに踏み切ることになるのでは無いか?宗教指導者が、ジハードを呼びかけたら、今まで平和を望んでいたイラン人も、ジハードに踏み切る可能性は無いでしょうか?イスラム教国の社会の目的は、イスラム教の信仰の為に、存在するのでは有りませんか?

TOP記事

Lady MさんへのMessage

コメント

このブログの人気の投稿

NO.035 マクロ経済学によれば、国会議員達の経済に関する発言はデタラメ放題だろう?厚生年金や国民年金の支給を、万全に保証しろ。財源が足りなければ、年金国債発行しろ。 繰り返すが年金国債は、マクロ経済学の原理に適っている。 ・・・ テーマラベル : MMT。年金国債。日本銀行の直接国債買取によるケインズ政策。これらはマクロ経済学の原理に適っている。 カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.038 ホルムズ海峡の航行の安全確保をイランに引き受けて貰う事を、提案します。 アメリカ以外の国が有志連合に参加する事のリスクについて、言及しましょう。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state) が誕生する カテゴリーラベル : the Coalition of the willing,Iran

NO.103 イランは破壊され、そこに第二のイスラム国(Islamic state)が誕生するか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する。

NO.029 アメリカとイランの対立の成り行きを、注視してゆく事にしましょう。 イラン政府の人達の発言を、トランプ大統領が気に入らないと言う理由で、アメリカは戦争を始めるのでしょうか? ははは、まさかね。 ・・・ テーマラベル : 破壊されたイランには第二のイスラム国(Islamic state)が誕生する カテゴリーラベル : Iran

NO.073 現時点において、中国の一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。中国を中距離弾道ミサイルで破壊したら、世界経済は大恐慌(Great Depression)に陥り崩壊する。 ・・・ テーマラベル : 一帯一路(Belt and Road)は、世界経済を大恐慌(Great Depression)から救っている。カテゴリーラベル : Belt and Road,マクロ経済学

NO.054 Facebookの暗号通貨Libraに、Linkedinは、どう関わってゆくのだろうか? FacebookのLibraには、他の仮想通貨には無い特質が有ります。Facebookの20億人の登録者数と、巨大資産価値です。 ・・・ テーマラベル : 資産家の皆さん。大恐慌(Great Depression)対策の慈善事業(charitable enterprise)の提案をします。 GAFAは、どのような世界を見ているだろうか? カテゴリーラベル : マクロ経済学

NO.097 中国の一帯一路(Belt and Road)は、これに、どのように関わるだろうか?・・・ テーマラベル : サウジアラムコの200兆円の信用創造(Money creation)が建設するDar al-Islam。カテゴリーラベル : マクロ経済学、宗教社会学、ジハード、Belt and Road

NO.049 中国が提案する一帯一路構想(Belt and Road)へのロシアの参加と、アメリカが提案する有志連合(Coalition of the willing) アメリカの、この方針は、他の国々も受け入れざるを得ない為、世界の戦略地図は、塗り変えられます。 ・・・ テーマラベル : アメリカファーストによる国際連合解散の可能性, 一帯一路(Belt and Road)へのロシアの参加

NO.005 アメリカを立会人として、日本とロシアの平和条約を締結する事を提案します。

NO.061 日本の皆さん。憲法改正に賛成するのならば、兵役に召集されて、戦場で死ぬ事を覚悟しなさい。 憲法改正を行なった者達が代償を払わなければ、自衛隊員達は納得しないでしょう。 ・・・ テーマラベル : 本心を語る事を許されない日本の自衛隊員。彼らは憲法改正を赦せないだろう。