投稿

はてなブログへのリンク。このブログを補完します。・・・and, English Version Mail to White House at Google Blogger ,and My Linkedin

  Mail to White House at Google Blogger   My Linkedin はてなブログへのリンク 日本語ブログTOP 叙事詩(になればいいな) KeitaYamada’s diary 英語ブログTOP Odyssey(wow!)   Blog of keitayamada このGoogle Bloggerブログは、google翻訳で適切な英語になるように努力して、日本語記事を書いています。その為に読みにくい日本語になっている。 その為に、はてなブログで、Google翻訳する事に配慮をしない日本語の記事を書く事にしました。 このGoogle Bloggerブログ記事の20記事以上を要約した一記事を、はてなブログに書いています。 リンクしておきます。読みやすかったら、お読みください。 GoogleのAIが、重複コンテンツと判断しないことを願っています。 2020.01.04現在、日本語ブログと英語ブログをはてなブログに開設しています。 記事001 「日本国憲法が制定された経緯は、サンフランシスコ講和条約の前文に書かれているじゃん。」が動機でした。 記事002   ウィグル族と中国政府の和解の提案。一帯一路は、イスラム教徒であるウィグル族の協力を必要とします。ダールアルイスラーム が、鍵となるかも知れない。 記事003   超低金利の今の世界経済は大恐慌局面。デフレスパイラルは伴わない。ただし金利を上げたらデフレスパイラルに突入する。 記事004 僕のマクロ経済学的視点から見た、諸考察・・・国会議員達の経済に関する発言は、デタラメ放題なんだよな?言っておかないと、まずいなと思った 。 記事005   僕のアメリカ理解の原点は、小室直樹先生のアメリカ学 記事006  アメリカ民主社会主義とアメリカファースト 記事007 地球温暖化対策と発展途上国の人口爆発と人類の宇宙への移住 記事008   アメリカファーストの迎える結末・・・マジでアメリカ崩壊の予兆でしょう。そして、全世界の崩壊の予兆でしょう。世界の崩壊は、誰も阻止できない気がする。

NO. 321 ウクライナの皆さん。一般市民の戦争参加は戦争犯罪です。一般市民のままで戦ったら、あなたは戦争裁判で処刑されます。軍に入隊しないなら、逃げて下さい。

ロシアは滅亡の危機に直面している。滅亡の前にロシアは復讐する。ロシアは第三次世界大戦を選択する。プーチンは言い続けている。「この戦争に勝者は居ない。」 ウクライナがNATOに加盟したら、ロシアの防衛は不可能になる。 ウクライナにNATOのミサイル基地が建設されたら、ロシアは迎撃不可能。ロシアは滅亡する。ウクライナがNATO加盟の要求を撤回しないから、ロシアは軍事侵攻をして、ウクライナを取り戻そうとしている。 アメリカとアメリカの同盟国達の経済制裁により、ロシア経済は崩壊する。ロシアは滅亡する。だからロシアは、第三次世界大戦を選択する。 ウクライナがNATO加盟要求を撤回し中立を宣言したら、それで全てが解決します。 ロシアにとって、これ以上の領土拡大は不可能。ロシアの国土の殆どは経済的弱者。これ以上領土拡大したら、ロシア経済はその負担に耐えられ図崩壊する。広大な国土がロシアを侵略者から救ってきた。それ故に、ロシアは国土を手放せない。 プーチンの意思は、NATOの東への拡大の阻止です。 ウクライナ国内のロシア人達を見捨てたら、プーチンはロシア国民の支持を完全に失うでしょう。 だから今回の二つの分離独立を全面的に支持する。 ウクライナ人とロシア人の両方が完全に保護される解決策が実現されなければならない。 仮に片方が迫害されるなら、必ず再度の軍事衝突が起こる。次の軍事衝突は、確実に第三次世界大戦に拡大する。 ウクライナの大統領は、「領土は誰にも渡さない。」と言っている。彼はNATOに積極的支援を要求する。彼自身の野心の為に、 NATOを戦争に巻き込もうとしている気がしています。 希望はある。世界情勢を適切に分析し得る大国が、第三次世界大戦抑止の為に行動を起こすかも知れない。 2022.02.22 NATO諸国はロシアの意思を理解していない。彼らは、「ロシアには軍事侵攻の意思はなくNATOとの交渉の場で、優位なポジションを得ようとしている。」と考えているようだ。 ロシアは最後通牒を繰り返しNATO諸国に伝え続けている。NATO諸国による経済制裁は、ロシアに致命的な打撃を与えるだろう。その時はロシアは全面戦争を選択する。 ウクライナがNATOに加盟したら、ロシアの防衛は不可能となる。ロシアは滅亡する。ロシアは、滅亡する前に、復讐である全面戦争を選択する。 それ故にロシアは、ウク

NO. 320 ロシアのウクライナ侵攻。・・・ウクライナにミサイル基地が建設されたら、モスクワの防衛は不可能。ロシアは、NATOとの戦争を覚悟してウクライナを奪還を決断した。この情勢を前提として、解決策を提案する。

2022.01.02 アメリカとロシアの戦争になったら、アメリカの同盟国である日本も無関係ではいられない。 バイデン・プーチン電話会談・・・プーチンは、最終的にはアメリカとの戦争を選択する宣言をしたと思う。私は誰も戦争の犠牲にさせたくない。 ウクライナにNATOのミサイル基地が建設されたら、モスクワの防衛は不可能。アメリカにとってのキューバ危機に等しい。 ウクライナはロシアから分離独立し、NATO加盟を要求する。NATO加盟が実現したら、ロシアは戦争を選択する。 NATOはウクライナの加盟を拒否し、ウクライナへの軍事支援わおこなう。NATOは代理戦争を選択した。 プーチンは、経済制裁は、修復不可能な事態を招くと宣言した。最終的にはアメリカとの戦争を選択する意志の宣言。 この状況におけるバイデン・プーチンの電話会談。バイデンは、NATOとウクライナの主権国家としての選択を尊重すると宣言した。 バイデンはウクライナにNATOのミサイル基地を建設しロシアを滅ぼす選択を支持した。 これは、戦争を前提とした交渉決裂の宣言に等しい。NATOがロシアと開戦したらアメリカは参戦する。 ロシアの目的はモスクワの防衛。その為の広大な国土の維持。経済的には極度の負担。これ以上の領土拡大は、ロシア経済の崩壊を招く。 僕は以下の条件でのウクライナのロシア復帰を提案します。 ◯ウクライナは、 NATOのロシア侵攻を許さない。 ○ウクライナは実質的な主権国家に等しい自治権と主権を所有する。 NATO軍もロシア軍もウクライナに入らないから、ロシアもヨーロッパも安全になる。ヨーロッパはロシアからの天然ガスの供給を受ける。 ウクライナはロシアとヨーロッパの交易の要衝として繁栄する。 ロシアと中国は利害が一致する。 中国は侵略を望まない。征服はコストが膨大で利益がない。中国は必要な全てを本土に建設できる。本土を拠点に全世界と交流して繁栄できる。 近接する日本は戦争中毒達の巣窟。台湾政府は、北京政府と権力闘争を続けている蒋介石の後継者達の政権。台湾か日本にミサイル基地が建設されたら、アメリカにおけるキューバ危機と同じ。だから中国は対抗する。 2021.12.08 ロシアのウクライナ侵攻。プーチン大統領は、ウクライナがNATOに加盟する事をロシアは許容できないと発言した。ウクライナにミサイル基地が建設されれ

NO. 319 中国は植民地を必要としない。・・・中国は、必要な全てを中国本土に建設できる。彼らは、中国本土を拠点として全世界と貿易し、そして繁栄する。植民地支配はコストが膨大で利益は無い。中国にとって日本列島と台湾島は呪いである。これら島々は、存在するが故に中国にとっての敵の拠点となる。

中国は、第二次世界大戦時の大日本帝国を忘れていない。大戦後の日本が人権尊重の平和国家になったとは、中国は信じていない。 現実に今の日本は、再び侵略国家になろうとしている。 台湾政府は、中国共産党との権力闘争に敗れた亡命政権である。 2021.11.08 中国は日本侵略など望まない。海洋で隔てられた植民地の支配管理にはコストがかかりすぎる。それに見合うメリットは全くない。 中国は必要な全てを中国本土に建設できる。中国は日本列島を必要としない。中国にとっての日本列島の意味は、中国侵略の拠点となる可能性だけ。 日本列島が存在しなければ、アメリカ海軍は東太平洋に展開できない。中国はアメリカ海軍の脅威から自由だった。 中国本土の港を拠点に全世界の国々と自由貿易をして中国製品を販売する。世界各国の特産の高級品を購入する。贅沢な暮らしを事が中国の目的。 中国は大日本帝国を忘れない。戦争の後、日本が平和国家になったとは信じない。日本を正体を隠している侵略者と判断する。 大日本帝国の本性を理解しているアメリカが、戦争が終わった後、日本と同盟した。中国は、アメリカによる中国侵略の可能性を想定した。 アメリカは、日本に拘束衣を着せて、療養施設で隔離監視する必要性があると結論した。これは国連と日米同盟の主要な目的の一つ。在日米軍が日本を監視する。 日本は、日本国憲法を遵守し続ける限り人権を尊重する民主主義国家と認定される。 2021.11.16 日本では中国の愛国教育は洗脳教育であると主張する人が多い。 洗脳教育の影響は、その人の表情に現れる。日本のテレビマスコミによる北京などの街頭などでは、北京の人々の表情には、洗脳教育による異常さは感じられない。 洗脳教育を受けている人々は国際進出できないでしょう。他国の人々が、その人に異常を認識し受け入れを拒否する。 アメリカの大学は、多くの中国人留学生を受け入れている。 中国の愛国教育は洗脳教育ではない。更なる根拠。 中国映画は北京政府が脚本を審査します。中国はハリウッド映画にとって最大の市場。中国の人々は、中国映画とハリウッド映画を比較する。思想統制の効果はなくなる。 中国の人々が中国映画を好まなければハリウッド映画に勝てない。 北京政府による脚本審査は、「我々は、皆さんの民意を尊重する。」と言うメッセージでしょう。 愛国教育は、中国の伝統と文化

NO. 318 すみれさんへのメッセージ・・・世界宗教は、世界情勢を支配します。白人のプロテスタントとインド系移民が、アメリカ情勢の鍵です。

世界宗教は、世界情勢において最重要な要因と理解します。世界宗教は、最高の天才たちが生み出した。この世界の本質の奥底を理解する。 近代物理学の発想は、ヒンズー教と仏教の発想と同じです。 物質、空間、時間は本質ではない。法則が本質です。法則に従った現象が生起すると、現象が進行する為の場が要求される。その為に、物質、空間、時間が生起する。現象が終了すると、物質、空間、時間は消滅する。これらは本質ではない。泡沫です。これが「空。」です。そして、これが、「色即是空。」の意味です。 で、近代物理学は、キリスト教徒が生み出した。聖書の理念に知性を鍛えられたキリスト教徒 ( プロテスタント ) が近代物理学を生み出した。 ヒンズー教や聖書は、天才を生み出します。これら宗教の理念に知性を鍛え抜かれるからです。 もう少しお付き合い願えますか ? アメリカの本質について説明しましょう。 そして、これから述べる事は、これがら世界情勢の鍵になる事を予感しています。 予定説は、プロテスタントにとって心の奥底からの恐怖 ( キリスト教信仰の基本は、神を恐怖する事です。 ) 。この恐怖から解放させる事が、プロテスタントの人生の目的となる。 西欧社会の最高の知性の持ち主達は、衝動的に聖書の理念を論理的に否定しようとしてきたでしょう。その結果、その者は、見えざる神の御手に動かされている感覚に陥る事になる。そして、神を信じざるを得なくなる。 奇跡とは、神の力が働いた証拠。絶対に起こり得ない事が生起する事。宇宙の法則が変更された事であり、宇宙の法則の変更をなし得る事は、神のみがなし得る。 福音書には、ヨナのしるし ( イエスの十字架による死からの復活 ) 以外の奇蹟は絶対に人間には与えられないと記されている。即ち、宇宙の全ての事件は、宇宙の法則に従って進行する。人間は、科学的合理主義精神を要求される。 神の目的は宇宙の法則に従った現象の進行により実現される。神は天地創造の以前にこの目的設定をして、目的の為に天地を創造した。 最後の審判の時に、人類の殆どが永遠の死に定められ、一握りの者達だけが救済される。で、この誰が救済されるかを、神は天地創造の以前に既に決定している。これが予定説。 神の決定は、人間には絶対に変更不可能。そして、神の決定を知る事もまた、人間には絶対に不可能。 予定説は、神を恐れる者にとって

NO. 317 米中対立・・・ペンタゴンに管理されているアメリカには、世界情勢分析が完全に欠落している。海軍を南沙諸島海域に派遣するドイツや英国は、アクシデントで軍事衝突が起こったら、戦争に踏み切る覚悟はあるのか?

2021.06.16 中国政府は、先日のG7を相手にしますか? G7における結論は、見事なまでの虚妄です。G7参加各国に世界各国が失望し、信頼を喪失する結果となるでしょう。 仮に中国にとって障害となるならば、その原因は、中国が無能で、愚策による対抗を行う為です。 ウイグル問題の解決に、権力による強制は何の役にも立たない。このことを、既に北京政府は理解しているでしょう。過去においては、適切な対応の方法を理解できず、迫害と認識されるようなことを行なった事もあるでしょう。しかし、現在は、修正がなされているでしょう。 海外留学経験を持つ今の若い世代がいずれ中国のリーダーとなる。彼らは、今よりもさらに適切な方法を見つけ出すでしょう。 今の北京政府は、既に、この事を認識しているでしょう。 北京政府は、自分達が過去の時代の遺物である事を認識しているでしょう。北京政府が基本的に有能だから、そう認識する。有能な者達ほど、困難な仕事を果たさなければならない。それ故に、自らの能力の限界を痛感する。 北京政府は十三億の人口を抱える広大な国土の統治を果たしてきた。 G7の人達も、過去の時代の遺物でしょう。彼らの中には、若くして遺物になった、可哀想な人々もいるようです。 侮辱的な言い方ですが、政治家の無能は罪だから、あえてこの言い方をしましょう。 2021.06.07 北京政府と敵達は、中国国家の支配権の奪い合いで、死活の闘争を続けてきたと僕は結論している。 台湾政府は、自分達が中国の正当な政府であると主張する。北京政府とは中国の支配権を争う。北京政府の敵は他にも居る。その者達は、台湾政府を利用する。 中国国外に在住するウイグル族は利用しやすい。その者達の家族が中国国内で失踪すれば、国際社会はジェノサイドと断定する。 北京政府は、中国国土の統治を果たし続けてきた。 北京政府が倒されれば、統治は為され得ず中国は崩壊しテロの温床地帯になる。 これが国際社会の中国崩壊を画策する者達の招く結末である。 ウイグルが紛争地帯となったら中国は破局する。民族の誇りを否定すれば、必ず敵対される。北京政府には、ウイグル族の完全な消滅か、ウイグル族の自発的な協力を獲得するかの選択肢しかあり得ない。 北京政府は国家の生存の為に、一帯一路を選択した。一帯一路はイスラム教徒の参加を必要とする。イスラム教徒であるウイグル族

NO.316 アメリカのインド系移民への手紙。・・・聖書とヒンズー教が、天才を生み出す理由。

1. アメリカのインド系移民への手紙。 白人のプロテスタント達は、インド系移民の知性を恐れているでしょう。過去、彼らは、移民達よりも知性が優れていた。聖書の原理が、彼らの知性を鍛えたから。 しかし今、インド系移民の知性は、彼らを凌駕している。ヒンズー教の原理が、ヒンズー教徒の知性を鍛えるから。 初めて、移民達が、アメリカの支配権を獲得しようとしている。 移民達は、アメリカの歴史と文化、伝統を理解しない。アメリカが、別の何かに変えられるかも知れない。白人のプロテスタント達は、これを許す事ができない。 プロテスタントにとって、予定説は、生まれながらに定められた運命です。最後の審判の時に、人類の殆どが、永遠の死に定められる。ごく少数者が救済される。神は、誰を救済するかを、天地創造の以前に、すでに決定している。この決定の変更は不可能であり、神の決定を、人間は知る事ができない。 予定説は、プロテスタントにとって、底無しの恐怖。この恐怖から解放される事が、彼らの人生の目的となる。彼らは、聖書の記述の中に、希望を探し出そうとする。 聖書は、傑出した天才により書かれた書物と思う。聖書の記述は、途轍もない独創的な発想と思う。聖書を解釈しようとする事により、知性が鍛え抜かれると思います。 ただ、プロテスタントは、衝動的に予定説を直視する事を避けようとします。彼らは、平穏な時代には、聖書の理念の本質を直視できない。彼らの知性は、鍛え抜かれない。 しかし、最後の審判を予感すると、彼らは聖書の本質を直視します。罪の赦しを乞い求める為に。彼らの知性は、鍛え抜かれます。 途轍もない天才が、生み出されるでしょう。 建国の父達は、信仰の為にアメリカを建国した。彼らは、常に原罪意識を持ちます。アメリカがアメリカでなくなるのなら、彼らは、最後の審判を思い出すでしょう。 ヒンズー教徒にとってのカーストは、生まれた時に定められた運命。カーストの運命を解決する事が、ヒンズー教徒の人生の目的。選択された解決の一つが、移民。僕は、そう思っています。 ヒンズー教もまた、傑出した天才により生み出されたように、僕には思えます。