投稿

はてなブログへのリンク。このブログを補完します。・・・and, English Version Mail to White House at Google Blogger ,and My Linkedin

Mail to White House at Google Blogger
My Linkedin

はてなブログへのリンク
日本語ブログTOP
叙事詩(になればいいな) KeitaYamada’s diary
英語ブログTOP

Odyssey(wow!)Blog of keitayamada


このGoogle Bloggerブログは、google翻訳で適切な英語になるように努力して、日本語記事を書いています。その為に読みにくい日本語になっている。 その為に、はてなブログで、Google翻訳する事に配慮をしない日本語の記事を書く事にしました。 このGoogle Bloggerブログ記事の20記事以上を要約した一記事を、はてなブログに書いています。
リンクしておきます。読みやすかったら、お読みください。
GoogleのAIが、重複コンテンツと判断しないことを願っています。

2020.01.04現在、日本語ブログと英語ブログをはてなブログに開設しています。
記事001 「日本国憲法が制定された経緯は、サンフランシスコ講和条約の前文に書かれているじゃん。」が動機でした。

記事002ウィグル族と中国政府の和解の提案。一帯一路は、イスラム教徒であるウィグル族の協力を必要とします。ダールアルイスラーム が、鍵となるかも知れない。
記事003超低金利の今の世界経済は大恐慌局面。デフレスパイラルは伴わない。ただし金利を上げたらデフレスパイラルに突入する。
記事004 僕のマクロ経済学的視点から見た、諸考察・・・国会議員達の経済に関する発言は、デタラメ放題なんだよな?言っておかないと、まずいなと思った

記事005僕のアメリカ理解の原点は、小室直樹先生のアメリカ学

記事006  アメリカ民主社会主義とアメリカファースト


記事007 地球温暖化対策と発展途上国の人口爆発と人類の宇宙への移住



記事008アメリカファーストの迎える結末・・・マジでアメリカ崩壊の予兆でしょう。そして、全世界の崩壊の予兆でしょう。世界の崩壊は、誰も阻止できない気がする。

記事009 日本経済の大恐慌局面の原因は、財務省の「骨太の改革」だと思うんだけど。 ・・・小渕内閣の時の宮澤財務大臣によるケインズ政策は、適切に行えば、平成大不況は解決していた。

記事010 日本の最高裁判所は、日本国憲法第97条を無視するんじゃ無いかなあ? ・・・現行の日本国憲法で、…

No.312 NASAのプロジェクトへの、資金供給方法の提案。・・・全世界に、革命的な変革を実現させるでしょう。

NASAのプロジェクトへの資金供給方法の提案。資金源による制約が、NASAにとっての最大のネックでしょう。マクロ経済学的には、異端のアイデアです。しかし、複数のエコノミストから支持を得られています。複数の人々から、明確に反対されています。


僕がNASAを支持する理由。
NASAが生み出すイノベーションは、全世界に革命的な成長を実現させるでしょう。
“広大な宇宙のどこかで、人類の子孫が生存を継続する。”これは、NASAの最終目的でしょう。
NASAは、天体衝突など、宇宙からの要因で地球が破局する可能性に強い危機意識を持っていると思います。必然的に、上記の最終目的を、NASAは設定するでしょう。NASAは、アメリカの国家目的の為に設立されたはずです。アメリカ市民とアメリカの協力者の生存の継続が、アメリカの国家目的のはずです。人類の生存の為には、太陽系外の宇宙での人類の生存を実現する必要がある。この目的実現の為に、全ての意思と力を投入する。ワープ航法、ブラックホールエンジン。物理学等で、可能性が指摘されているから研究する。この事が重要です。量子コンピューターを、最初は誰もが幻想だと思ったでしょう。現実の科学技術者だけは、幻想と考えなかった。NASAは、その時において、実現可能なプロジェクトを、一つ一つ実現させてゆくでしょう。
最大のネック。
資金の規模による制約でしょう。NASAのプロジェクトは、資金の規模に制約されている。資金規模の制約により実現できないプロジェクトは、構想すらなされない。NASAは、大胆なプロジェクトを構想する勇気を持てなくなっていると思う。だから、この提案します。
「償還期限なし、利率ゼロの国債。中央銀行だけが購入を許される。政府は調達した資金で、新規国家プロジェクトを遂行する。・・・インフレ率が設定上限を超えた場合にのみ、この国債を償還する。」
例えば、ブラックホールエンジンの開発。実現すれば、コストが殆どゼロの強力なエネルギー源を人類は獲得する。産業の生産におけるコストは、人件費を除けばゼロになる。プロテスタンティズムの教義故に、企業は人々を雇用する義務を負う。ただし、利潤追求の制約からは解放される。産業革命が生起するでしょう。
NASAが、ブラックホールエンジンの開発プロジェクトを設計し、必要な資金を計算する。FRBがドルを新たに発行して供給する。この事が、可…

No.311 償還期限なし、利率ゼロの国債。中央銀行だけが購入を許される。政府は調達した資金で、新規国家プロジェクトを遂行する。 ・・・インフレ率が設定上限を超えた場合にのみ、この国債を償還する。 問題解決。判断してください。

産業、そして経済の拡大。その為に、民間産業が行わないプロジェクトを国家が行う。その規模だけ、経済は拡大する。経済の規模に相応した通貨を社会に流通させる。この国家プロジェクトに税金を使う事は不適切。プロジェクトの規模だけ、民間事業は収縮する。マクロ経済学の基本だと思う。資産家達が国債を購入することも同じ。
資金調達が適切なら、例えばNASAのプロジェクトは、全世界の全てを革命的に変革させる。政府がプロジェクトを構想する。そのプロジェクトに必要な規模の資金を、中央銀行が新たに通貨を発行して供給する。政府は、プロジェクトに必要な規模だけ、利息ゼロの国債を発行し、中央銀行に購入させる。
説明しましょう。産業における生産は付加価値生産。付加価値は、商品の生産の際の、貨幣的価値のゼロからの創造。為された付加価値に対して、通貨が供給されなければならない。商品が購入される事だけが、付加価値を決定する。従って、国家プロジェクトが遂行される時点で、付加価値生産は決定する。商品が使われなかったら、単なる消費。例えばピラミッド建設は、巨大消費。古代エジプト経済を支えた。
宇宙都市とする為に、デススターのような巨大宇宙ステーションを建設しましょう。
古代ローマでは、強力な金鉱がローマ経済を支えていたと聞きます。ローマ政府が、採掘した金で商品を購入し続けたのでしょう。産業が生産能力を備えていても、商品が購入されなければ産業は衰退する。政府が商品を購入すれば、産業は成長する。ケインズ政策のように、新しい国家プロジェクトは、新しい産業。金鉱がないなら、中央銀行が通貨を発行して、プロジェクトに資金供給する。
NASAは、資金規模の制約の為に、プロジェクトの構想すら行わなかったのでしょう。資金制約から解放されたら、NASAの本当の実力が発揮される。
ただし、付加価値生産が行われなくなった時、その規模の通貨を回収する。インフレ率が設定された上限を超えた時だけ、その国債を償還する。

No.310 償還期限なし、利率ゼロの国債の、中央銀行による直接引き受け。政府は調達した資金で、国家プロジェクトを遂行する。 ・・・インフレ率が設定上限を超えた場合にのみ、この国債を償還する。

償還期限なし、利率ゼロの国債の、中央銀行による直接引き受け。政府は調達した資金で、国家プロジェクトを遂行する。・・・インフレ率が設定上限を超えた場合にのみ、この国債を償還する。

産業、そして経済の拡大。その為に、民間産業が行わないプロジェクトを国家が行う。その規模だけ、経済は拡大する。経済の規模に相応した通貨を社会に流通させる。資金調達が適切なら、例えばNASAのプロジェクトは、全世界の全てを革命的に変革させる。
説明しましょう。産業における生産は付加価値生産。付加価値は、商品の生産の際の、貨幣的価値のゼロからの創造。為された付加価値に対して、通貨が供給されなければならない。商品が購入される事だけが、付加価値を決定する。従って、国家プロジェクトが遂行される時点で、付加価値生産は決定する。商品が使われなかったら、単なる消費。例えばピラミッド建設は、巨大消費。古代エジプト経済を支えた。ただし、付加価値生産が行われなくなった時、その規模の通貨を回収する。インフレ率が設定された上限を超えた時だけ、その国債を償還する。
この国家プロジェクトに税金を使う事は不適切。プロジェクトの規模だけ、民間事業は収縮する。マクロ経済学の基本だと思う。資産家達が国債を購入することも同じ。


コロナ不況克服の視点からの、人類の宇宙への移住プロジェクトの提案。・・・巨大な経済拡大の可能性が予想されます。

僕は、経済の規模を拡大する為に、国家プロジェクトを提案しました。産業における生産は、付加価値生産である。付加価値生産は、貨幣的価値のゼロからの創造である。創造された貨幣的価値に対して、通貨が供給されなければならない。中央銀行が新たに通貨を発行し、それを生産者に配達しても構わない。
ただ、問題に気がつきました。今まで行われていた付加価値生産が行われなくなったら、発行して供給した通貨を回収する必要がある。さもにくば、ハイパーインフレが生起する。利率がゼロで無期限の国債の採用を提案します。その国債の購入者は、中央銀行に限定します。中央銀行は、インフレ率が設定された上限を超えたら、その国債の償還を政府に要求する。
「広大な宇宙のどこかで、人類の子孫の誰かが生存を継続する。」NASAは、この最終目的を設定しているはずです。しかし、資金規模の制約の為に、プロジェクトの発想を諦めているでしょう。だから、この資金供給方法を提案…

No.309 現在の景気後退の克服策の提言。 ・・・結論。政府が新規産業を創造する。中央銀行がお金を印刷して、そのまま代金として支払えば良い。

現在の景気後退の克服策の提言。Part 1・・・まずは結論。政府が新規産業を創造する。中央銀行がお金を印刷して、そのまま代金として支払えば良い。

以下に述べる事を、経済学者達は反対するでしょう。彼らには、歴史的経緯による盲点がある。後に説明します。
既存の産業は、既存の事業にそのまま継続させれば良い。既存の産業における商品の需要は、今までと変わらない。新規産業が誕生したら、新しい製品に新しい需要が生まれる。この新規産業は、政府が行えば良い。コロナパンデミック対策や、宇宙開発は政府の仕事です。具体的には民間企業への発注になりますが、その代金を、税金や借金による事は不適切です。国債を資産家達に売る事は不適切です。
中央銀行がお金を印刷して政府に贈与して、政府がそれをそのまま代金として支払うことが適切です。産業における生産は、貨幣的価値のゼロからの創造です。創造された貨幣的価値の規模だけお金が印刷される必要がある。生産された付加価値分だけ、中央銀行がお金を印刷して、生産者に渡して問題ない。
適切な生産が行われていないのに、通貨を発行し続ければハイパーインフレになる。ハイパーインフレにならなければ問題ない。
個人消費は経済成長させる。政府が消費しても同じ事。購入されたワクチンは、政府が消費する。即ち、無料で人々に提供しましょう。
NASAのプロジェクトも、必要な規模だけお金を印刷して、民間企業に発注しましょう。


現在の景気後退の克服策の提言。Part 2・・・経済学者達は経済の原理を理解しない。以前はそうだった。彼らの盲点を指摘します。

経済学者達は、ミクロ経済学とマクロ経済学は、相互に独立している全く別の経済学だと考えていませんか?経済学者達は今でも、現実の個人や企業の経済的行動から、マクロの全体像を考察しないかも知れない。ここに彼らの盲点がある。
盲点に気が付かない経済学による経済政策は、役に立たない。現在の景気後退を解決できない。僕はpart 1で解決策を提案しまた。
僕が両者の関係を説明しましょう。ミクロ経済学とマクロ経済学の関係は、物理学での質点の力学と統計力学の関係に相当する。論理が同じなら、類似の理論となる。
ミクロ経済学における個々の構成要素の行動を、経済全体で積分したらマクロ経済学における量となる。積分する事は統計処理です。統計処理された量は抽象化される。この時、現実の実態を…

No.308 インドに潜在する可能性。・・・「世界の危機に際して、神様はインドを準備した。」あるキリスト教徒達は、そう思うかも知れない。

インドの潜在力・・・推測による、僕の考察です。
インドを訪問した日本の人達は、カースト制度にカルチャーショックを受けます。彼らはインド人の友人で有る事を選択しています。
ヒンズー教の法則が全てを支配します。上位のカーストの人と下位のカーストの人が接触すると、上位カーストに好ましくない"Cause"が生まれる。"Cause"が"Result"を生起させる。"Result"とは、輪廻転生のダイナミズムによる結果です。この際、下位カーストの人には、好ましくないcauseは生まれない。
インド社会では、下位のカーストの人が触れた例えば食器などに上位カーストの人は触れない。このことに、日本からの訪問者はカルチャーショックを受ける。差別と表現する事は、不適切と思います。ヒンズー教の法則による要求です。
カースト制度の最上位はバラモンであり、4段階のカーストの下に、Dalitなどの賎民(Outcast)であるカーストがあります。Dalitの人々は、全てが自由です。ヒンズー教の法則に、全てを許されています。バラモンの人達は、ごく限られた事しか許されていないだろうと思います。バラモンの人々は、インド国内の豪華な宮殿の外に出る事を許されない。そんな状態だと推測します。
バラモンの人達は、国際社会で活動できないと推測します。国際社会で自由に活動できるのは、Dalidの人達でしょう。キリスト教徒は、Dalidの人達を、対等の人格として接する。インドは、Dalidの人達がいないと、国際社会で生きてゆけない。
カーストは、インドの人々にとって、内面における大きなテーマでしょう。インドの人々は、国際社会との対話により、この内面におけるテーマを解決しようとするでしょう。
ヒンズー教徒は、ヒンズー教の法則を、どのようにして知ったのでしょうか?神様の預言によってではない。瞑想によってでしょう。小室直樹先生が、唯識(Yogachara)説を指摘した。人の精神は、"Result"の一つです。森羅万象("Everything")における全ての世界は、resultです。輪廻転生は、ダイナミズムです。"Cause"が起こると、輪廻転生により、"Result"が生起す…

NO.307 COVID19のパンデミックの終息までのシナリオ。僕のソリューション。・・・過半数の人々が抗体を獲得するまで、パンデミックは終息しない。現時点では、抗体を獲得する為には、感染する必要がある。

得の低い人達は、感染から守られなければならない。・・・政府が、利率がゼロの国債を発行する。中央銀行だけが、その国債を購入する。政府が所得の低い人々を雇用して賃金を支払う。雇われた人々の仕事は、その人自身と家族を、他者から隔離する事である。 ハイパーインフレにならなければ、問題ない。

社会の過半数以上の人々が抗体を獲得するまで、パンデミックは繰り返される。
人々が抗体を獲得する方法は二つ。 一つ目は、ワクチンを摂取する。ワクチンは開発中。供給開始は2021年初頭の見通しとの事。多くのワクチン開発者が同様の発言をしている。これは、彼らの意思だろう。「1年以内に、我々は、必ずワクチンの開発を成し遂げる。1年間だけ、人々が耐えて欲しい。」 二つ目は、人がCOVID19に感染した後に回復する事。社会の人々の過半数以上が感染する必要がある事になる。
感染拡大を抑止し続ける事は、パンデミック終息までの時間を長くする。医療崩壊(overwhelming hospitals)は、阻止(prevent)されなければならない。 社会の人々が少数ずつ感染して、抗体を獲得し続けてゆく。アメリカは、経済活動を再開させようとしている。
ワクチンの供給開始までは、感染した時に、いかに重症化を抑止するかが鍵となる。
ヴィジョンが明確化される事が重要です。 選択される行動の目的が、明確になる。為されなければならない事が明確になる。解決の可能性が生まれる。目的合理的なプロジェクトが構築されて、必要な資金が投入される。 そして、ヴィジョンが明確に宣言される事が必要です。人々の心の力となる。 対策チームは、僕と同じヴィジョンを構想していると、僕は確信している。
パンデミックが生起しなければ、pandemicは終息しない。この事が、人々に覚悟されなければならない。パンデミックをコントロールする事が、鍵となる。
AVIGANなどの使用の目的は、感染者が抗体を獲得する事です。多くの研究者達が、全力で、この目的の為の方法を開発しようとしている。
経済は、維持されなければならない。ビジネスリーダー達は、感染のリスクを恐れずに、仕事を果たそうとするでしょうか? 感染しても回復させて、抗体を獲得させる方法を、研究者達は全力で生み出そうとしている。 ビジネスリーダー達は、高額の治療費を負担する事ができる。

NO.306 トランプ大統領へのメッセージ その41 ・・・ これは、全人類とコロナウイルス との戦争である。トランプ大統領が、宣言することの意味は有益でしょう。全世界が、コロナウイルス 感染克服の為に、国家の全ての意思と力を投入したプロジェクトを実行する事が可能となる。ケインズ政策が、必要となる。全世界で多くの企業が、一時的に事業停止に追い込まれている。多くの人々が、一時的に解雇される。今まで商品を購入していた人が、商品を購入できなくなる。事業を続けている企業の業績が悪化する。これが、景気後退の原因となる。政府が、失業者を雇用して、賃金を支払い続ける必要がある。政府が、人工呼吸装置を、必要な数だけ発注する。生産設備が足りなければ、政府が増設する。

トランプ大統領のアカウントへのメッセージこのアカウントの管理者の皆様。アメリカ政府の皆様。 これは、全人類とコロナウイルス との戦争である。トランプ大統領は、これを宣言すべきだろう。アメリカが宣戦布告を行う事は、アメリカが全ての力を投入する事である。株価は、上がるだろう。アメリカ大統領が、ようやく決断した。 冗談ではなくて、これは、戦争なんだ。これは、人類とコロナウイルス との戦争なんだ。アメリカ大統領が戦争を決断する事が、今必要とされる。
NASAのプロジェクトに巨大投資をする事を、僕は提案します。これだけ経済が悪くなったら、GAFAや他のハイテク企業からも、大勢の人々が解雇されるでしょう。その前に、優秀な人達をヘッドハンティングして、NASAのプロジェクトに参加させる。 全く何もできない企業のようだから、一番優秀な人達は、これらの企業には必要ないでしょう。 NASAは、銀河系外宇宙への人類の移住を本気で考える。なぜならば、NASAは、銀河系の外の宇宙も観測する。NASAは、アメリカ国家の資金で運営されている。NASAは、アメリカ国家の目的の為にプロジェクトを行う。 NASAは、ワープ航法やブラックホールエンジンを、本気で実現させようとする。国家目的の為に、必要だからである。NASAは、これらを狂気とは思わない。イノベーションを実現させる為には、この強い意志が必要である。量子コンピューターを、最初は誰もが、狂気と思っただろう。しかし、現実の科学技術者は、これを狂気とは思わなかった。必ず実現する。彼らは自分自身を信じ抜いただろう。 NASAのプロジェクトは、数多くのイノベーションを実現させる。経済を復活させる。如何ですか? 僕は、アメリカの企業家達は、革命家だと思っていた。彼らは、アメリカ建国の父達の後継者だ。アメリカの建国の父達は、共同の目的の為に、独立を勝ち取った。僕は、そんなアメリカを尊敬している。アメリカの起業家達も、自分自身で勝利を勝ち取ると僕は信じていた。


このアカウントの管理者の皆さん。アメリカ政府の皆さん。 アメリカの人達に伝えてください。 コロナウイルス は、人と人との接触をしなければ、感染しません。日本では、殆どの人々がマスクをします。その人の周囲の人々を安心させる為です。この人が咳をしても、感染は広がらない。人と人とが接触しないようにして、3週間が経過したら、感染…