投稿

はてなブログへのリンク。このブログを補完します。・・・and, English Version Mail to White House at Google Blogger ,and My Linkedin

  Mail to White House at Google Blogger   My Linkedin はてなブログへのリンク 日本語ブログTOP 叙事詩(になればいいな) KeitaYamada’s diary 英語ブログTOP Odyssey(wow!)   Blog of keitayamada このGoogle Bloggerブログは、google翻訳で適切な英語になるように努力して、日本語記事を書いています。その為に読みにくい日本語になっている。 その為に、はてなブログで、Google翻訳する事に配慮をしない日本語の記事を書く事にしました。 このGoogle Bloggerブログ記事の20記事以上を要約した一記事を、はてなブログに書いています。 リンクしておきます。読みやすかったら、お読みください。 GoogleのAIが、重複コンテンツと判断しないことを願っています。 2020.01.04現在、日本語ブログと英語ブログをはてなブログに開設しています。 記事001 「日本国憲法が制定された経緯は、サンフランシスコ講和条約の前文に書かれているじゃん。」が動機でした。 記事002   ウィグル族と中国政府の和解の提案。一帯一路は、イスラム教徒であるウィグル族の協力を必要とします。ダールアルイスラーム が、鍵となるかも知れない。 記事003   超低金利の今の世界経済は大恐慌局面。デフレスパイラルは伴わない。ただし金利を上げたらデフレスパイラルに突入する。 記事004 僕のマクロ経済学的視点から見た、諸考察・・・国会議員達の経済に関する発言は、デタラメ放題なんだよな?言っておかないと、まずいなと思った 。 記事005   僕のアメリカ理解の原点は、小室直樹先生のアメリカ学 記事006  アメリカ民主社会主義とアメリカファースト 記事007 地球温暖化対策と発展途上国の人口爆発と人類の宇宙への移住 記事008   アメリカファーストの迎える結末・・・マジでアメリカ崩壊の予兆でしょう。そして、全世界の崩壊の予兆でしょう。世界の崩壊は、誰も阻止できない気がする。

NO. 317 米中対立・・・ペンタゴンに管理されているアメリカには、世界情勢分析が完全に欠落している。海軍を南沙諸島海域に派遣するドイツや英国は、アクシデントで軍事衝突が起こったら、戦争に踏み切る覚悟はあるのか?

2021.06.16 中国政府は、先日のG7を相手にしますか? G7における結論は、見事なまでの虚妄です。G7参加各国に世界各国が失望し、信頼を喪失する結果となるでしょう。 仮に中国にとって障害となるならば、その原因は、中国が無能で、愚策による対抗を行う為です。 ウイグル問題の解決に、権力による強制は何の役にも立たない。このことを、既に北京政府は理解しているでしょう。過去においては、適切な対応の方法を理解できず、迫害と認識されるようなことを行なった事もあるでしょう。しかし、現在は、修正がなされているでしょう。 海外留学経験を持つ今の若い世代がいずれ中国のリーダーとなる。彼らは、今よりもさらに適切な方法を見つけ出すでしょう。 今の北京政府は、既に、この事を認識しているでしょう。 北京政府は、自分達が過去の時代の遺物である事を認識しているでしょう。北京政府が基本的に有能だから、そう認識する。有能な者達ほど、困難な仕事を果たさなければならない。それ故に、自らの能力の限界を痛感する。 北京政府は十三億の人口を抱える広大な国土の統治を果たしてきた。 G7の人達も、過去の時代の遺物でしょう。彼らの中には、若くして遺物になった、可哀想な人々もいるようです。 侮辱的な言い方ですが、政治家の無能は罪だから、あえてこの言い方をしましょう。 2021.06.07 北京政府と敵達は、中国国家の支配権の奪い合いで、死活の闘争を続けてきたと僕は結論している。 台湾政府は、自分達が中国の正当な政府であると主張する。北京政府とは中国の支配権を争う。北京政府の敵は他にも居る。その者達は、台湾政府を利用する。 中国国外に在住するウイグル族は利用しやすい。その者達の家族が中国国内で失踪すれば、国際社会はジェノサイドと断定する。 北京政府は、中国国土の統治を果たし続けてきた。 北京政府が倒されれば、統治は為され得ず中国は崩壊しテロの温床地帯になる。 これが国際社会の中国崩壊を画策する者達の招く結末である。 ウイグルが紛争地帯となったら中国は破局する。民族の誇りを否定すれば、必ず敵対される。北京政府には、ウイグル族の完全な消滅か、ウイグル族の自発的な協力を獲得するかの選択肢しかあり得ない。 北京政府は国家の生存の為に、一帯一路を選択した。一帯一路はイスラム教徒の参加を必要とする。イスラム教徒であるウイグル族

NO.316 アメリカのインド系移民への手紙。・・・聖書とヒンズー教が、天才を生み出す理由。

1. アメリカのインド系移民への手紙。 白人のプロテスタント達は、インド系移民の知性を恐れているでしょう。過去、彼らは、移民達よりも知性が優れていた。聖書の原理が、彼らの知性を鍛えたから。 しかし今、インド系移民の知性は、彼らを凌駕している。ヒンズー教の原理が、ヒンズー教徒の知性を鍛えるから。 初めて、移民達が、アメリカの支配権を獲得しようとしている。 移民達は、アメリカの歴史と文化、伝統を理解しない。アメリカが、別の何かに変えられるかも知れない。白人のプロテスタント達は、これを許す事ができない。 プロテスタントにとって、予定説は、生まれながらに定められた運命です。最後の審判の時に、人類の殆どが、永遠の死に定められる。ごく少数者が救済される。神は、誰を救済するかを、天地創造の以前に、すでに決定している。この決定の変更は不可能であり、神の決定を、人間は知る事ができない。 予定説は、プロテスタントにとって、底無しの恐怖。この恐怖から解放される事が、彼らの人生の目的となる。彼らは、聖書の記述の中に、希望を探し出そうとする。 聖書は、傑出した天才により書かれた書物と思う。聖書の記述は、途轍もない独創的な発想と思う。聖書を解釈しようとする事により、知性が鍛え抜かれると思います。 ただ、プロテスタントは、衝動的に予定説を直視する事を避けようとします。彼らは、平穏な時代には、聖書の理念の本質を直視できない。彼らの知性は、鍛え抜かれない。 しかし、最後の審判を予感すると、彼らは聖書の本質を直視します。罪の赦しを乞い求める為に。彼らの知性は、鍛え抜かれます。 途轍もない天才が、生み出されるでしょう。 建国の父達は、信仰の為にアメリカを建国した。彼らは、常に原罪意識を持ちます。アメリカがアメリカでなくなるのなら、彼らは、最後の審判を思い出すでしょう。 ヒンズー教徒にとってのカーストは、生まれた時に定められた運命。カーストの運命を解決する事が、ヒンズー教徒の人生の目的。選択された解決の一つが、移民。僕は、そう思っています。 ヒンズー教もまた、傑出した天才により生み出されたように、僕には思えます。

NO.315 アメリカに独裁者が誕生するかも知れない。移民達が、アメリカを奪うのではない。アメリカが、自ら民主主義を破壊しようとしている。・・・ 白人のプロテスタントと、インド系移民が鍵です。 聖書とヒンズー教、どちらも天才を生み出します。

1. 聖書とヒンズー教、どちらも歴史上最高の天才的知性が生み出した思想でしょう。 白人のプロテスタント達は、2億人。ヒンズー教徒は10億人以上。天才が生み出される確率は、ヒンズー教徒が高いかもしれませんね? 漢民族も10億人以上。優れた知性が生み出される確率は、高いでしょう。漢民族の知性のポテンシャルは、僕には、現時点ではわかりません。 ただ、巨大なポテンシャルの可能性は、歴史が証明しています。 ただ、天才を生み出す力は、ヒンズー教よりも聖書が強いと思う。ヒンズー教徒は他宗教に改宗することによりカーストから解放されますが、プロテスタントは、予定説の恐怖から逃れる術はありません。予定説の底知れぬ恐怖は、プロテスタントの精神をどこまでも追い詰める。「予定説の恐怖から解放されたい。」この途轍もない圧倒的な衝動に支配されて、プロテスタントは希望を求めて聖書を解釈します。 2億人の白人のプロテスタントが生み出す最高の天才は、10億人のヒンズー教徒が生み出す最高の天才を上回るかも知れません。 ただし、プロテスタントは、予定説を直視する事を拒絶する事を、衝動的に欲します。平穏な時代には、プロテスタントは、予定説を直視しないでしょう。彼らの知性は、鍛えられません。 ただし、彼らが世界の終焉を予感した時、つまり最後の審判が近いと予感した時、彼らは予定説を直視するでしょう。天才が生み出されます。 ただし、今の視点では、白人のプロテスタント達は予定説を直視できない。現時点では、ヒンズー教徒と過酷な境遇に知性を鍛えられたインド系移民の知性が、白人のプロテスタント達の知性を凌駕しているかも知れません。 過去、白人のプロテスタント達の知性は、移民達の知性を凌駕していたと思います。白人達は、アメリカの支配権を確保し続けてきた。 しかし今、インド系移民達などの知性が、白人のプロテスタント達の知性を凌駕しているかも知れない。 アメリカの支配権を、移民達が獲得しようとしているのかも知れない。 2. 移民が、元の祖国で差別や迫害を受けてきたならば、復讐の衝動を抑えられないかも知れない。・・・しかし、カーストは、高潔な使命感を育むかも知れない。 差別や迫害が、悲劇を生み出す。 郵便投票による不正を防げないのならば、郵便投票は民主主義を破壊します。民主主義は脆い。人々の熱狂が、共和国を独裁者に与えます。 今

NO.314 中国が南沙諸島に海軍基地を建設した理由は、日本政府による尖閣の国有化を、アメリカが容認したからです。・・・尖閣の国有化は、中国に戦争を仕掛ける行為に近い。

仮に、日本が尖閣に自衛隊を上陸させると、間違いなく中国は軍事攻撃を仕掛けるでしょう。 日本と中国の双方が尖閣の領有権を主張しています。自衛隊の尖閣上陸を容認する事は、中国にとって、領有権の放棄を意味します。中国は、尖閣上の自衛隊を、間違いなく軍事攻撃する。 ですから、日本が中国との戦争を意図している場合には、尖閣に自衛隊を上陸させるでしょう。そして、中国が尖閣の自衛隊を軍事攻撃すると、アメリカが日米安保条約第5条の規定に従って、参戦する。日本は、アメリカを参戦させる事を意図して、尖閣に自衛隊を上陸させた。 平和的解決を意図する者は、相手の意思を尊重する。日本の尖閣の国有化は、尖閣の領有権を主張する中国の意思を尊重していない。日本は、戦争を意図している可能性がある。 中国は、そう認識するでしょう。 アメリカは、日本の尖閣の国有化を容認した。その報復措置として、中国は、南沙諸島に海軍基地建設を行った。 アメリカに対する抗議と、自己防衛の為です。アメリカが尖閣の国有化を容認した事により、中国は、アメリカが中国との戦争の意思を疑った。 これに対して、南沙諸島の領有権を主張している国々は、この状態を放置し続けている。いずれ、南沙諸島の中国の領有権は、確定されるでしょう。 アメリカ軍は、抗議のデモストレーションを行うだけで、中国軍に対して、強制力を行使しない。・・・アメリカには、中国と戦争をする意思はない。 南沙諸島の領有権を主張する国々は、単独では、領有権を取り戻そうとはしない。 中国は、軍事拡大を続けている。中国軍の目的は、中国の周辺地域での戦闘です。中国本土からミサイルを発射して、アメリカ空母を撃破する。中国本土から、ミサイルで、沖縄の米軍基地の燃料施設を破壊する。 アメリカ外交の目的は、国防総省による防衛計画の立案を実現させる事である。 アメリカは、これに反発します。その理由は、国防総省による防衛計画の立案が困難になるからでしょう。アメリカの外交政策は、国防総省の意図により決まるようです。 国防総省が、アメリカの安全保障を確実にする防衛計画を立案する。この防衛計画の立案を困難にする軍事力の排除を、国防総省は、アメリカ政府に要求する。 イランの核開発が核兵器に転用されたら、国防計画の立案が困難になる。だからアメリカ政府は、イランの核開発の阻止に踏み切った。 中国の覇権主義

No.313 不正を阻止できない郵便投票は、アメリカの民主主義を殺します。・・・古代ローマ、民衆の熱狂が、共和国をカエサルに譲り渡した。同じ事が、今のアメリカで起ころうとしている気がします。

2020.11.09 アメリカ建国の父達は、自由と人権と民主主義を選択した。彼らと彼らの後継者達は、勝ち取った自由と人権と民主主義を失わない為の努力を重ねてきた。そうした積み重ねにより、アメリカの基本理念が成立し、アメリカの伝統が成立し、アメリカ社会の諸制度が成立した。アメリカ大統領選挙制度も、その制度の一つです。 今の多くの移民達は、先人達の努力の積み重ねの意味を理解していないのでしょう。そんな移民が、民主党を支配している。これは推測です。 しかし、政治権力を握っている者は、自らの潔白を証明する義務を負う。疑わしきは有罪です。 選挙の前に、トランプが不正の可能性を指摘した州の全てで、郵便投票の開票が始まったら、勝敗が逆転した。十分すぎる疑惑です。 権限は、州知事にある。州知事が不正を行ったら、トランプは防げない。その結果、アメリカを奪われることになる。移民達が、郵便投票を利用して、 アメリカ国家を簒奪したに等しい。建国の父達の後継者達は、真相を理解し、絶対に赦さないでしょう。民主党の移民達の本当のボスは、誰なのでしょうか? 建国の父達の後継者達の政党が、共和党なのでしょう。連邦裁判所判事は、共和党の仕事でしょう。障害が起こったら、反対者は民主党を支持する。問題は、ありません。 2020.11.10 以下は今、僕を支配している強迫観念です。 アメリカへの移民は、元の祖国を憎みますか ? アメリカは、そのような移民が政権を奪う事が容易な国家です。 母親から娘へと、憎しみは受け継がれる。憎しみを抱く者は、復讐の衝動を抑える事ができない。 インドの、下位のカーストの人々への迫害の話を聞きます。コロナ禍の今、Dalitの人々への迫害を、インド国家は見捨て続けているという話を聞きました。 ヒンズー教は、最高の知性を生み出す。インド系移民の知性は、最高です。 カーストは、生まれながらに定められた呪いなのか?アメリカは、カーストから解放してくれる。 アメリカに渡ったDalitは、アメリカに感謝し、アメリカを深く理解し、アメリカ建国の理念を守り抜くことを選択しますか? アメリカで差別され、アメリカをも憎みますか? 郵便投票は、鍵となる全ての州の勝敗を逆転した。インド系移民は、今、副大統領の地位を手に入れ、4年後には、大統領の地位を手に入れる。すべては計画通り。政治の世界では、疑惑は